シュフズテーブル ~主婦の食卓~

家庭料理研究家の日常食卓メモランダム。 そして愛犬『晋作』と『彦次郎』のこと。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

四半世紀ぶりの長崎へ その1

レシピ連載で7年間お世話になっていたスカイマーク。
旅立つならやっぱりこのエアラインでねいざ、長崎へ!
長崎へ。
直行便はないから、神戸経由。
飛行機の旅好きだから、苦にならず。
午前中に長崎到着。

ランチはやっぱり「長崎ちゃんぽん」でしょ!
しかいろう
長崎ちゃんぽん発祥の店「四海樓」行くでしょ!
いつもは長蛇待ち覚悟の店。
来店前に電話確認したら、すぐにご案内できます!って言ってたけど…
やっぱり、待たされた(笑
それでも早めの来店だったから10分そこそこでクリアー。

ちゃんぽん、皿うどん、そして「ハトシ」。
ハトシは長崎名物、エビのすり身などをパンで巻いて揚げたもの。
ハトシウマイ!!
ちゃんぽんは、今まで食べてきたちゃんぽんとは別物!
経験しなければわからない砦。
ミルキーなのよねぇ。
進化はすべきして進化したんだね。そんな感想かなぁ。

皿うどんは、なんと「ウスターソース」をかけて食べる。
お酢とカラシでしょ?普通。
でも、やってみると意外とアリでした(笑
以前は置いていなかった酢、卓上に常備されてました。カラシはなし。

長崎に来たメインの目的は、
P1130102.jpg
軍艦島へ上陸すること。
いくつかのツアー会社があるなかで「シーマン商会」をチョイス。
最も大きな理由は、
元島民でNPO法人「軍艦島を世界遺産にする会」理事長が専属ガイドだということ。
その方が乗船されることを事前に確認してから予約しました。

軍艦島へ。
軍艦島は港を出てから40分弱。外洋にある島。
波はうねる。船は不規則にあおられ、アップ&ダウンを繰り返す。
まるでアトラクション。私はへっちゃらだけど…

軍艦島
それでも上陸できました。
前日の午後はツアーキャンセル。
夏場はたった5割しか上陸できない難所です。ラッキー。

P1130133.jpg
元島民のガイドさんの言葉は一言一句が胸にささりました。
100年前、もっとも需要の高かったエネルギー源、石炭の採掘場所。炭鉱です。
そして日本の最先端でした、この場所。
高層マンション、高速エレベーター、学校、プール、水道。
高速エレベーターは今のスカイツリーのエレベーターの速度を上回っていたとか。
「日本の未来の姿がここにある!」と言われていたんだと。

石炭の需要がなくなったら、政府に一気に切り捨てられた島。島民。

「廃墟」だと一言で括られることは悲しくてやりきれない、とガイドさん。
でも、現実に日々崩れていってます。
「原発を止めない限り、この廃墟こそが、日本の未来の姿!」
刺さりました。期せずして311の前日の310。

image61.jpg
泣きそうになりながら、ガイドさんの言葉を胸に刻みました。
こんな日本でどう生きるのか。考えたなぁ。

軍艦島!
更に海のうねりが酷くなった軍艦島。
船に乗り込むのにも相当な時間を要しましたとさ。
そんな思いをしてでも、行ってよかった!
今私たちが幸せに生活していられる日本。
どうやってここまで発展してきたのか。
どんな苦労の素に培われてきたのか。少しだけ感じることができた気がします。

長崎の夜。
長崎中華
「長崎新地中華街」至近のホテルにお泊り。

中華街
有名店の売りは全てちゃんぽん。
お昼ちゃんぽんだったからなぁ~。
ググってヒットしたのが…

らおりー
「老李 『台湾料理専門店 長崎』 Lao Lee Group」
売りの水餃子は美味しいね。小ぶりだけど。
小龍包もイイねぇ、
炒飯もなかなか。
芸能人の色紙多数。そこがマイナスポイントだったりする~(爆

明日は311。
世界中で日本しか経験していない悲劇を感じつつ、
長崎の名所を巡りたい。

つづく。

| おでかけ | 18:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

神社巡りと海鮮丼


私は仏子。仏像が大好き。特に四天王の多聞天(独り立ちの時は“毘沙門天”)が好きすぎる。
だから、神社よりも断然お寺が好き。

しかし、何故か、今年初め、神社詣りが満載。

その一。
門前仲町に行ってみたくなったから。
20160111_123539.jpg
門仲といえば、富岡八幡宮。

そして、門仲と言えば「穴子天丼」(笑
穴子天丼と言えば“富水”
しかし、この日、富水はclosed

門仲は海鮮丼の店も多く。人気の店へスライド。
もんなか海鮮丼
「築地市場 門前中町店」
築地市場直送の活魚がいけすで泳いでる~。
海鮮丼と、リベンジ「活穴子一尾天ぷら」をオーダー。
ナットクの美味さ。天つゆよりも、追加オーダーしたワサビで食した方がウマす。


門仲には、神社仏閣が点在。
20160111_130118.jpg
ナンバー2は「深川不動尊」
お炊き上げ「護摩祈祷」を体感させていただきました。
ご本尊の不動明王の懐に入れる感覚。クリスタルに囲まれて異次元体験できます。

あるく
門仲から清澄白河へのお散歩。
参道にはたくさんの参拝客が集う。
それは普通なことね。
その道々、人通りも途絶えたある一角。
長蛇の列。
あああ、そっかぁ。ここかぁ。
「ブルーボトルコーヒー 清澄白河」
どうみても、2時間待ちだね。
スルー。


深川七福神めぐりをする。
毘沙門天
恵比寿神、福禄寿、弁財天、大黒天、布袋尊、寿老神、毘沙門天

相当歩いて、ご利益いただきました。


その二。
ダーリンのお仕事で誘われたから。

三嶋大社
アシスタントとして三島へ。
天然記念物指定の金木犀に心奪われた。
9月~10月に開花とのこと。その時に訪れたいなぁ。

ダーリンの次なる仕事で清水へ移動。
清水まぐろ
アシスタントへのご褒美。
清水と言えば、マグロ。
「清水魚市場 河岸の市」
「ととすけ」でマグロトロ三昧定食をいただきました。
本マグロのカマ揚げ焼きがここの売り。ウマイ!!

飲食後、ダーリンはお仕事へ。
アシスタント業はここで放免。

えすぱるす
エスパルスドリームプラザで清水食材を探す女。
野菜とツナ缶と、色々と。

まぐろ
清水港ではマグロ色々ゲット。

神様に導かれるままに今年の数日をすごしました。
おみくじはあまり芳しくなかったけど、お導きがあったの確か。信じて今年も邁進いたします。

信じる者は救われる!!

| おでかけ | 21:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

宇和の男前の男米に出会ったぁ~

またまた過日の事ではありますが…

NZで養蜂を営み、
最高級レベルのハチミツとプロプリス
を供給してくれている親愛なる友が帰国なう。
青山ファーマーズマーケットにハチミツとウマすぎるピーナッツバターを出店。

陣中見舞いに伺いました。

青山のファーマーズマーケットってすごい!!
東京近郊だけじゃなく、日本各地から出店されてて興味深い食材が沢山。

友人に会ってすぐ帰ろうと思っていたところ、意外な展開に。
友人がファーマーズマーケットで知り合った
「三重県で超美味しいお米を作られている国津農園」橋本さん(お米アドバイザー)のご紹介で、
原宿で開催されていたイベントへなだれ込む~。

_DSC0810.jpg
「表参道ごはんフェス」

ステキな出会いがありました。

日本穀物検定協会の清水さんとの出会い。
日本穀物検定協会とは…
かなりザックリにいうと、
穀物等の正確な品質の判定を行う技術能力をもつ検定機関。
全国の米の産地品種について「米の食味ランキング」を実施する機関。
一般消費者がお米選ぶとき、目に見える基準を構築してくれている機関ってことかなぁ。

沢山お話を伺うことが出来ました。
この歳になっても学ぶことが沢山。宝です。

そして、「宇和の男米」の男前達!!

12282761_947492465309991_1201594569_n[1]
愛媛の若きお米農家の四勇者。
_DSC0806.jpg
田の力。タテに田と力を並べると「男」になる。
キャッチコピーは「田力本願」
私の座右の銘「他力本願」とダダカブリ!!ゾッコンになっちゃいました。

試食させていただいた「白媛(きよひめ)」はもち米に近いムチムチもっちり感。
これまたゾッコン。(まだ市販はされてないかも?)
最近気になっていた九州四国で作られ始めている品種「にこまる」も興味アリアリ。
愛媛の「コシヒカリ」ってどうなの?
な感じで、お試し3品種購入してみました。

白媛(きよひめ)を実食。
       _DSC0770.jpg
もち米に近いので「おこわ」的に。
むかごと人参・ごぼうの炊き込みご飯にしてみました。
そぼろにしたタラコをかけて。

更にゾッコンです。
リピしたい。でもまだ無理なのかなぁ?
一日でも早く市販されることを願っております!!

12278299_947492431976661_689506179_n[1]
青山からの~原宿。刺激的な一日。
ステキな出会いがあり、そして、これからもその繋がりが続きますように。

| おでかけ | 19:19 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

豊橋『炎の祭典』

9月12日土曜日、豊橋へ行ってきました。
20150913_091925.jpg
豊橋市のゆるキャラ「トヨッキー」
 赤鬼だけど気は優しいハイテク ロボットなんだ。そうだ。

初めて降り立った地。
目的は、
豊橋が発祥とされる「手筒花火」のお祭り『炎の祭典』を鑑賞すること。


P1110397.jpg
会場である豊橋公園では、色々なイベントも開催。
和太鼓やよさこい、ご当地アイドルのステージ、B級グルメ博なんかも。
会場

手筒花火をバーチャルで体験できるブースや、
       P1110405.jpg
ダーリン大興奮の図

手筒花火男前衆から直接レクチャーしていただき、
       P1110413.jpg
ハッピも着させてもらい、

       P1110429.jpg
記念撮影もできちゃう(私がお誘いしたんだけどね・笑
もうすでに大満足!!

そして陽が落ち、第20回目の炎の祭典が始まる。
20150912_184652.jpg
       20150912_184825.jpg
トヨッキーも登場。

ここからが本番。
13団体の手筒花火の祭典。
P1110496.jpg
竹でできた筒の中に火薬が仕込まれた手筒花火。
男前衆が自分オリジナルで作り上げた花火を手にして火花を全身に浴びる。
       P1110498.jpg
男気の見せ所。(いやいや女子もいるんです、カッコイー!!

P1110521.jpg
点火して、
P1110522.jpg
少しずつ持ち上げていく。
P1110523.jpg
肩の高さまで持ち上げて炎を浴びる。
P1110524.jpg
炎を浴びまくる。
       P1110530.jpg
そして終演は、爆発!

別の団体が次々に登場します。
       P1110536.jpg
       P1110538.jpg
どの男衆(女衆)も勇ましく火花にも爆発にも屈しない。感動です。

P1110552.jpg
大筒 乱玉ふりこみのエンディング

今まで観た花火大会とは全く違う感動をいただきました。
人ってスゴイ。

感動しすぎて、お腹すきました。
豊橋、どこ行く?
とりとり亭
ふらりふらり。私の鼻を頼りに行き着いた居酒屋さん「とりとり亭」
愛知県発信の居酒屋チェーンでした。接客が素晴らしい。
新・名古屋名物!と銘打った「チキン南蛮フライ」。うんまいなぁ~(笑
手羽先も塩とタレで。鶏モツのどて煮、これ私もやります!!
豊橋と名古屋の食文化はちょいと違うけど、名古屋飯的ディナー超満喫。

午前早めの新幹線。
ホームできしめん食べて帰路へ。の予定だったのに。
何と改装中でクローズ。

帰り
豊橋名物「やまさのちくわ」と、
「壷屋のおいなりさん」を買って新幹線へ。

初めての豊橋。
手筒花火は豊橋だからこその花火大会です。都内では開催不可能だと。
実行委員会の方達の大変さをヒシヒシと感じました。
消防隊員との連携があってこその祭典。

一度観てみたかった手筒花火の祭典。
男衆に惚れ惚れ。

| おでかけ | 19:55 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

伊東へ行ってきました。

今回、晋作彦次郎はお留守番。
夫婦水入らず~。

目指すは伊東。

途中の網代でランランランチ。
soba.jpg
蕎麦処「多賀」
ひっさびさの来店です。
おススメの「まるごとトマトの冷製」、出汁が効いててウマイ!
マネするよぉ。
「桜海老天せいろ」「鴨せいろ大盛り」
桜海老天が人気なのよねぇ。わかる、わかる!!
サックサクで桜海老たっぷり。
ここのお店、網代の人気店。
この日もTVの取材が入ってました。

そして…
今日のお宿に到着。
       20150613_095706.jpg
「青山やまと~seizan yamato~」

20150612_153210.jpg
お抹茶deウエルカムドリンク

  rotenn.jpg
露天風呂付きのお部屋。
源泉かけ流し~。
大浴場も源泉かけ流し。
美肌の湯。

大浴場で内風呂と露天風呂、サウナを渡り歩く。
風呂に置かれている美味しい富士の水を飲んで~
無料のマッサージチェアーでコリをほぐしまくる。

お腹空きましたよね。

料理1
お料理が美味しいと聞いていた旅館。
お造り用のワサビ、お土地柄、本ワサビ一本、自分ですりおろす形式。イイよねぇ。
季節感満載のプロローグ。

   20150612_184721.jpg
お酒は地元の本醸造。
お食事には吟醸、大吟醸よりも、本醸造を合わせるのが好きです。

そして、メイン。
こちらの旅館、食前酒、メイン料理、デザート、数品より選択できます。
プリフィクス形式。
メイン (2)
アワビの踊り焼きと、和牛陶板焼きをチョイス。

お造りのワサビがここでも大活躍。
アワビにも和牛にもスリスリしてウンマ―――!

そして、〆へ…
しめ
鶏だんご鍋。白濁の鶏出汁、飲み干すね~。
とともに、お食事。
和牛の陶板焼きのソースとして出された「温泉卵」を温存。
白飯に乗っけ~の、ワサビ乗っけ~の。ちょっとお醤油かけ~の。
ヤバイ飯。

エピローグへ。
デザート
デザートは二人とも和菓子をチョイス。
心太(ところてん)、白玉、黒蜜かけ
これまた、プレゼンテーションにキュン❤

その後、ラウンジに移動。
バニラアイスが無料で振る舞われます。

夜空を眺めながら部屋の露天に浸かり、まったり。就寝。

翌朝。5時に目覚め、大浴場へ。
またまたマッサージチェア(笑

イイ感じにお腹すいたなぁ~。で、朝食。
メイン
自家製寄せ豆腐、蒸し野菜。野菜即席漬け。
渡り蟹の味噌汁、あじの干物も温かくコンロで。とかいろいろ~。
白飯に合う品々満載で、ご飯お代わり!するんだなぁ~

最後にちょと部屋の露天で足湯して、
お庭を散歩。
こけ
それほど広いお庭ではないけど、
滝が流れていて新緑がキラキラ輝いてました。
特に、苔が美しかった!!
我が家の盆栽に移植してあげたいなぁ~。苔LOVE

痒いところに手が届くおもてなしの旅館。
仲居さんとも仲良しになっちゃいました。
やっぱり温泉は源泉かけ流しににかぎるなぁ。
評判通りのお宿でした。大満足。





LEXUSさん、ありがとう。ご招待感謝!

| おでかけ | 19:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT