シュフズテーブル ~主婦の食卓~

家庭料理研究家の日常食卓メモランダム。 そして愛犬『晋作』と『彦次郎』のこと。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

北海道食い倒れツアー ディナー&翌日らんらんランチ

北海道でのディナーは「味道広路(あじどころ)」の親方ご夫婦とご一緒に。
江別市のイタリアン「トラットリア マリナーラ」へ。
民家の一軒家を買い取り、
オーナー兼シェフ兼ホールをたった一人で切り盛りする「マリさん」。
ディナーだけじゃなくランチもオープンし、
しかも多いときは20人のお客様をこなすという。
いや、まじ、尊敬しました。
まさにスーパーレディでございます。
P4020039.jpg
グリーンアスパラとアボガドをイースト菌でフリットに。生ハムとのサラダ仕立て。アボガドがフリットだなんて。美味しすぎ。
P4020038.jpg
デザートもてんこ盛り。
10皿位のお料理をいただきました。すごいねぇ。一人で作るんですよぉ。パンまで自家製。ってこれがまた、あなた、外パリパリで中シットリですんばらしい。
ワインのラインナップもなかなかでした。白ワインは北海道産のモノで、私にはちょっと甘かったかなぁ~。

そして、翌日のランチは。。
やっぱり北海道来たらお寿司でしょ!
ってことで、「あじどころ」の親方にご推薦いただいたお寿司やさんへ。
札幌から車で20分位の場所。「鮨一(かず)」さん。
北海道らしいネタばかりお願いして、大満足。
特に、巨大つぶ貝のにぎりにうなった。大好物のアワビより旨いかも。
何カン食べたか指折り数えたら、25カンもお腹の中に収まっていたようです。
もっと食べられたなぁ~。
P4030037.jpg
しらうお。
P4030035.jpg
これも美味しかった~。鯛の白子のぐんかん。

とにかく、食べまくりました(アンド飲みまくり)。滞在30時間の間に。
本当は夜食にジンギスカンかラーメンも食べようとしていたけど、
そりゃやっぱちょっと無理でした。。。
素敵なシェフの皆様、とっても刺激になりました。
また主婦道に精進していこうと、気持ちを新たにした北海道食い倒れの旅でした。

おまけ
P4040036.jpg
北海道限定のお菓子が今回のおみや。
スポンサーサイト

| 外食 | 16:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT