シュフズテーブル ~主婦の食卓~

家庭料理研究家の日常食卓メモランダム。 そして愛犬『晋作』と『彦次郎』のこと。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フォアグラのテリーヌを作りましょう。


友人からのLINE 「フォアグラもらってくれない?」


マジですか。そりゃもう、喜んで~∠( ^ o ^ ┐)┐ ヨォ…

       _DSC1205.jpg
リッパなフォアグラさん。我が家へようこそ。

早速、テリーヌへと加工工程へ。

大きい房と小さい房に分けて、それぞれの血管をしっかり取り除きます。
取り除いた後、計量。
       _DSC1209_20160116175920c4c.jpg
フォアグラに0.8%の塩と胡椒1g。
そしてルビーポルト酒(塩+胡椒の重量)を計量。

_DSC1210.jpg
そのすべてをふりかけ、
ラップをかけて一昼夜冷蔵庫で休ませる。

_DSC1214.jpg
ラップを敷いた耐熱容器に、休ませておいたフォアグラを押さえつけながら敷き詰める。
ラップで覆い、

_DSC1220.jpg
2重にかけたアルミホイルで包みこむ。

バットに70℃のお湯をはり、湯煎しながら、
200℃のオーブンで35~40分、中心温度が60℃近くなるまで加熱する。

_DSC1222_201601161759426cf.jpg
アルミホイルをはずし、ラップに穴を数か所開けて、

_DSC1226_2016011617594368f.jpg
300gの重しを乗せて余分な脂を除く。

常温で粗熱を取り、その後冷蔵庫で冷やし固める。

       _DSC1234.jpg
ラップをはずし、余分な脂をはずしたら完成です。

余分な脂は揚げ物や、コンフィでご使用ください。

_DSC1262.jpg
フォアグラのテリーヌ完成形。
SENシェフのレシピがやっと復習できました!!
フォアグラブロックを私にプレゼントしてくれた友人に感謝。

神社巡りしたご利益が既に来たーーっ
スポンサーサイト

| 料理 | 18:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT