シュフズテーブル ~主婦の食卓~

家庭料理研究家の日常食卓メモランダム。 そして愛犬『晋作』と『彦次郎』のこと。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

土用鰻・土用蜆・土用卵の食卓

今年の土用の丑の日は7月24日と8月5日。

土用の丑の日と言えば“う”の付く名前にあやかり「うなぎ」が定番!
夏バテ予防で食べなくちゃ。

       _DSC5142.jpg
蒸籠仕立てにしてみた。

オープン!!

       _DSC5144.jpg
ご飯はもち米ベースのおこわ。
新生姜の漬け汁と鰻のタレを混ぜ込んで。
蒸籠半分にご飯、ざく切りにした鰻、その上にご飯、甘酒入り卵、鰻、絹さや。
で蒸すこと5分。

       _DSC5147.jpg
ご近所の魚屋さんの肝焼き 山椒たっぷりかけ

       _DSC5150.jpg
冬瓜と蜆の味噌汁

土用と言えば鰻!
意外と知られていないけど、鰻よりも先に土用に食べられていた食材があったそうな。
「土用蜆」「土用卵」です。

「土用の蜆は腹の薬」。冬だけじゃなく、夏にも旬をむかえるシジミ。今大きくて美味しい!!
生きた肝臓薬とも言われてますよね。
肝臓の機能を修復したり、活性化する効果が期待。
夏のお助け食材の一つです。

そして、「土用卵」
土用の時期に産み落とされた卵。
この時期の卵は、特に精が付くといわれていて…
良質なたんぱく質が胃腸の冷えを癒し、免疫力を高め、
必須アミノ酸が肝機能の向上に効果ありといわれています。

そんな栄養効果もうんちくも、どうでもイイーーー!!(笑

食べ過ぎ注意報発令。

おこわヤバし。

        _DSC5151.jpg
スポンサーサイト

| 料理 | 17:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT