シュフズテーブル ~主婦の食卓~

家庭料理研究家の日常食卓メモランダム。 そして愛犬『晋作』と『彦次郎』のこと。

2016年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年03月

≫ EDIT

ポワロー、もしくはポロネギ、もしくはリーキ。

ポワローって知ってる?
ポワローの他、リーキとかポロネギとか言われている外来のネギです。
 
    20160211_183807.jpg
一般的な白ネギと比べて胴回りがドッシリ。
価格もドッシリ!!
一般のスーパーではまずお目にかかれません。
紀ノ国屋では売られていますが、一本千円近い高級品。

千葉の友人からポワロー届きました。ありがたくてありがたくて
千葉の農家さん、作ってくださっているんですよね。ありがとう

ちゃんとありがたくいただきます。
       _DSC1703.jpg
ポワローは輪切りにして、ごま油で焼き目をつけて…

  _DSC1599.jpg
「和風ポトフ」
昆布かつお出汁ベースで、
仙台麩、カブ、ベーコン、焼きポワロー、ポワローの青葉。

とろうま。お麩とのコラボイイ、和風あり。


別の日は蒸す。
    20160211_190722.jpg
白いところも緑のところも10分蒸す。

そこから展開します。

_DSC1630.jpg
「ポワローのテリーヌ」

蒸したポワローとスナップえんどう。
回りは緑のポワローで巻き、トマトペーストとブイヨンスープのゼラチンで固めて。

       _DSC1621.jpg
「ポワローテリーヌ タプナードソース添え」

タプナードソースは黒オリーブベースのソース。また別の機会にレシピアップいたしますぅ。


_DSC1633.jpg
「紅芯大根のポタージュとポワローテリーヌの夕餉」


ネギ好き。
色んなネギの使い方をこれからもご紹介できればと思ってます。

ポワローはまだまだ高級食材ですが、他の白ネギでも応用できると。
ネギラー、これからもご提案し続けます!

カテゴリー「ネギ」増設しなくちゃね。
スポンサーサイト

| 料理 | 19:25 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

天馬のカレーパン

100種類以上のカレーパンが一堂に集まる『カレーパン博覧会2016』が、
2016年3月6日(日)11:00よりiTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズにて開催!!
Facebookでその情報をゲットしてから、ワクワクしまくり。

日本カレーパン協会ってあるんだね。

元々カレーパン大好物。
特に元祖カレーパンの「カトレア」のがすごくすごく好き。
以前、2度程このブログでも取り上げさせていただいてます。

やっぱり「カトレア」はカレーパン協会のアンケートでも第一位でした。
私の舌は間違ってない!!(笑

第二位はどこ?
二店舗あったそのうちのひとつ。
青山の「天馬」
カレーショップが店頭でカレーパンを販売してます。

盆栽レッスンが表参道。
そこから至近だったので行ってみた。

_DSC1380_20160218180144818.jpg
4種類のカレーパン全て購入。

_DSC1391_20160218180146e6e.jpg
「とろ~り半熟卵カレー」
_DSC1396_20160218180147004.jpg
「ビーフカレー」
_DSC1399_20160218180149921.jpg
手前
「辛口キーマカレー」

       _DSC1419_20160218180150c61.jpg
「バターチキンカレー」
カレーの上、白く見えるところはパンではなくチキンです。たっぷりチキン。

色んな技がカレーパンに仕込まれてました。楽しめた~。
しかも、翌日でもサックサクのパッリパリ!!すごいなぁ。

どれも美味しいけど、
一番美味しいと感じたのは、シンプルなビーフカレーパン。

そして、
食べた後、
食べたくなったのは「カトレア」のカレーパン。
ここを超えるカレーパンってあるの?

そんな意味も含め、カレーパン博覧会2016が楽しみだったりする。

あ。ちなみに、
この「日本カレーパン協会」で、
私は「カレーパンタジスタ」に認定していただきました(笑

| マイセルフ | 18:43 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リモンチェッロを作ろうとして…

昨年盆栽で仕立てた「椿」。

_DSC1614.jpg
咲き始めました。
ありがとう!愛おしいなぁ。

ダーリンの実家は千葉。
その庭は沢山の植物や木々が育てられていて、行くたびに癒されてます。

義父が育てた完熟のシークワーサーが沢山我が家へ到着!
_DSC1473.jpg
普段売られているシークワーサーって緑でしょ?
完熟するとオレンジ色になるの。知ってた?

この沢山のシークワーサー、どう使う?
と思ってた矢先。

「リモンチェッロを作るの流行ってるらしいよぉ~。スピリタスでさ。」
と、友人から、ウオッカをいただきました。
        _DSC1433.jpg


おう!おう!おう!!
好きです、リモンチェッロ。
イタリア旅行した時にもしっかり買ってきましたもん。

無農薬のレモン入手しなくちゃ!
と思ってたのよ。
ん?無農薬!!
柑橘!

ならば、これでも作れるよね
シークワーサーで作ってみよう!

皮の白い綿の部分は苦味があるからそぎ落とします。
その作業にかる~く2時間ほど。
       _DSC1451.jpg
スピリタスに漬けこみます。

漬けこむこと10日。
       _DSC1663.jpg
キレイなオレンジ色が抽出完了!

スピリタスと同量のシロップを混ぜて、濾したら完了。
       _DSC1667.jpg


オレンジ色のリキュールが完成しました。
そのままトロリの食後酒もイイけど、炭酸で割ったり、デザートに使ったり。
∞の利用価値ある。
テンションあがる~。

皮をはいだ実も、しっかリ使いますよ~。
       _DSC1465.jpg
「シークワーサ―ビネガー」

フルーツと氷砂糖と米酢。我が家の常備品。
風邪ひかなくなりました。

| ストック | 18:44 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

常備食~牡蠣のオイル漬け~

(o‘∀‘o)*:◦♪気が付けばもうひと月が経ってたのね、2016!

東京に大雪(積雪only5㎝)が降り、電車が大混乱。
我が家も大わらわ。
その数日後の満月がキレイだったなぁ。
fujimoon_20160202180637b86.jpg
2016年の1月の記憶。

そして、1月と言えば、
昨年もお取り寄せしたネギ農家さんから今年もうんまぁ~いネギ到着。

negi_2016020218063843b.jpg
「ネギネギのらっきょう入り水餃子」
「ネギネギ鶏軟骨と栃尾揚げの味噌スープ仕立て」
「ネギネギ梅山豚(メイシャントン)のはりはり鍋」

等々。
毎日、うんまぁ~いネギネギを堪能しまくりネギ大好物女(((o(*゚▽゚*)o)))

時間があるときの常備食作り。
20160124_195755_20160202180636652.jpg
左から、
「コールラビのピクルス」
「ピンクグレープフルーツのフルーツビネガー」
「4色人参のピクルス柚子風味」
「ネギネギ纏う牡蠣のオイル漬け」

「ネギネギ纏う牡蠣のオイル漬け」のザックリレシピ

【材料】
生牡蠣  約500g
白ワイン  50㏄
オイスターソース  大さじ1
醤油  小さじ1
白ネギ  2本
唐辛子  1本
オリーブオイル  適量
ローリエ、胡椒 適宜


【作り方】
1. 生牡蠣は塩水でふり洗いし、水けをしっかり切っておく。
2. フライパンにオイルを入れ加熱し、小角に切った白ネギと唐辛子を加え、ネギがしんなりするまで炒める。
3. 牡蠣を加え加熱。水分が出てきたら、白ワインを加えアルコール分を飛ばす。
4. 牡蠣がぷっくりふくれたら、牡蠣はザルにあげる。
5. 3.にオイスターソースを入れ、汁を煮詰め、濃度がついたら4.を戻しいれる。
6. ある程度煮詰まったら醤油を加え、さっとからめたら火からおろす。
7. 粗熱がとれたら、密閉容器に移し入れ、ローリエと胡椒を足して。冷蔵庫で保存。


当日よりも2~3日後からがおススメ。

_DSC1366_201602021806344ce.jpg

1週間後…更に美味しく。
恩恵の牡蠣エキス入りネギネギオイル。
ここからの展開も相当にあるから。
捨てないで楽しんでください。

ディップとかドレッシングとか…


足が早い生牡蠣。
お値打ち品の牡蠣があったら、とりあえずオイル漬けにしてみて!!

たぶん、今までとは違う概念かも…
かなりウマイ。
おススメです。

| 料理 | 18:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

2016年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年03月