シュフズテーブル ~主婦の食卓~

家庭料理研究家の日常食卓メモランダム。 そして愛犬『晋作』と『彦次郎』のこと。

2015年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年02月

≫ EDIT

フォアグラのテリーヌを作りましょう。


友人からのLINE 「フォアグラもらってくれない?」


マジですか。そりゃもう、喜んで~∠( ^ o ^ ┐)┐ ヨォ…

       _DSC1205.jpg
リッパなフォアグラさん。我が家へようこそ。

早速、テリーヌへと加工工程へ。

大きい房と小さい房に分けて、それぞれの血管をしっかり取り除きます。
取り除いた後、計量。
       _DSC1209_20160116175920c4c.jpg
フォアグラに0.8%の塩と胡椒1g。
そしてルビーポルト酒(塩+胡椒の重量)を計量。

_DSC1210.jpg
そのすべてをふりかけ、
ラップをかけて一昼夜冷蔵庫で休ませる。

_DSC1214.jpg
ラップを敷いた耐熱容器に、休ませておいたフォアグラを押さえつけながら敷き詰める。
ラップで覆い、

_DSC1220.jpg
2重にかけたアルミホイルで包みこむ。

バットに70℃のお湯をはり、湯煎しながら、
200℃のオーブンで35~40分、中心温度が60℃近くなるまで加熱する。

_DSC1222_201601161759426cf.jpg
アルミホイルをはずし、ラップに穴を数か所開けて、

_DSC1226_2016011617594368f.jpg
300gの重しを乗せて余分な脂を除く。

常温で粗熱を取り、その後冷蔵庫で冷やし固める。

       _DSC1234.jpg
ラップをはずし、余分な脂をはずしたら完成です。

余分な脂は揚げ物や、コンフィでご使用ください。

_DSC1262.jpg
フォアグラのテリーヌ完成形。
SENシェフのレシピがやっと復習できました!!
フォアグラブロックを私にプレゼントしてくれた友人に感謝。

神社巡りしたご利益が既に来たーーっ
スポンサーサイト

| 料理 | 18:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

神社巡りと海鮮丼


私は仏子。仏像が大好き。特に四天王の多聞天(独り立ちの時は“毘沙門天”)が好きすぎる。
だから、神社よりも断然お寺が好き。

しかし、何故か、今年初め、神社詣りが満載。

その一。
門前仲町に行ってみたくなったから。
20160111_123539.jpg
門仲といえば、富岡八幡宮。

そして、門仲と言えば「穴子天丼」(笑
穴子天丼と言えば“富水”
しかし、この日、富水はclosed

門仲は海鮮丼の店も多く。人気の店へスライド。
もんなか海鮮丼
「築地市場 門前中町店」
築地市場直送の活魚がいけすで泳いでる~。
海鮮丼と、リベンジ「活穴子一尾天ぷら」をオーダー。
ナットクの美味さ。天つゆよりも、追加オーダーしたワサビで食した方がウマす。


門仲には、神社仏閣が点在。
20160111_130118.jpg
ナンバー2は「深川不動尊」
お炊き上げ「護摩祈祷」を体感させていただきました。
ご本尊の不動明王の懐に入れる感覚。クリスタルに囲まれて異次元体験できます。

あるく
門仲から清澄白河へのお散歩。
参道にはたくさんの参拝客が集う。
それは普通なことね。
その道々、人通りも途絶えたある一角。
長蛇の列。
あああ、そっかぁ。ここかぁ。
「ブルーボトルコーヒー 清澄白河」
どうみても、2時間待ちだね。
スルー。


深川七福神めぐりをする。
毘沙門天
恵比寿神、福禄寿、弁財天、大黒天、布袋尊、寿老神、毘沙門天

相当歩いて、ご利益いただきました。


その二。
ダーリンのお仕事で誘われたから。

三嶋大社
アシスタントとして三島へ。
天然記念物指定の金木犀に心奪われた。
9月~10月に開花とのこと。その時に訪れたいなぁ。

ダーリンの次なる仕事で清水へ移動。
清水まぐろ
アシスタントへのご褒美。
清水と言えば、マグロ。
「清水魚市場 河岸の市」
「ととすけ」でマグロトロ三昧定食をいただきました。
本マグロのカマ揚げ焼きがここの売り。ウマイ!!

飲食後、ダーリンはお仕事へ。
アシスタント業はここで放免。

えすぱるす
エスパルスドリームプラザで清水食材を探す女。
野菜とツナ缶と、色々と。

まぐろ
清水港ではマグロ色々ゲット。

神様に導かれるままに今年の数日をすごしました。
おみくじはあまり芳しくなかったけど、お導きがあったの確か。信じて今年も邁進いたします。

信じる者は救われる!!

| おでかけ | 21:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハピバスディ彦次郎

2008年1月6日
新年早々、奈良で誕生。

4 子顔
コッカプーのMOCOパパとコッカプーのLOCOママから産まれた、
F2コッカプー。

3 子全体
晋作の弟として、この子を迎えました。

DSC_2666_20160109172750c4a.jpg
池波正太郎の小説「仕掛人・藤枝梅安」が大好きで、
その小説の中で私が愛した男の名をいただきき「彦次郎」と命名。

ばっさばっさと悪を切り裂く本来の彦次郎とは雲泥の差のコッカプー彦次郎。

_DSC5644.jpg
       DSC_1047_2016010917274852d.jpg
悪さしまくりで怒られまくりでかわいがりしまくり~

       _DSC7578_201601091726339d0.jpg
       _DSC9275_20160109172634117.jpg
       _DSC9366.jpg
       _DSC9359.jpg
 _DSC9405.jpg
P1080075.jpg
P1080836.jpg
永遠の弟キャラ。晋作兄なくしてはビビりん坊。

いつのまにか、ビビりん坊もシニアに…
       _DSC1161.jpg
8歳のお誕生日おめでとう。

       _DSC1155_201601091726298d7.jpg
紅はるかと鶏ムネ肉のバースディケーキ

12301613_975836779142739_3588862226181848087_n.jpg
晋作10歳、彦次郎8歳。
みんなシニアになったけど、少しでも長く長く一緒に元気で過ごそうね!!

健康第一。それが一番の願いです。

| 晋作&彦次郎 | 18:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あけましておめでとうございます。

_DSC1146.jpg
2016年、開けて早6日ですが…
今年初のブログアップ。
_DSC1144_20160106181305cb0.jpg
のろのろブログですが、皆様、今年も何卒よろしくお願いいたします!!


私の年末年始、ここ10数年変わらずのお勤め。

年末
2015年の仕事〆は、
いつも通り、徹夜でお節のお手伝い。
例年よりも早く撤収。
帰宅後、昼まで就寝。

その後、買い出しとか、嫁仕事とか…
へろへとになりつつ。

_DSC1097.jpg
「大エビ天ぷら二つ乗っけの年越しそば」
昆布かつお出汁とかえし。自分の好みの出汁で。

例年通り、ここで私はコトキレル。
目覚めたときには、赤いスイトピー♫聖子ちゃんオオトリの紅白でした。
それでも、東急ジルベスタのボレロを見聞きしながら新年を起きたまた迎えられた!

あけおめ
あけましておめでとう。

新年最初の食は、オセチ。お手伝いのご褒美。毎年旨し。
花邑

       _DSC1108.jpg
福禄寿のお皿でいただきます。

ぞうに
お雑煮、三が日、毎日いただきました。
我が家の基本は、のしもちを焼いて、そのままお椀へ。
昆布かつお出汁と鶏だしの混合、薄口しょうゆで。柚子フリ必。
一日目は順当に、
二日目はコチュジャンで韓国風に、
三日目は白味噌ベースの京都風に。

どう食べても雑煮うまぁ~い!!
食べ過ぎた。はい。2㎏増量。

_DSC1128_20160106181303546.jpg
お供は日本酒だったり、

       _DSC1118.jpg
毎年新年恒例のポルトガルワイン「エトカルタ」
2016年ヴァージョンはもちろん申がゴールド

嫁の仕事も頑張りましたよぉ~。
じっか
お節はイタリアンと中華。気になるシェフのコラボお節。
「アルケッチャーノ」
「美虎」

かときっち亭からは、
ローストビーフとローストポーク。
完売いたしました。

バタバタと年末年始がが過ぎていきました。
今年のお正月休み、短かったもんなぁ。

それでも、2016年は始まったんだよなぁ。
気持ちを引き締めて、ここから始めなくっちゃ。
上を向いて上を向いて!!
今年もイイ年にします。
皆様にとっても更なる良き年になりますように。
こころよりお祈り申し上げております。

| 料理 | 19:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2015年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年02月