シュフズテーブル ~主婦の食卓~

家庭料理研究家の日常食卓メモランダム。 そして愛犬『晋作』と『彦次郎』のこと。

2015年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年09月

≫ EDIT

肉好き女子。


フィットネスジムで仲良くなったネパール人のキティさん。
ご近所でネパール料理屋さんを経営していらっしゃいます。

20150729_182439.jpg
「アジア台所 カトマンドゥ」
ネパール人のシェフが作るぶれないネパール料理。
インドのカレーとは違う、油を一切使わないカレーが美味しい!!
タンドリーチキン、タンドリーシュリンプ、ネパール風小龍包もおススメよぉ~

ネパールビール、インドビール、おなじみのタイビール飲み比べもできて楽しい。
お近くの方、是非お出かけくださいませ!


私の大好物は肉。
20代の頃、最も好きだったのはラード(爆
それ、食べてはいけないものですから…

歳を重ねて…
流石に脂身は少々敬遠ですよ。
とはいえ、やっぱり肉が好き。

ときどきガッツリステーキありだけど、
お年頃的に脂軽減肉、肉、にっく。
夏は冷や冷やをのぞみがちだけど、体には温かい物も必要。

_DSC3175.jpg
スープにショウガ、クコの実。
ニンジン、数種の大根、ネギ、生キクラゲの千切り。
大根おろし、ゴマダレ。

        _DSC3180.jpg
しゃぶしゃぶして巻き巻きしてね。


       _DSC4934.jpg
野菜と牛肉蒸し。

       _DSC4951.jpg
スプラウト数種、三つ葉、ニラ。
自家製ポン酢でいただきました。


そして、私が愛してやまない豚ちゃん。
       _DSC5712.jpg
梅山豚(メイシャントン)
何と、日本に100頭しかいない幻の豚。
原種の豚バラのしゃぶしゃぶ肉です。

牛よりも脂がウマい豚。
九条ネギたっぷり、韓国風のタレでしゃぶしゃぶ。

       _DSC5719.jpg


今日も今日とて、肉料理予定。
たぶん、ダイエットは机上の空論(笑
スポンサーサイト

| 料理 | 19:41 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トマトトマトトマト~

一気に季節が変わった!?
ここ数日、涼しいかな~、いやちょっと寒いかも?
そんな頃、我が家のベランダで咲き始めました。
_DSC5728.jpg
“デュランタ”
ありがとう。今年もちゃんと咲いてくれて。

でもでも、まだまだ夏野菜活躍してもらわなくっちゃ。

「トマトが赤くなると医者が青くなる」
そんな一節があるくらいトマトには効能が沢山。
夏の救世主とも言われています。

過日ご紹介させていただいた“塩トマトレモン”
       _DSC5402.jpg

活用しはじめました。

       _DSC5496.jpg
「塩トマトレモンそうめん」
カッペリーニじゃなく、そうめんで。
塩トマトレモンにオリーブオイル、アボカドとベビーコーン。
他の調味料足さなくても、しっかり味が決まる。


これ、な~んだ?
そうめんかぼ
金糸瓜…そうめんかぼちゃ…とも言われています。

茹でると繊維がそうめんのようになるんです。

       _DSC5733_20150827190021e1f.jpg
「塩トマトレモンそうめんかぼちゃ」

かつおダシと白ダシを+して。

塩トマトレモン、使い道∞の予感。


トマト繋がりでもうひと品。

       _DSC5746.jpg
「出汁漬け丸っとトマト」

昆布とかつおの出汁を濃いめにひいて、薄口醤油とハチミツでひたひた煮たトマト。
シャッキリ冷やして、だし汁はジュレにして。

夏のダメージはこれから…
まだまだ元気な夏野菜をたっぷり摂って巡りくる季節にも対応できる体つくり!!をね~

| 料理 | 19:46 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2015.8.22 たまがわ花火大会

2015年 たまがわ花火大会。
世田谷区と川崎市、合同の花火大会です。
ありがたいことに我が家から両方の会場の花火がバッチリ。

毎年、一緒に鑑賞している調布在住の友人。
調布花火大会のときは友人のお家で鑑賞。たまがわ花火大会は我が家で。

今年はな~んと調布とたまがわ、同じ日に開催。
んじゃ、今年はそれぞれ別々に鑑賞しましょう。ってことで…

とりあえず飲みはじめましょっか。
       _DSC5525.jpg
やっぱりシャンパンよねぇ~。

おもてなし料理なし…で、料理は脱力系。
フィンガーフード

花火を見ながら食べられる様に、フィンガーフード的なもの。

ご飯は、黒ゴマ入り酢飯を“辛漬け大葉”でくるりと巻いたもの。
“辛漬け大葉”は、シソの葉をニンニク・しょう油・コチュカル等々で漬けたもの。

小鉢は、小茄子のカラシ豆乳塩麹漬け。トマト、枝豆、大葉和え。

大皿は、豚しゃぶエゴマ巻き巻き。
豚しゃぶ、千切りきゅうり・セロリ、おからクリーム、チリソース。にエゴマ。
お好きなものを巻いて巻いて~。

ドドドーーーン!

_DSC5606.jpg
いち早く始まったのは「調布の花火大会」
~市制60周年記念 映画のまち調布“夏”花火2015~

そして、
世田谷。
_DSC5560.jpg

数秒後に川崎。
_DSC5562.jpg

そして、遠くにもうひとつ見えてました。
~鶴見川サマーフェスティバル 鶴見川花火大会~
かなり遠いけどね…





_DSC5574.jpg
_DSC5595.jpg
       _DSC5617.jpg
       _DSC5682.jpg
       _DSC5640.jpg
       _DSC5657.jpg
       _DSC5658.jpg
       _DSC5671.jpg

今年のたまがわの花火、エンディングが今まで以上に大迫力。
尺玉連打。に重ねて、赤、青、緑。
ドーンと胸に響きました。


人々が盛り上がる中…
_DSC5531.jpg
盛り下がる男晋作。
花火が大嫌い。暗い暗いバスルームにひとり身を隠しておりました。

| マイセルフ | 16:18 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

甘いプチトマト~の。

豆腐マイスター講座からの輪。
広がるね~。
お友達のお友達(パティシエ―ルさん)の旦那様のご実家からお取り寄せしたプチトマト。
相当にウマイ! とっても甘くて、プチトマトなのに皮が薄いんですよ。
この夏2回目のお取り寄せ。

1回目は生食半分、ピクルス半分でいただきました。

今回はお友達の料理家はつみんおススメのこちら!

       semdry.jpg
セミドライトマト♫

プチトマトは縦半分にカットして、塩とエルブドプロバンスをふりふり。
低温のオーブンでじっくり焼きました。

そして、

       _DSC5397.jpg
オリーブオイルに漬けて。
こうしておくとカビがはえず数週間保存可能な調味料。

旬の魚を仕入れてアクアパッツァだな。

もうひとつ、保存可能調味料を。
       _DSC5402.jpg
「塩トマトレモン」
うつろう流行もの。
塩レモンのあとは塩トマトらしい。
一緒にしちゃってイイんじゃない?
トマトもレモンも疲れを癒し体力回復効果が期待できる食材だもん。
で、作りました。

これ、特許?(笑

| ストック | 19:21 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

修業…?

過日、豆腐マイスター講座でもお世話になったお豆腐屋さんへ。
家庭で作れるお豆腐講座に参加してきました。
本当はちょいっとお豆腐を買いに行くつもりだったんだけどね(笑

       20150804_151754.jpg
「気合豆腐 埼玉屋」店主:新井師匠
 めっちゃ気合い入ってますやん  同い年(笑

マイスター講座とは違った工程の豆腐作り。
とてもとても勉強になりました。

11825232_797339853696912_165735148595542037_n.jpg
一時間半ほどで絹豆腐がちゃ~んと完成。
新井師匠、ありがと~。

_DSC5276_20150813174623275.jpg
完成した絹豆腐、その工程でできたオカラ、豆乳。
お家で復習しなさいキット込み込み講座。

そのまんまでも相当に豆のうま味醍醐味絹豆腐。
       _DSC5323.jpg
きゅうりとミョウガと水ナスの塩ポン酢鰹節のっけ。

       _DSC5331.jpg
赤ピーマンとインゲンとしめじのオリーブオイル塩くたくた煮のっけ。

このお豆腐がお家で作れる!!
新井師匠、あざっす!!
復習しなくちゃ。

| 料理 | 18:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

“二の丑”の食卓

今年の夏は、土用の丑の日が2回。
7月24日と8月5日。
7月24日は“一の丑”
8月5日は“二の丑”

鰻を食べましょう!の推奨日。
献立考えるにも簡単だし、鰻食べましょ~(笑

7月24日は蒸籠蒸しにて
うまい、うまい!!って言ってたのに、
8月5日は王道の鰻重がやっぱり食べたいとのたまうダーリン。かしこまり~


鰻の用意をしていたら…
ドン!ドン!ドドドーーーン!!
大好物のサウンドが聞こえた~

_DSC5287.jpg

_DSC5302.jpg

_DSC5311_20150807183712990.jpg
5年ぶりに再開された狛江の花火大会でした
しばし、見惚れる。


今回の鰻も紀ノ国屋。特売の日に買っておきましたよ。
_DSC5318.jpg
ご飯は“ゆめぴりか”に“アマランサス”を混ぜて、
昆布かつお出汁と鹿児島醤油で炊く。
そぼろ仕立ての卵を鰻の下に敷きました。
たっぷり山椒をふっていただきます。

       _DSC5321.jpg
手前豆腐とネバスッパ汁と。
滋養強壮。夏バテ防止!!完璧な予感~

| 料理 | 19:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

桃とフルーツトマトのカッペリーニ

夏の我が家の定番テッパンパスタ。

       _DSC5230.jpg
桃とフルーツトマトの冷製カッペリーニ。

桃の甘みとフルーツトマトの酸味が絶妙でね。
桃は水溶性食物繊維が豊富。コレステロールを減らしたり、便秘対策にも。
夏の疲れを取り、食欲増進作用も期待できます。
トマトも体力回復効果があるんです。
夏バテ対策にはもってこいの食材です。


桃もトマトも熱湯に数十秒くぐらせると、スルッと皮がむけます。

ボウルにカットしたニンニクをこすりつけて香りを移し、
湯むきして切り分けたトマトを入れ、塩(岩塩がおすすめ)をかけ10分程度置いておく。
桃は湯むきして切り分け、むいた皮とともに別ボウルに入れ、レモン汁をかけておく。
 *むいた皮と一緒にいれておくことで果肉がピンク色に色付きます。
このトマトと桃を一緒にし、オリーブオイルを加え混ぜ合わせる。

カッペリーニは普段よりも多めの塩、表示の時間よりも短めで茹で、
冷水に取り、しっかり水分を切り、更に、ペーパータオルで水分を取り除き、
トマトと桃のボウルでしっかり和える。
お好みでイタリアンパセリを加えて。


フルーツトマトじゃなくても、完熟トマトなら美味しくできます。
桃も、できれば完熟を。
見極めは難しいけどね。
桃のお尻側が甘く匂ってくるまでは常温で追熟してくださいませ。

リストランテの味が我が家で味わえます。

| 料理 | 19:08 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

2015年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年09月