シュフズテーブル ~主婦の食卓~

家庭料理研究家の日常食卓メモランダム。 そして愛犬『晋作』と『彦次郎』のこと。

2015年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年07月

≫ EDIT

豆腐料理のあれこれ


豆腐料理、食べてますか?
冷製でも温製でも、そのままでも調理しても、美味しいよね。

我が家のバリエーションのいくつかをご紹介します。


       _DSC3521.jpg
「花山椒効かせた麻婆豆腐丼」
この日は木綿豆腐でシッカリ目な麻婆に。フクユタカのお豆腐よ~。

_DSC4000.jpg
松山あげdeいなり寿司」
ご飯はキヌア入り。大葉と一緒にクルクルっと。

       _DSC4404_20150630185443daf.jpg
「豆腐と金針菜の薬膳的スープ」
ベジブロスベース。大麦とえのきも入れてコトコト。
自家製辣油タラリ。

_DSC4415.jpg
「ピーマン鶏ひき柚子コショウおから」

       _DSC4486.jpg
「ざる豆腐 すぐき辣油」
お漬物の「すぐき」を乗せて、自家製辣油を回しかけただけ。

       _DSC4560.jpg
「生湯葉スイートポテト乗っけ」
サツマイモを煮つけて。胡椒をふって。

大好きなお揚げさん。
       _DSC4831.jpg
これを使って、

_DSC4845.jpg
「青菜味噌挟み焼き トマトソースとともに」

     _DSC4834.jpg
お揚げさんと同じお豆腐屋さんのこちらはシンプルに…

     _DSC4850.jpg
黒ゴマとオリーブオイルで。

     _DSC4852.jpg
赤ワインにも合うイタリアンテイストの食卓になりました。


栃尾揚げは色々使えます。
     _DSC4854.jpg
「栃尾揚げ トマト山椒炒め」とかね~

     _DSC4858.jpg
炭水化物は、
そら豆とキノコ海苔たっぷり 焼ききしめん。


豆腐マイスター。これからも豆腐の美味しい料理をお届けします!
スポンサーサイト

| 豆腐マイスター | 19:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

古漬けらっきょうの活用法


毎年らっきょう漬けてます。
色んな味のらっきょうを楽しんでます。基本の漬け方はこちら。

今年モンもそろそろイイ感じ。
       _DSC4978.jpg

昨年モンで古漬けになったらっきょう。
フカフカっとして、そのままでは決して美味しくはなく。

この時期だからこそのお楽しみ!
刻んで刻んで~

_DSC4954.jpg
餃子の具にします。
鶏モモひき肉+鶏砂肝+エビ+刻んだらっきょう+ニラ

ウマすぎ注意報発令(笑


そして、古漬けらっきょうは美味しいドレッシングにも変身。
らっきょう+オリーブオイル+ビネガー
ミキサーで撹拌してね。

_DSC4955.jpg
パルミジャーノふりふりも、おススメ。

       _DSC4966.jpg
ピュアホワイト(とうもろこし)のポタージュ、黄ニラの炒飯とともに。

浸かりすぎたらっきょうの救済餃子、お試しあれ。

| 料理 | 19:26 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トマトの透明スープレシピ


夏野菜の代表格選手のトマト。
赤い色はリコピン。抗酸化作用があります。
カリウムも多く含まれているので、夏バテ予防、高血圧予防も効果期待!
ビタミン類も含まれているので美肌効果もね。
うま味の元、グルタミンは加熱により更にアップ。
トマトは加熱するとより美味しいのです。

「夏の救世主」とも呼ばれているトマト。
赤いよね。
でもね、調理法によりクリアで透明なスープをとることができるんです。
トマトの味がしっかりする透明なスープ。

フレンチレストランで頂いてから、かなり気になっていたこのクリアスープ。

作ってみました。
   20150605_184749.jpg
ザクザクに切ったトマト。完熟のモノがよりおススメです。
1600g。

これに水3000g。

ただひたすら、弱火でじっくり温めます。
沸騰したら灰汁を取り除きながら10分程煮る。

キッチンペーパーを敷いたザルで濾す。
決して押し付けたりしないで、自然に濾してください。
とにかく、ゆっくり温めるのがコツですよぉ~。

濾すと…
   1433758589914.jpg
こんなにクリアなスープに。

トマトの味がしっかりするのに透明!?
不思議~。
   20150608_190924.jpg
サーモン+アボカド+サワークリーム+トマト透明スープ+ズッキーニのテリーヌに、
トマト透明スープ+藻塩のジュレ。


      _DSC4906.jpg
こんなにオシャレで美肌効果絶大!なひと品もできちゃいま~す。

濾して残ったトマトも捨てずに活用してね。
豚肉との炒めもの、ちょっと酸味もプラスしして、シミ予防!!

意外と簡単なトマト透明スープ。
夏休みの自由研究なんかにもイイかもぉ~。
先生もビックリでしょ!

| 料理 | 19:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

伊東へ行ってきました。

今回、晋作彦次郎はお留守番。
夫婦水入らず~。

目指すは伊東。

途中の網代でランランランチ。
soba.jpg
蕎麦処「多賀」
ひっさびさの来店です。
おススメの「まるごとトマトの冷製」、出汁が効いててウマイ!
マネするよぉ。
「桜海老天せいろ」「鴨せいろ大盛り」
桜海老天が人気なのよねぇ。わかる、わかる!!
サックサクで桜海老たっぷり。
ここのお店、網代の人気店。
この日もTVの取材が入ってました。

そして…
今日のお宿に到着。
       20150613_095706.jpg
「青山やまと~seizan yamato~」

20150612_153210.jpg
お抹茶deウエルカムドリンク

  rotenn.jpg
露天風呂付きのお部屋。
源泉かけ流し~。
大浴場も源泉かけ流し。
美肌の湯。

大浴場で内風呂と露天風呂、サウナを渡り歩く。
風呂に置かれている美味しい富士の水を飲んで~
無料のマッサージチェアーでコリをほぐしまくる。

お腹空きましたよね。

料理1
お料理が美味しいと聞いていた旅館。
お造り用のワサビ、お土地柄、本ワサビ一本、自分ですりおろす形式。イイよねぇ。
季節感満載のプロローグ。

   20150612_184721.jpg
お酒は地元の本醸造。
お食事には吟醸、大吟醸よりも、本醸造を合わせるのが好きです。

そして、メイン。
こちらの旅館、食前酒、メイン料理、デザート、数品より選択できます。
プリフィクス形式。
メイン (2)
アワビの踊り焼きと、和牛陶板焼きをチョイス。

お造りのワサビがここでも大活躍。
アワビにも和牛にもスリスリしてウンマ―――!

そして、〆へ…
しめ
鶏だんご鍋。白濁の鶏出汁、飲み干すね~。
とともに、お食事。
和牛の陶板焼きのソースとして出された「温泉卵」を温存。
白飯に乗っけ~の、ワサビ乗っけ~の。ちょっとお醤油かけ~の。
ヤバイ飯。

エピローグへ。
デザート
デザートは二人とも和菓子をチョイス。
心太(ところてん)、白玉、黒蜜かけ
これまた、プレゼンテーションにキュン❤

その後、ラウンジに移動。
バニラアイスが無料で振る舞われます。

夜空を眺めながら部屋の露天に浸かり、まったり。就寝。

翌朝。5時に目覚め、大浴場へ。
またまたマッサージチェア(笑

イイ感じにお腹すいたなぁ~。で、朝食。
メイン
自家製寄せ豆腐、蒸し野菜。野菜即席漬け。
渡り蟹の味噌汁、あじの干物も温かくコンロで。とかいろいろ~。
白飯に合う品々満載で、ご飯お代わり!するんだなぁ~

最後にちょと部屋の露天で足湯して、
お庭を散歩。
こけ
それほど広いお庭ではないけど、
滝が流れていて新緑がキラキラ輝いてました。
特に、苔が美しかった!!
我が家の盆栽に移植してあげたいなぁ~。苔LOVE

痒いところに手が届くおもてなしの旅館。
仲居さんとも仲良しになっちゃいました。
やっぱり温泉は源泉かけ流しににかぎるなぁ。
評判通りのお宿でした。大満足。





LEXUSさん、ありがとう。ご招待感謝!

| おでかけ | 19:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

松坂牛の食卓

シブヤ西武 デパ地下「肉匠もりやす」
切り落としローストビーフ、17時~のスペシャル価格で長蛇のショップ。

ちょいちょいブランド牛もスペシャルで登場します。

松坂牛の切り落とし。破格値。しかも10%off!
買うでしょ。

そんな日の食卓。

_DSC4802.jpg
ビーフストロガノフ風丼

広島のおたふくソースとサワークリームを使うと、
結構本格的にできますビーフストロガノフ。


残った松坂ビーフストロガノフは、翌日…
       _DSC4807.jpg
蚕豆とともにスペイン風オムレツにね。
友人栽培のインゲンを添えて。

       _DSC4809.jpg
昆布とサバ節の出汁&カエシで作ったタレで。
大葉、万能ねぎ、ミョウガ、生姜の薬味。
冷やし五島うどんとともに。

       _DSC4814.jpg
自家製「カクトゥギ」も添えて。

デパ地下。やっぱり侮れないですわよぉ~。奥様!
一期一会。会った日には買いです♪

| 料理 | 18:49 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

2015年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年07月