シュフズテーブル ~主婦の食卓~

家庭料理研究家の日常食卓メモランダム。 そして愛犬『晋作』と『彦次郎』のこと。

2014年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年07月

≫ EDIT

鮎といえば「酢煮」


ベランダでちっちゃなHappy×2を見つけました

_DSC0423.jpg
「金のなる木」

_DSC0425.jpg
「オリーブ」

Heartの葉っぱ。
女子にはうれしい発見。(一応まだ女子のくくりにしておいてくださいませ…
Heart = LOVE


この時期のLOVEな魚のひとつといえば=「鮎」。
塩焼きも美味しいけど、
最も好きなのは「鮎の酢煮」。レシピはこちら

白焼きしてからお酢でじっくり煮るから骨まで食べられる。
       _DSC0282.jpg
今回は鮎の下に厚揚げ敷いて煮ました。
この厚揚げが色んな滋味吸い取って、これまたウマイ。

       _DSC0286.jpg
「アボカド豆腐枝豆ピュレポタージュ」
アボカド+絹ごし豆腐+黒豆枝豆をミキサーして。
ポタージュ風に。
オリーブオイルと黒コショウカリッカリで決まり。


       _DSC0293.jpg
白ワインに合うだなぁ。


       _DSC0303.jpg
ご飯にも合うんだなぁ。


旬の鮎、酢煮のおススメ。

スポンサーサイト

| 料理 | 19:16 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

らっきょうの季節


今年もらっきょう漬けの季節がやってまいりました。

       _DSC0258.jpg
今年は超控えめに1㎏のみ。
甘酢漬けとコチュカル漬けの2種。

なんでこんなに少ないかって…
瓶、大入り満員御礼、置き場所なし。なもので

昨年漬けたらっきょうの残り。
浸かりすぎて食感ふにゃ~で美味しくない。
そんならっきょうの使い方。

_DSC0001.jpg
「らっきょう餃子」

ひき肉にみじん切りのらっきょうドッサリ。ニンニクもニラもなし。
まさにらっきょう餃子。
タレいらず。そのままで美味しい。
冷えても美味しい。

浸かりすぎたらっきょうをもてあましたら是非お試しを!



蝶の恩返し↓

≫ Read More

| 料理 | 17:57 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鶏レバーのコンフィ

ベランダ栽培のミニトマト。
順調に成長中。

_DSC0139.jpg

ラディッシュは葉っぱがレース状になっちゃった。虫の餌食
光合成できないから枯れてしまうかも…なぁ。



雨の日はせっせと常備食作り。

_DSC9957_20140619170315a1c.jpg
「コンフィ」は肉などに塩をすり込んで低温の油脂でゆっくりじっくり加熱する調理法。
保存食用の調理法でした。
今ではビストロでよく口にするようになりましたよね。

時間はかかるけど、いたって簡単。
そして冷蔵庫で1週間強保存可能。
常備食にはもってこい。

「鶏レバーのコンフィ」

【材料】
鶏レバー  300g
塩  小さじ1/4
エルブドプロバンス 小さじ1/4
ローリエ  2枚

オリーブオイル  適量
ニンニク  1片
赤唐辛子  2本
しょう油  大さじ1


【作り方】
1.鶏レバーは血や筋、脂肪を取り除き、一口大に切る。
2.鶏レバーに塩・エルブドプロバンスをふり、ローリエも乗せ、一晩マリネする。
3.鍋に2.を入れ、ニンニク・赤唐辛子・しょう油を加え、
  かぶるくらいの量のオリーブオイルをそそぐ。
4.弱中火にかけ、ふつふつしてきたら、
  余熱した100℃のオーブンで1時間加熱。
5.そのまま冷めるまでおいておく。
  密封便に入れ、冷蔵庫で保存する。


*レシピはエルブドプロバンスを使用していますが、
フレッシュのハーブ(ローズマリーなら2本)をご使用いただくのも良い!です。
*しょう油は入れなくてもOK!です。

       _DSC0045.jpg
ちょい飲みのお供に最適。
ホワイトアスパラとアイコトマトのピクルスとともに。

備えあれば憂いなし

| 料理 | 17:29 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コストコのエビdeパスタ


冷凍してたコストコのエビ。

_DSC0010.jpg
解凍後、シッポの先は切り落とし皮は剥いちゃう。
片栗粉を振って揉んで水洗いして汚れを落とす。

このエビ、背をちょっぴり切り開いて背ワタがすでに取り除かれた状態で売られている。
コストコさんのひと手間。いい~んです。

下処理し終えたら、さて調理。
ガーリックシュリンプの用意です。

【材料】
ブラックタイガー  10尾
ニンニク  2片(みじん切り)
ナンプラー  小さじ1
バルサミコ酢  小さじ1
ハーブ塩  小さじ1/2
白ワイン  大さじ1
オリーブオイル  大さじ2


この材料をざざっとボウルに入れ、
_DSC0016.jpg
1時間位マリネしておく。

マリネ後、
この材料をフライパンに入れ、
_DSC0025.jpg
加熱。

その間にパスタを茹でます。
今回はリングイネ。

ガーリックシュリンプに生クリーム(または牛乳)を加え、なじませる。
そしてゆで上がったパスタを入れ、ソースとからめる。

       _DSC0036.jpg
「ガーリックシュリンプ パスタ」
茹でたスナップえんどうをトッピング。
ダーリンから“これ、ウマイよ!!”
いただきました

_DSC0039.jpg
「里芋サラダ」
ジャガイモの代わりに里芋を使ったポテサラ。
里芋はミネラルが豊富な野菜で、高血圧予防効果が高いんです。
夏バテ予防にもおススメ~。


       _DSC0042.jpg

エビは高タンパク低脂肪食材。
パスタはダイエット中にはNG食材だけど、
エビを使えば罪悪感、少しは拭えるかも…(笑

やっぱりパスタはウマイねぇ~

| コストコ食材 | 18:32 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

梅ジャムレシピ


ご要望を頂戴しておりました「梅ジャム」のレシピ。

_DSC9949.jpg

【材料】
青梅  1.7㎏
砂糖  600g
岩塩  一つまみ
水   100cc


【作り方】
1.青梅は水洗いし乾かし、ヘタを取る。
2.分量の砂糖のうち100gを梅にまぶし30分程おいておく。
_DSC9981.jpg
3.水を加え、弱火~弱中火にかける。
  梅が煮くずれてきたら弱火で20分煮る。
  焦げやすいのでヘラでかき混ぜながら煮てください。
4.ザルにあけ、濾す。
_DSC9990.jpg
_DSC9997.jpg
5.鍋に戻し、残りの砂糖を加え、弱火にかける。
_DSC9995.jpg
かき混ぜながら、途中岩塩を加え、20分煮て、完成。
保存瓶に入れ、冷めたら冷蔵庫へ。

冷蔵庫で1年程保存可能です。

砂糖少な目のレシピです。
甘いのがお好きな方は100g程増量でどうぞ。

濾した後の梅も捨てずに活用できます。

   _DSC9851.jpg
梅には「タンパク質分解酵素」があるので、肉を軟らかくしてくれます。

        _DSC9861.jpg
「梅ジャムマリネの鶏手羽グリル」
濾した梅とハーブ塩・コショウでマリネして、グリル。

どんな肉にも合います。


梅ジャムの活用方で最も好きなのは…
       _DSC9988.jpg
「梅スカッシュ」

グラスに梅ジャム、氷、炭酸水。マドラーでグルグル。
ゴクゴク何杯でも飲めちゃいます。
汗をかくこれからの時期、お風呂上りにも、イーーーー

クエン酸の効果で夏バテ予防!

お試しくださいませ~。

| 料理 | 16:49 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

梅雨と梅

東京も例年より1週間ほど早く梅雨入り。
いつも以上に振り続く雨。
その雨に似合うアジサイ。

あじさい
日に日に色付く。
今年は沢山咲いてくれてありがとう。

梅雨入り予報の前日、6月4日。
万障お繰り合わせのうえ、友人宅で恒例の梅の木登り急遽敢行。
4㎏の梅を獲りました。
My friend said : 全部持ってってイイよぉ~ 
   ありがとう!so much!!

その日から、ぼちぼち梅まつり。
大好物の梅ジャムと…梅酒…そして梅干しの準備
梅
梅ジャムレシピは後日アップします。
梅酒、今年は焼酎のみ。しかも少量。もう置き場所ないのよねぇ。


週末もずっとずっと雨。
仕込の家籠り。
  ピクルス
新生姜の甘酢漬け。
ピクルス3種:黄パプリカ・北海道ホワイトアスパラ・黄&赤アイコトマト
(基本ピクルス液のレシピはこちら。)

ピクルスはすぐに食べたいけど、2日後位からが美味しい。
ホワイトアスパラは皮を剥いて、さっと塩ゆでして。
アイコトマトは針打ちして。
そのひと手間で格段に美味しくなります。


梅仕事、今年はもうイイかなぁ?って思ってたんだけど…
本日スーパーにて、うず高くもられていたお値下げ品のリッパな青梅を目撃。
ボランティア精神に火
まんまと…
連れて帰っちゃいました

また仕込の日々は続く…予感

ちなみに。
ベランダのグリーンカーテン、着々と育ってます。
きゅうり

| 料理 | 17:58 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

2014年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年07月