シュフズテーブル ~主婦の食卓~

家庭料理研究家の日常食卓メモランダム。 そして愛犬『晋作』と『彦次郎』のこと。

2013年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年08月

≫ EDIT

鴨の燻製

RouGIEの鴨を仕入れました。
フレンチの肉系食材といえばココでしょ!フォアグラが最も有名だよ。
紀ノ国屋で入手できます。
20130727_180404.jpg

Senのセミナーで教えていただいた「スモーク」のプロセスを再現したくて購入。


20130727_181929.jpg

皮目に細かく十字の切り込みを入れ、
肉の重量の1%の塩(今回はタイムもね)をし、一晩寝かす。


フライパンで皮目を下にして、焦げ目が付くまで焼く。
相当脂がでるので、クッキングペーパー等でふき取りながら焼く。
ヤケド注意!!


別フライパンに桜チップを入れ、
アミを敷き~(その後の工程はこちらをご参照ください
煙が出たら、網の上に皮目を下にして置き、蓋をして、中火で2分半。
ひっくり返して1分。

その後250℃のオーブンで2分~3分半。

中央を押して、ちょっとプニプニするくらいまで加熱。

皮を下にしてラップで巻き巻き。
アミに乗せて粗熱を取る。

冷蔵庫で1週間は保存可能です。


工程はやや複雑だよねぇ。
サーモンの方が10倍簡単。


20130729_184753.jpg
我がベランダで収穫できたルッコラとコラボっちゃうぅ。


       _DSC4198.jpg
火を通し過ぎないのがイイんです。
大満足の仕上がりでした。
ディジョンマスタードをちょいっと付けていただく至福。

鴨、最高♫
スポンサーサイト

| 料理 | 19:05 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

晋作とMILKのお誕生会


7月18日で晋作は8歳になりました。
妹のMILKと恒例の合同お誕生日会開催。

おめでとう

晋作、超モッサで暑苦しくて申し訳ない。
スッキリMILKとの違い甚だしいわぁ~

RIMG0008_20130725151607.jpg
約8年前、我が家に来たころは手乗りサイズだったのに。
もうすっかりオッサンになりました。


お誕生会の前に、
さっくりとランチをば。

この日、午前中体調優れず、脱力系のメニューとなりました。

  _DSC4129.jpg
桃のポタージュ、甘エビととうもろこしとインゲンのジュレ、
アボカドのスモークサーモンサンド、ピクルスピンチョス。そして枝豆。
が前菜。


       _DSC4131.jpg
メインは、
スペアリブ 丸ごと焼きニンニクとポテト添え
梅ジャムでマリネしたスペアリブです。


〆は、
       _DSC4139.jpg
ガスパチョ素麺
ガスパチョにはたっぷりオクラを入れて、ネバネバガスパチョ。
タバスコも多めに入れて、ピリ辛。
ちょっと変化球の素麺でございます。


少な目に見えますが、
結構なボリュームがあったらしく、みんなお腹いっぱい。


そして、ここからがメインイベント。

人間のご飯よりも手がかかったのが…


  _DSC4161.jpg
ワンコ用お誕生日ケーキ。

ジャガイモ、カボチャ、鶏のささみ、味のないスポンジケーキ。
5層になってます。
そして、水分を抜いたヨーグルトでコーティング。

ブルーベリーで「8」を作って、
ニンジンとキウィで飾り付け。

_DSC4144.jpg
食べたいのにケーキを見ないMILK^^

_DSC4147.jpg
白いワンコと黒いワンコの2ショット写真は難しすぎる。
(後ろでウクレレ弾きまくり男子は無視してください…


ケーキを切り分けて~

       _DSC4167.jpg
待て!
PIGMON爆見!

結局フライングしましたの、PIGMON
よし!
       _DSC4168.jpg
彦次郎は出遅れ。

       _DSC4169.jpg
フライングした分、誰よりも早く食べ終えるPIGMON
一番年上とは思えない食欲でした。

早食いしたせいで、この後むせてました(爆


こうやって、これからもず~っと一緒にお祝いできるといいなぁ。
福岡にいる、弟の漆くんもおめでとう。
一緒にお祝いしたいね。


今回も楽しい会でした。
ありがと。

| 晋作&彦次郎 | 15:40 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

初体験のうどんだよ!!

20年に一度社殿を作りかえる大祭「式年遷宮」。
今年がその年になっている“伊勢神宮”は、
今年最もHOTなSPOTの一つとして、あらゆるメディアで目にしますよね。

伊勢といえば「伊勢うどん」。
太くて、まったくコシのないブワンブワンの麺に、濃厚なタレをからめて食す。
ぶっかけ的な独特な麺。
うどんの国【OKAYAMA】で生まれ育った女としては大好きな分野です。
ちょいちょい、生協で買っては食していました。
でもね…

その伊勢うどんにこんな分野が存在したとは!!

       _DSC3924.jpg
「伊勢の焼きうどん」

紀ノ国屋の伊勢フェアで見つけちゃったのです。


実食!!

         _DSC3932.jpg
青ネギと、甘酢漬けのショウガ、オクラ、素揚げしたニンニクをトッピングして。

これ、ハマル!!
普通の伊勢うどんより、焼き伊勢うどんの方が断然ツボ!!

うどんの国支持者の方、是非一度、焼き伊勢うどんをお試しください。


       _DSC3933.jpg

我が家、リピ決定♪

| 料理 | 19:45 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あると便利な調味料

気が付けば3本。


       _DSC3802.jpg
「トリュフオイル」
いただきもの2本、購入1本。

左端のオイルには、ちゃんとトリュフが入ってます。
後の2本はトリュフフレーバーのオイル。
オリーブオイルと、ひまわり油。

酸化しないううちに使わなくちゃね。


       _DSC3741.jpg
スクランブルエッグにトフュフオイルをたら~り。


しかも、

 _DSC3821.jpg
トリュフ塩も使っちゃった。

朝の食卓に濃厚なトリュフの香。
なんとも贅沢。


いろいろ作ってます。ちょこちょこと。

 _DSC3785.jpg
一気に4種作っちゃった。
山わさびのオリーブオイル漬けはとっても重宝な調味料。

山わさびをすりおろして、オリーブオイルと白だし少々を混ぜ合わせる。
ただそれだけ。密封便瓶に入れて冷蔵庫保存。3か月くらいは余裕でもつ。

ローストビーフはもちろん。肉や魚のソースに。ドレッシングに。
鼻にツン!とくる辛みがたまらない調味料です。


梅収穫の時期に作った梅ジャム(こちらの記事参照)。


これも便利な調味料のひとつ。

       _DSC3850.jpg
梅ジャムにしょう油少々を混ぜたタレにスペアリブを漬けこんで一晩。
後はオーブンで焼くだけ。

肉がやわらかくジューシー。
梅の酸味がまたよろし。


ストックが多すぎて、冷蔵庫がパンパン。
作りたがりすぎ。

| ストック | 13:34 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

来ましたね、夏!

       _DSC3709.jpg

ご無沙汰いたしました。
勝手に忙しくしていました。
そして、梅雨が明け、夏本番がガツンっとやってきました。

ビールの美味しい季節です。
ハーフ&ハーフ、たまりませんねぇ。

胃を一気に冷やすのは体に良くない!
わかっちゃいるが、ゴクンゴクン飲んでしまいます。


夏になったと同時に夏っぽい料理が増えますよね~

       _DSC3707.jpg
「砂肝のピリ辛ネギ醤油和え」

砂肝料理で一番好きな食べ方かも。
作り方は超簡単。

砂肝はをしっかり茹でて、氷水に取り、水けをきっておく。
合わせ調味料は、
刻んだネギ、すりおろしたニンニク、醤油、砂糖少々、コチュジャン、ごま油。
下茹でした砂肝を、合わせ調味料で和え、冷蔵庫で30分以上おく。
嫌いじゃなかったらパクチー大盛りに乗せて。


沖縄の料理も夏にはイイよね~

       _DSC3725.jpg
「タコライス」

レタスだけじゃなく、キュウリと紫タマネギの千切りも加えて。
タコミートは、青唐辛子とチリソースを多めに。


  _DSC3726.jpg
テッパンの「枝豆」

塩でもんでうぶ毛の処理をして、水洗いして、
お皿に並べて、塩をふって、ゆる~くラップをかけて、
600Wのレンジで3分強。

茹でるより早くできるし、節水になるし、もちろん栄養価も高い。
今年はレンジで枝豆。おすすめします。


       _DSC3730.jpg
「揚げ浸し」

ジャガイモ、カボチャ、キュウリ、パプリカ。
何でも素揚げにして、だし汁にダンク。お酢も少々。


       _DSC3733.jpg
「自家製キムチ」

オイキムチとカクテキ。
白菜キムチは現在熟成中。


習ってきました、キムチの作り方。

キムチ
千切り野菜とオキアミとニンニクとコチュカルが基本。
今回のヤンニョム(キムチの素)には塩麹も入ってます。

自分で作れるってやっぱり楽しいね。
安心安全だし。

今熟成中の白菜キムチには魚醤を足してみました。
料理は実験(笑

| 料理 | 15:29 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

2013年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年08月