シュフズテーブル ~主婦の食卓~

家庭料理研究家の日常食卓メモランダム。 そして愛犬『晋作』と『彦次郎』のこと。

2013年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年04月

≫ EDIT

ふらり千葉の旅

週末。朝8時。

「今から千葉までアジフライ食べに行くけど、一緒に行かない?」
まゆみ家からお誘いの電話。

まゆみ家の朝は早い。
3時半には起きるからねぇ、ケンちゃん(笑


私。寝起き。頭もっさもさ。
それでも、
「行くぅ~!!」と言ってしまった。

あそこのアジフライは食べなきゃでしょ~!!


アクアラインでぴゅ~っとね。

DSC_0975_20130327135000.jpg
しっぶぅ~い


  v2.jpg
*食欲に負け画像撮り忘れ。食べログの画像を拝借いたしました
アジフライがふっわふわなんです。アジフライの概念が変わります!

残念ながらこの日はブランド鯵の「黄金アジ」ではなく、小さ目のアジでした。
それでもウマいね~。
アジのたたきがこれまたウマく、ご飯に合う合う。
どんぶり飯完食。

「絶対宣伝しないでね。忙しすぎて倒れちゃうから…」って、おばちゃんに言われてるから、
場所はナイショ(笑


       DSC_0977_20130327135001.jpg
「高家神社(たかべじんじゃ)」

日本で唯一、料理の神様を祀る神社です。
料理上達のお守りを買ってきました。


途中、まゆみ家推奨の干物屋さんに寄ってお買いもの。


そして、海~

P1020224.jpg
大原海岸。外房まで来ちゃってたのね~

ほぼ貸切状態。
ワンズ解放~

  P1020158.jpg
まゆみ家のPIGMON と MILK

そして、
  P1020136.jpg
晋彦。


4頭、仲良し。
  P1020169.jpg

  P1020170.jpg

  P1020171.jpg

自然の中で大はしゃぎの面々。

  P1020157.jpg
MILK Flying~。彦次郎Takeoff!  PIGMON Landing! 

  P1020134.jpg

  P1020144.jpg

「どちらへ~?」(笑

そろそろ帰りますか。

  P1020243.jpg
*チーの後は水で流しましょう


お茶でもしたいねぇ。とCafeを探しながらのドライブ。
一軒もありませんでした(爆


結局「海ほたる」まで爆走。(暴走ではありませんぜ

   DSC_0979.jpg あさり入り塩ラーメン を食べ、
(味はノーコメント

スタバでお茶して、ふらり千葉の旅は終了。

気が付けば、内房から外房へ。かなりな走行距離。

 map12-1.gif
オレンジの点線内


ケンちゃん、お疲れ様でした。ありがと~。

また連れて行ってね~(笑

*ちなみに…ダーリンは仕事の為欠席でした。
スポンサーサイト

| おでかけ | 14:54 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お花見散歩と夕餉


東京の桜、週末にはほぼ満開。

  P1020307.jpg

少し肌寒く、曇りがち。
晋彦とゆる~く、ぶらりご近所お花見散歩に出かけました。


       P1020248.jpg
我が家の真ん前。
小さな川に沿う桜並木。
彦次郎、いきなり…^^; は、おいといて…
桜、満開


 P1020266.jpg
川沿いの桜並木から左折してインターナショナルスクールの坂へ。
画像では伝わらないけど、両側からアーチ状になった桜並木。
夜桜がキレイなスポット。
外人住宅とか有名人の邸宅が多いセレブ~な場所でもある。

       P1020268.jpg

その坂を上って行くと…

          P1020274.jpg
世田谷区桜新町。
サザエさんの街として有名な町ですが、
その名の通り、桜の名所としても有名な町です。
特に好きなのが、この「呑川緑道」。

もう20年近く通っている場所。
そして、晋彦のお散歩コースのひとつ。

カルガモが遊び、クレソンも自生する小川の桜並木。

 昔ね、ここの小川でね、私ね、一万円札拾ったの。
 流れてたのを拾ったの。自分のモノにしたのは内緒ね…  本当の話です^^


       P1020304.jpg

呑川沿いには日本体育大学の校舎がある。
この日もチアーの練習の声が響き渡ってた。


我が家からここまで、ゆっくり散歩して30分弱。
往復1時間位だから、晋彦の散歩には丁度良い。

       P1020314.jpg
そ~、でっかぁ~。


桜、超満喫できたよね!!
楽しかったよね~

       P1020324.jpg


確かに。
お腹空いた~。


そんな日の夕餉。

         _DSC2652.jpg
「小女子とウドのかき揚げ」
柚子の新葉を刻んで加えました。
春味かき揚げ。
小女子の塩分だけで調味料要らず。


         _DSC2663.jpg
「醤油麹漬け甘鯛のオイル焼き」
3月までが旬の甘鯛。
醤油麹に漬けて、オリーブオイルとバターでソテー。
熊本から取り寄せた「原木しいたけ」とともに。
市販されているわずか2割となってしまった「原木しいたけ」。
滋味が違う。

         _DSC2662.jpg
北海道の「ななつぼし」のご飯と、
クレソンと新玉のサラダとともに。
初春の夕餉。

そして、桜より団子~。


        _DSC2624.jpg
「イチゴ大福」  こちらのです。
シャンパンにも合うイチゴ大福。

晋彦には、イチゴの欠片だけね。





桜。
来週末までは楽しみたいなぁ。

   P1020330.jpg<

| 料理 | 15:49 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

tateru yoshino 銀座


週末のランチ。
フレンチの名店へ行ってきました。

       P1020060.jpg
「レストラン タテルヨシノ銀座」

10年近くおつきあいさせていただいているソムリエさん。
昨年、こちらのお店のシェフソムリエに。
行きたいと思いつつ、やっと!
ちょいと敷居の高いレストランだったもので。二の足踏んでたのよね~。
  P1020062.jpg
こちらのシェフ、フランスでお店を出していらっしゃいます。
そして、フランスでミシュランの★を獲得していらっしゃいます。
もちろん、銀座店も★。


シェフソムリエさんに笑顔で迎えられ、
総支配人の方までご紹介していただきました。
皆様とってもフレンドリー。
これで心置きなく食べられるわ~(笑


一番お手頃なコースをチョイス。

で、肝心のワイン。
この日は20℃超えの暖かな日だったので…

      P1020078.jpg
キリリと冷えたリースリングを。
さすが、私たち好みの味、どんぴしゃ!でした。


銀座店はコースのみです。アラカルトはなしです。
一番お手頃なコースはプリフィクス。
前菜とメイン、デザート、それぞれチョイスする形式です。


まず、アミューズブーシュが2品。
名店なので写真撮るのはどうなのよ?
と、遠慮いたしました。

んが、前菜のあまりの美しさに、
「写真撮ってもイイですか?」とお伺いしたところ、
「もちろんです、どうぞ。」


  P1020065.jpg
my choice「季節の野菜 モネの庭園をイメージして」

40種類位のお野菜が少しずつワンプレートに。
全ての味付けが異なります。
仕込にもっとも時間がかかるとか…

お野菜のリストもいただきました。
珍しい野菜のオンパレード。
輸入野菜だけでなく、日本の地域限定野菜も多くありました。
これ、レディースは間違いなくハマる!


  P1020066.jpg
darling choice「人参をまとったフォワグラのフォンダン よもぎのジュレ添え」

フォワグラもさることながら、フォワグラの間に射し込まれているトリュフ!!
久々にトリュフの香りに失神しそうになりました(笑
しかも、美しすぎるビジュアル。

そして、メインへ。


       P1020068.jpg
my choice「軽くスモークしたサーモン ミ キュイ ステラマリス風」

ここにきたらこれを食べずしては帰れまい。のひと品。
シェフのスペシャリテ。
ほぼ生に近い、燻製のサーモン。
こんなの食べたことな~い!!絶妙。
プレート右奥のポテトパンケーキもアゴ落ちた。


  P1020071.jpg
darling choice「うずらのファルシともも肉のコンフィ スパイスの香り」

うずら1羽のワンプレートです。
まさに、うなった。
うずらってこんなに美味しかったっけ?
ダーリン、今日一!でました~。
モモ肉のコンフィ、歯いらず。


チーズはPassして、デザートです。

       P1020074.jpg

my choice「ハーブ香るジュレ サラダフリュイと緑茶のムースグラッセ添え」

爽やかなハーブとグレープフルーツのゼリー。
抹茶のマカロンかなぁ?と思ったら、抹茶直球のアイスでした。


  P1020073.jpg
darling choice「フォンダンショコラ さまざまな味とのマリアージュ」

ハズセナイ フォンダンショコラ

          P1020076.jpg
中から魅惑のドロドロ~ンんんんんん


その後、小菓子と紅茶。


      P1020080.jpg

オーガニック珈琲か紅茶のチョイスですが、
紅茶がよろしいかと。

スリランカ出身のベルさんが、丁寧に淹れてくれるんですもの。
ここは是非紅茶で。


       P1020081.jpg

2階分の吹き抜けの店内。
テーブルの間隔もとてもゆったりとしていて、心地よい。
ホスピタリティも心地よい。

窓からは東京タワーも臨めます。


  P1020082.jpg

ちょいちょいと来られる店ではないけど、
スペシャルなときは是非ここでスペシャルな時を過ごしたい。絶対に。ってね。
そんなレストランでした。

行ってよかったぁ。

ちなみに…
衝撃的な「うずら料理」を再現したく、
翌日「うずら2羽」買ってきました。
どうなることやら…乞うご期待!(笑

| おでかけ | 19:16 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今週のあれこれ

原稿の締め切りが近づくと、つい別の事をしたくなる。
怠っていたブログアップもしたくなる(苦笑


今週のあれこれ。


2ヶ月ぶりにフレンチクッキングセミナーに参加してきました。
  sen.jpg
春キャベツと豚肩ロースの煮込み料理と、
バナナスフレケーキ。

豚肩ロースは煮込んだ後、マスタードとパン粉を乗せオーブンで焼きます。
ひと手間をおしむなかれ!
バナナスフレは2度目。
以前作って失敗したんだよなぁ。
卵白の泡立てがキモだと改めて実感。


今週はサプライズプレゼントが3つも!!

まずは、
  _DSC2454.jpg
ケローンの箸置き。
韓国のお土産♫
ゲロカワイイ(笑


そして、
  _DSC2468.jpg
ケローンカップルのチョコレート!
岩手から届きました。
食べるの可哀そう…


でもって、
       _DSC2482.jpg
黒いのと茶色いのが狙ってる手前のブツ。
「鹿のアキレスと鹿ジャーキー」。手作りのモノです。
北海道から届きました。
晋作、後生大事に時間をかけてクレートで味わいます。
私が近づくと、小さく「うーーっ」
100年早いぜ!と、耳をちょいとひっぱってやりました(笑
相当にウマいらしい。
相当にケモノ臭い。


サプライズをありがとう。
たくさんの喜びと元気をいただきました。


私に元気をくれる、もうひとつのもの。
  春

ベランダの植物たち。
どんどん芽吹いてきました。

オオデマリ、カエデ、山椒、モッコウバラ。

今週末、東京でも桜の開花予想が。
花粉症はツライけど、やっぱり春はウキウキするよねぇ。

山菜も美味しいし(笑



みなさま、楽しい週末を♫


さぁ、仕事するわよぉ~


| マイセルフ | 15:30 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タマトロdeすき焼き


冷凍庫から「すき焼き用肩ロース」発掘。
紀ノ国屋のお肉!
お安いときに買って、冷凍しておくの。

あやうく冷凍焼けさせちゃうとこだった。
冷蔵庫で自然解凍。

       _DSC2431.jpg
ほれぼれ~(笑

野菜は冷蔵庫の余りモノでイイよね?


       _DSC2433.jpg
こんなんでましたぁ~(懐かしいフレーズ…。これ知ってる人、希少価値・爆
下仁田ネギとゴボウのささがきは亜流だけど…
白滝と小松菜はギリギリかなぁ?
キャベツとスナップえんどうは我流でしょ。


いや。いや。それよりもね。我が家の我流はもっとあるのだわ。

すき焼きといえば「卵」でしょ。
溶き卵にダンクして食べるのが王道の食べ方。

ダーリン、生卵完全NG!
半熟卵も、イヤ~っ! なのですよ。

でもさ、やっぱりタマゴつけたいよね。
つけさせたいのよ、ダーリンにも!!
それで考えてみた。ダメモトで。

       _DSC2437.jpg

溶き卵に見えるけど、
全卵に山の芋を混ぜたつけダレ。
タマゴとトロロで「タマトロ」~。

 全卵と山の芋をバーミックスで泡立つくらいに撹拌してます。



生卵NGのダーリンもこれならOK牧場~

       _DSC2445.jpg
割り下少々で牛焼いて~



       _DSC2448.jpg
イレギュラーなお野菜と木綿豆腐も煮るざます~





       _DSC2451.jpg
タマトロにダンクしていただきま~す。

至福



生卵NGな方はもちろんのこと、
生卵LOVEだけど、変化球もイイかもね~。って方は是非お試しください。

かな~り、おススメだったりするんだけどなぁ~。ボソボソ

| 料理 | 19:30 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ちりめん青唐のレシピ

ちりめん山椒はもちろん大好物。
だけど、
ちりめんじゃことのコラボはそれだけじゃなく。
青唐辛子とのコラボも大好き。

山椒とはまた違った辛みがイイ。


【材料】
 ちりめんじゃこ  80g
 青唐辛子  6本
 白ごま  大さじ1
 ★調味料
  味噌:小さじ1、みりん:小さじ1/2、濃い口しょうゆ:小さじ1/2、
  酒:小さじ1、オリゴ糖:小さじ1/2、水:大さじ1

*オリゴ糖はグラニュー糖やハチミツでも代用可です。


【作り方】
 1.青唐辛子は小口切りにする。★の調味料は合わせておく。
 2.フライパンにごま油少々(分量外)を入れ、火にかけ、1.の青唐辛子をさっと炒める。
 3.2.のフライパンを弱中火にし、ちりめんじゃこを加え、2~3分炒る。
 4.3.に1.の合わせ調味料を入れからめる。
 5.まんべんなくからまったら、火を止め、バットにとり、白ごまを加え混ぜる。
   そのまましばらく置く。
 

 _DSC2362_20130308175333.jpg

完全に冷めたら、密封容器に入れて冷蔵庫で保存してください。
2週間位は保存可能です。


あったかご飯にノセノセ~はもちろんのこと!

       _DSC2398.jpg
日本酒のアテに、チビチビと。
もアリ~の。


       _DSC2404.jpg
チャバティーニにチーズとろ~り。そこにちりめん青唐トッピング。
オーブントースターでささっと。一品完成。



色々使えるよ。
どうぞお試しくださいませ~。

| 料理 | 18:33 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

吉祥寺の行列店のメンチ


新婚当初、吉祥寺にアクセスの良い場所に住んでました。
今から25年ほど前の、むかし、むか~しのおはなし。

その頃から、名前の知れた店だったけど。
今ほどの名店ではなかったんだよね~。
ふつ~に、安くて美味しい肉の店。
いつの間にか、激変。
並ぶのは必至の店になっちゃったね。

「肉の佐藤」 特にメンチカツに大行列。

        _DSC2364.jpg
久々、お土産でいただいちゃいました。
行列してまで買いたくね~し。
って、思ってたけど、いただくと笑みこぼれる。


 _DSC2367.jpg

ヘルシオくん。
サックリあたため機能、とても優秀。
余分な油分は落として、しかもカリカリサクサクに仕上げてくれます。


       _DSC2372.jpg
王道な、キャベツ千切りに、パセリとサラダタマネギ。
ケチャップにウスターソース混ぜ混ぜをタラーり。



       _DSC2380.jpg
菜の花と生キクラゲのサラダ

と、とも~に。


       _DSC2383.jpg
北海道のお米、本当に美味しくなったね。
ゆめぴりか。もお気に入りの一つです。



残りのメンチカツ。
翌日、きゃぺつの千切りとともにサンドウィッチにしました。
画像獲り忘れたけど、相当にウマかったなぁ~。

佐藤のメンチ。
タマネギが大き目ゴロゴロってのがイイね。

ん。マネする^^V


| 料理 | 19:04 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ひな祭りは洋食で♫


3月3日。
女の子のお祭り。
英語だと「The Doll's Festival」とか「The Girls' Festival」らしい。
ワクワクする表現だよね~。

  _DSC2345.jpg
我が家にいらっしゃるのは、スワロフスキーを纏った小さなお内裏様とお雛様。


ひな祭りと言えば、雛ちらしとハマグリのうしお汁が定番ですよね。
好きです。大好きです。

でもね、ここのところ、コメ食が多くてさ。
そろそろパスタ食べたいわ~!!だったのよ、3月3日。

ってことで、ひな祭り的な食材で洋食の夕餉をクリエイト。



      _DSC2307_20130304174749.jpg
サラダタマネギとベビーリーフのサラダwithひし餅かまぼこmade by鈴廣


      _DSC2314.jpg
ハマグリのコーンクリームスープ

クリームタイプのコーン缶とハマグリの茹で汁、
牛乳、ガラスープの素。ニューイングランド風クラムチャウダー。
ハマグリ、プリップリ。アサリよりも絶対ウマし。



      _DSC2324.jpg
菜の花と桜海老のリングイネ

50℃洗いしてピンピンになった菜の花と、
干し桜海老のペペロンチーノ。
オリーブオイル、ニンニク、青唐辛子、セルフィーユを焦げないように熱して。
干し桜海老も加えて、焦げないように旨味を引き出して。
菜の花の茎の太い部分は真ん中から切れ目を入れてから投入。
葉の部分はパスタとともに30秒程茹でて。

オイルパスタだけど、あえてリングイネに合わせる。のがこだわり。
イイ感じにリングイネの切れ込みに桜海老エキスがしみ込みます。

個人的嗜好ですけどね。私がリングイネ好きなもので。


たまには洋食のひな祭りもアリ!
結構、思ってた以上に、超アリ~!!でした。


とはいえ…



 和菓子
〆は、やっぱり、これしかないね。



| 料理 | 18:34 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

香港調達調味料

年に1度は訪れる香港。
旅の楽しみの一つ、食材や調味料を買うこと。
地元のスーパーや乾物街のショッピング、楽しいよね。

 _DSC2291.jpg
これはほんの一部。
真ん中と右は、四川料理には欠かせない調味料。
四川胡椒とも中国山椒とも花椒(ホアジョウ)とも呼ばれる。
本格的麻婆豆腐の舌にビリビリくる辛さはこれよん。

久々にビリビリしたくなった。


       _DSC2259.jpg
ホールの花椒(一番上の画像の右側)をゴッソリ入れて作った麻婆豆腐。
ひ~ひ~っ!!ビリウマ!


       _DSC2258.jpg
粉末の花椒(一番上の画像の真ん中)と、
海鮮用チリリキッドシーズニング(一番上の画像の左側)で作った蝦野菜炒め。


       _DSC2262.jpg
ペニンシュラのXO醤はテッパン調味料。
大根を米糠で下茹でして、あとはXO醤におまかせ。


       _DSC2266.jpg
麻婆豆腐の時はタイ米!!

香港の四川料理屋さんのご飯は必ずタイ米だから、それに慣れた。というか、
日本のもっちりしたお米よりも、パラッとしたタイ米の方が辛さに合う。ような気が…


そろそろホールの花椒とチリリキッドシーズニングが切れそうだわ。
買い出し、行っちゃう?(笑

| 料理 | 15:33 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

2013年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年04月