シュフズテーブル ~主婦の食卓~

家庭料理研究家の日常食卓メモランダム。 そして愛犬『晋作』と『彦次郎』のこと。

2012年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年02月

≫ EDIT

もっさ晋彦


昨年12月初旬にトリミングしてから約2ヶ月。

 P1010600.jpg
何が何だかわからないほどモッサ晋作。
ものすご~く寝癖もついてるし。ヒドイね~



 _DSC1553.jpg
わずかばかり目が見える彦次郎。
ブラッシングしても見栄え全く変わらずの超モッサ。




 P1010602.jpg
すご~く犬臭いです。
犬だから、犬でこそ。だけどさ。
私には結構萌え臭ですけど(笑

来週月曜日、やっとトリミング。
モッサは本犬もウザいだろうけど、保温性良し。冬はモッサ必。

トリミング後はブルブル震えるんだよね、特にオヤジ晋作は。
毛刈りした羊のごとく。

IMG_2543-1.jpg


それでも視界良好の方がよかろ~?

 P1010617.jpg
だよね。彦。


 P1010623.jpg
だよね。晋作。

しばし、寝て待て。

 P1010603.jpg

なんだかわからん物体ふたつ。


来週には超イケメンなふたりの画像をお披露目できるわよぉ~。

皆も寝て待て…。
いやややや。
宜しければ、また、ご訪問くださいませませ~。
スポンサーサイト

| 晋作&彦次郎 | 18:24 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シットリ鶏ハム

高タンパク低脂肪な鶏ムネ肉。
ヘルシーだとはわかっちゃいるが、パサパサしてて味気ない。

ダイエットレシピの仕事をしたとき、そんなことも言ってられなくなり…
どうやったらシットリ感が出せるのか、試行錯誤あれこれ。

その中で最もシットリ感があり、しかも、最も簡単!だったレシピです。


【材料】
 鶏ムネ肉      1枚
 長ネギ(青い部分) 3本
 ショウガ      適量
 赤唐辛子      1本
 塩コショウ     適量



【作り方】

 1.鶏ムネ肉は身の厚さが均等になるよう、包丁を入れて開き、
   3㎝幅で包丁目を入れる(切り離さないように)。
 P1010555.jpg

 2.両面に塩コショウをし、もみ込み、15分置く。

 3.皮目を上にして、くるくる巻き、タコ糸で縛る。
 P1010556.jpg

 4.鍋に水・ネギ・ショウガ(皮付きのままスライス)・赤唐辛子を入れ、沸騰させる。
 P1010559.jpg

 5.沸騰したら、3.を入れ、
 P1010562.jpg
   5秒経ったら、蓋をして、すぐ火を止める。

 6.蓋をしたまま、完全に冷めるまで放置。

 7.冷めたら鍋から取り出し、タコ糸をはずし、好きな厚さに切り分ける。




     _DSC1540.jpg

塩コショウだけなので、シンプルな味です。
お好みでドレッシングやヨーグルトマヨ、ハニーマスタード等をつけてどうぞ。
ダイエット中の方は、ノンオイルドレッシングにしてね~。
もしくは、そのままで。

茹で汁も捨てずに、スープ等に活用してくださいませ。


     _DSC1543.jpg
シットリ感、伝わるかなぁ~?

5秒の過熱、蓋して、即火を止める。

よろしければお試しください。
冷蔵庫で3~4日は保存できます。

| 料理 | 14:42 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キューピー 瓶入りマヨネーズ


キューピー瓶入りマヨネーズの期間限定モノ。
干支マヨって知ってる?

私が知ったのは4年前。
寅年バージョンから。

 P1010539.jpg

左奥から、2010年(トラ)、2011年(ウサギ)、2012年(タツ)、
そして今年のヘビ。

2008年から販売が開始されてたらしいわ。ネズミとウシを持ってませ~ん。

保存瓶として活用させていただいてます。


その他にも、ときどき特別バージョンが登場。


     P1010549.jpg
昨年、スカイツリー開業時、首都圏のみで販売されたものや、


     P1010553.jpg
リサとガスパールバージョンとかね。


別にコレクターでもなんでもないけど、
見つけるとつい買ってまうやろ~。


なんだかんだ増殖中。

| マイセルフ | 14:48 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

蒸し白菜

少ない水分と、少々の塩だけで蒸した白菜。
驚くほど甘い。

「はなまる」で見て以来、作り続けているもの。


 _DSC1374.jpg

【材料】 
 白菜   1/4個
 水    70㏄
 塩    少々

ごめ~ん。忘れてた… 赤唐辛子  一本もね。(追記

これだけよ~。(水の分量。はなまるレシピとは変えてます。)


【作り方】

 1.白菜の芯と葉の部分を分ける。それぞれ食べやすい大きさのざく切りにする。
 2.鍋に白菜の芯と水、塩を入れ、2~3分強火、蓋をして弱火にし10分蒸し煮。
 3.2.に葉も入れ、蓋をして強火にする。蒸気が出てきたら火を止め、3分置く。
 4.粗熱が取れたら汁ごと容器に移し、冷蔵庫で保管する。4~5日保存可。


たったこれだけなのに、ホントに甘くてね、美味しいの。
冬白菜だからこそのごちそうです。
汁がまたウマい!

朝食で毎日いただいてます。


      _DSC1438.jpg
美味しいオリーブオイルと、黒コショウをゴリゴリっとかけて。
これで十分。


ラー油をちょっとかけて、ピリ辛もよし。

白菜1/4個、あっという間に食べちゃいますよ。
今日もまた作ろ~っと。
今日はどの塩で作ろうかしら。わくわく。

| ストック | 15:53 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大人のジンジャーエール

最近ハマッているストック食材が色々ありまして。
順次それをご紹介していこうと思ってます。

今回ご紹介するのは、食材というかジュースの素だね。
ジンジャーエールの素。
ジンジャーシロップです。

スパイスを数種類使った大人のジンジャーシロップ。


【材料】
 
 しょうが        500g
 水           500㏄
 レモン汁        50㏄
 黒糖          60g
 グラニュー糖     160g
 りんご酢        30㏄
 シナモンスティック  1本
 クローブ        10粒
 赤唐辛子        2本
 レモングラス(ドライ) 適量



【作り方】

 1.水洗いしたしょうがは皮付きのまま、すりおろし
   (またはフードプロセッサーでペースト状に)、ガーゼに包み絞る。
   絞り汁はボウルに入れ、ラップをかけ、冷蔵庫でしばらく置き、不純物を沈殿させておく。
 2.鍋に分量の水を沸かし、シナモンスティック・クローブ・赤唐辛子を入れ、
   弱火で30分ほど煮て火を止める。ざるで濾し、鍋に戻す。
 3.2.に黒糖・グラニュー糖・リンゴ酢を加え、中火にかける。
   300㏄位になるまで煮詰める。
 4.3.にレモン汁を加え、沈殿物が混ざらないように1.をそっと注ぎ、ひと煮立ちさせる。
   キッチンペーパー等で濾し、密閉容器に入れ、レモングラスを加え、
   粗熱が取れたら蓋をして、冷蔵庫に入れる。
  
 翌日より使用可。
 ジンジャーエールにする場合は、4倍の炭酸水で割る。
   



      _DSC1425.jpg

お湯割りにしてもよ~し。


レモングラスが手に入らない場合は、ミント系でもイイよ。
でもおススメはレモングラス。


まさにしょうが!!のジンジャーエール。
クセになる味。

ちょいと手順は面倒だけど、一度にたくさんできて、1ヶ月弱は保存可能。
体を温めるジンジャー。
ジンジャーエールがお好きなら、是非。お時間がある時に~。



 

| ストック | 18:14 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

彦次郎さん5歳♫

1月6日。彦次郎坊ちゃんが5歳になりました。

2008年、コッカプーのMOCOパパ、そしてコッカプーのLOCOママから誕生した彦次郎。
(MOCOLOCOちゃんのブログはこちら…放置ですけど・笑)
コッカプーのFⅡ世代でございます。
(晋作は、パパがプードル、ママがアメコカ。コッカプーFⅠです)

  3 子全体
産まれたての彦次郎。
頭てっぺんの白毛は今も健在!!

アップ、もいっちょいっときますかぁ~。

  4 子顔
ヤバカワ。でしょ~
目が開いてないの。産まれたての彦次郎だよ~


お誕生日から、ずいぶん遅いアップですが、
ちゃんとその日にお祝いしたのよ~ん。

基本、晋彦のご飯はドライフード。
それに茹で野菜か、干しきびなごをトッピング。
至って質素なご飯です。


お誕生日だから、奮発したわよ~。

  _DSC1143.jpg
オーストラリア製のワンコ用ソーセージ。
昔、晋作が全くご飯を食べなくなったとき、このソーセージだけは食べてくれたの。
さぞやウマいのであろう。

彦次郎は初体験だよね。


  _DSC1155.jpg
ドライフードとソーセージ、茹でたブロッコリーの茎。
ああ、豪華~(爆

器がすり減るんじゃないかと思うくらい舐めまくってました。
たまには贅沢させてあげよう。
どんだけ我慢させてるんじゃ我が家。


そして、食後のデザート。

      DSC_0783.jpg

市販品でございます^^;

彦次郎ごめんねぇ。
手抜きしました。
市販品なんだけどさぁ、「5 HICO」の文字、下手過ぎる(笑
ほとんど潰れてるしぃ。

でも美味しかったらしいよ。秒食。
ほとんど飲み物でした。


これからもずーーっと元気でお子ちゃまな彦次郎でいてね。
でも、晋作の頭をポカポカ叩くのはやめてね。

彦次郎の兄弟、COCOちゃん、バロン、チョコもおめでとう

| 晋作&彦次郎 | 18:36 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

炊飯器で作る!超時短「塩麹」

クリスマスからお正月にかけて、
塩麹を使った料理を沢山作りましたの。

特に気に入ったのが、塩麹で1日漬けた牛肉肩ロースで作る「ローストビーフ」。
タレも用意したけど、なくてもイイほどウマいよん。
お正月、ダーリンの実家にも持参しました。
レシピは、また別の機会に。


ああ、塩麹ね。
使い切っちゃいました。

冬の時期、完成までには2週間~3週間はかかる。
待ってられませ~ん!!

そういえば、魔法瓶(この言葉、ひょっとして死語?今はステンレスポットとか、マグ?)や、
炊飯器で作れるんだよね~。確か。

炊飯器でやってみよ~。


【材料】
  乾燥麹  100g
  塩     25g(塩分控えめがお好みなら20gで)
  水     150㏄



【作り方】
  1.炊飯器の釜に乾燥麹を入れ、よくよくほぐし、水を加え、よく混ぜ、
    20分ほど放置し、吸水させる。


    DSC_0799_20130116123503.jpg


  2.1.に塩を入れよく混ぜ、炊飯器にセットし蓋を閉め、保温で1時間おく。
  3.蓋を開け、乾いた布巾をかけ、更に保温で45分おく。




これにて完成!!

所要時間2時間強で完成ですよ。

  _DSC1199.jpg
芯もなく、ツヤツヤ。

粗熱が取れたら、保存容器に入れて冷蔵庫へ。
2ヶ月位は保存可能です。


パパッと作れる塩麹。
どうぞ、お試しくださ~い。

| ストック | 12:59 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大雪の東京


成人の日の昨日、1月14日。
爆弾低気圧により、東京地方は大雪。

朝方の雨、気が付けば雪になり、そして吹雪になってた。

   _DSC1228.jpg


   _DSC1224.jpg


どんどん積もる。


   _DSC1222.jpg
ベランダの手すりにも、どんどん積もる。


   _DSC1229.jpg
モミジにも積もる。


交通はマヒ。

   _DSC1226.jpg
首都高速上り、全く動かなくなってました。
事故や、立ち往生した車多数。1時間以上、1㎝たりとも動いてなかった。
夜、首都高を見ると、路肩に止まったままの車が点在。
にっちもさっちも状態になっちゃったんだろなぁ。
あのまま夜越したのかなぁ?それとも、車置いて、どこかに退避したのかなぁ?
他人事じゃない。心配。


晋作・彦次郎、駐車場で放牧。

      DSC_0814_20130115130014.jpg
彦次郎にとって、こんな大雪は初体験。
おっかなびっくりだったのは初めだけ。ウサギ飛びで大いに楽しんでましたわ。 
晋作も雪は好き。
ブルブル震えながら、走り回ってました。雪食べたり、チッコしたり(笑 
雪玉を足にたくさん付けてね。
ちょっとした雪国体験。


   DSC_0816.jpg
既に3体のスノーマンが出来上がってました。
超イビツ(笑  
写真手前の黒い物体は、晋作の頭。
スノーマンが気になってしょうがないらしい。


この後、速攻お風呂。
晋彦、さすがに冷えたらしく、大人しく、のんびり湯に浸かっておりましたわん。



翌、本日。
快晴。 


      _DSC1242.jpg
昨日大渋滞していた首都高。
閉鎖中。 
写真でも判別できる程、路面は凍結。

首都高が閉鎖されているため、
下の246下りは大渋滞。

      _DSC1240.jpg

ダーリン、仕事で下田へ。
車で行く予定だったけど、この状態を見て、電車に変更。
いやぁ、車移動は時間が掛かること以上に危険でしょう。
ホッとしてます。電車にしてくれて。

午後1時半現在、未だ246下り、大渋滞中。
ドライバーの皆様、くれぐれもお気をつけて!


私も、足元には気を付けて歩きます。


| マイセルフ | 13:31 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

春の七草粥

1月7日は七草粥よね。
皆様、食べましたか?

七草は、早春にいち早く芽吹くことから邪気を払うと言われ、
無病息災を祈って七草粥が食べられるようになったのは江戸時代だとか。
お正月疲れが出始めた胃腸に負担がかからないよう、お粥であっさりと。

が、本来の七草粥。


     _DSC1172.jpg

春の七草。
セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ(カブ)・スズシロ(ダイコン
いわゆる、日本のハーブ。

今年の七草粥はショウガたっぷりの中華風お粥にしました。

1.たっぷりのおろしショウガと干し貝柱、薄口しょうゆ、白だし、酒。
  スライスしたカブとダイコンの半量も入れて、お粥を炊く。

2.残り半量のカブとダイコンは少し厚めに切り、ごま油で少し焦げ目が付く程度に、
  両面を焼く。
  他の五草、半量はノンオイル中華ドレッシングで和えておく。

3.お粥が炊きあがったら、2.を入れ、混ぜる。

4.2.の残りの五草をボウルに入れ、熱したごま油を回しかけ、さっと混ぜる。

5.器に3.を入れ、4.を乗せる。



     P1010478_20130110125403.jpg

調理法を変えることで、食感の違いが楽しい一皿に。
フライパンで熱々に熱したごま油。野菜にかけると「ジュッ!」
この音が出るくらい熱するのがポイントです。

ショウガパワーで体もホカホカ~な、今年の七草粥でした。

| 料理 | 13:12 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

年末・年始あれこれ


今年ももう1週間が経過。
相変わらずのろのろなブログで申し訳な~い。
今年はもうちょっとスピードアップするわよぉ~。
乞うご期待!(笑


といいつつ、年末の出来事からね。

12月30日PM11:00より、
恒例おせち詰めのお手伝いへ参上。

冷房きかせたふきっさらしの部屋での作業。
ヒートテック、タートルネックの上にタートルのセーター、そしてフリース。
下もヒートテック、ハイサイソックス、デニム、裏モコ付きパンツ、UGG。
もちろんお腹と背中にホカロンはり~の。
完全武装。ぬかりなし。

     DSC_0773.jpg

約9時間、立ちっぱなしで、約80セットのおせちを仕上げました。
朝9時帰宅。
ドロドロ~。

昼まで仮眠して、買い出しへ。
お正月のデコレーションもね~。

 
     DSC_0790_20130108125928.jpg

ダーリンの実家へ持参する料理数点を作りながら、ふと外へ目をやると…


  _DSC1096_20130108125545.jpg
2012年最後の夕焼け。
恐いくらいに美しかった~。


そして、2012年最後の食。

     _DSC1104.jpg
エビ天2本に白エビのかき揚げ、なめこ入り。
いつもと変わらぬ年越しそばで〆。


行く年来る年。
2013年、巳年。最初の食。


  元旦
親方渾身の作。2段重のおせちと、お雑煮。
今年のおせちもウマい!

年末、活の車エビを沢山いただいたので、車エビ(巻きエビ)のお雑煮に。
やっぱり巻きは美味しいなぁ。エビの王様だわ。甘~い。

     _DSC1122.jpg
器もランナーもお正月使用。
日本酒を飲みながら、だらだらとおせちをいただきたいところだが…
ダーリンの実家へ急げ~っ。


実家へは、別のおせちと「柿の葉寿司」を持参。
そして、甥っ子姪っ子メインに考えて作った肉料理もね。


     実家
おせちは3段重。
フォアグラのムースが入ってたのにはビックリ。そしてウマい^^V
和素材ばかりじゃないおせちもイイね。

私が持参した肉料理は3種。
クリスマスに引き続き、塩麹漬けのローストビーフ。大人気
そして、スペアリブ2種。
「ハーブたっぷりトマトソース煮」と「八丁味噌とマーマレードソース煮」。
意外な組み合わせの「八丁味噌マーマレードスペアリブ」が大好評でした。


今年、甥は6年制大学の6年生に。
姪は4年制大学の4年生に。
二人ともすでに就活が始まってました。
赤ん坊だった二人が、いつの間にかそんな年にねぇ。
感慨深いわぁ。
頑張れ、若人!!


ばたばたばたばたとお正月が過ぎゆきました。

さてさて、今年はどんな目標に向けて突っ走ろうかしら?
とりあえずは、減量だな(笑
健康診断の日は近い!!

| 料理 | 13:54 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年もどうぞよろしく。



       DSC_0625_20130104170836.jpg

2013年。
私はついに大台を迎えます。
臆することなく、留まることなく、潔く受け入れ、更に自分磨きを怠ることなく。
前進あるのみ!!

ま。気負うことなく、ゆる~くぼちぼちね。

こんな私を今年もど~ぞ宜しくお願いいたします。
皆様にとっても、輝かしき素敵な巳年となりますように、心よりお祈りしております。

| マイセルフ | 17:17 | comments:11 | trackbacks(-) | TOP↑

2012年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年02月