シュフズテーブル ~主婦の食卓~

家庭料理研究家の日常食卓メモランダム。 そして愛犬『晋作』と『彦次郎』のこと。

2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月

≫ EDIT

雪・雪・雪


4年に1度の日。2月29日。ニンニクの日(らしい
東京、予報通り、大雪。
東京にしては…と言う意味の大雪。


  DSC_1138_20120229115809.jpg


この冬で一番の積雪。


  DSC_1134.jpg
ベランダの手すりにもうっすらと積もる雪。


  DSC_1135_20120229115804.jpg
桜の木にも積雪。


  DSC_1141.jpg
ミモザの蕾の上にも積もる、積もる。



  DSC_1133.jpg
彦次郎の背中にも積雪(わかりにくいけど…



外出するには気合がいるなぁ。
雪国の方から見ると笑っちゃうくらいの積雪なのはわかっちゃいるが、
慣れてないモンでね…。


  DSC_1140.jpg

雪国気分味わってます。

スポンサーサイト

| マイセルフ | 12:08 | comments:11 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

塩麹料理の食卓


自家製の塩麹。
活躍ちう。


  DSC_1080.jpg
「塩麹とキュウリの鶏ムネ巻き」

 鶏ムネ肉を切り開き、塩麹を内側全面塗って、
 キュウリを乗せて、クルクルっと巻いて、ラップで包み、蒸したもの。

塩麹を調味料として使った料理。
干したキノコの餡でいただきました。


  DSC_1101.jpg
「木綿豆腐の塩麹漬け 山ワサビ添え」

 水切りした木綿豆腐に塩麹をまぶしつけ、ラップで包んで、ジップロックに入れて、
 冷蔵庫で3日間熟成。

豆腐の味噌漬けよりもマイルドなやわらかい甘味。
クリームチーズのような味わい…と聞いていたけど、
そこまでのねっとり感はなかったなぁ。
普通に美味しい。期待しすぎた?^^;


  DSC_1100.jpg
「鶏ムネ肉の塩麹漬け蒸し」

 鶏肉、塩麹漬けにして冷蔵庫で2日。

あんまり鶏ムネ肉好きじゃないんだけど…
パサつき感ナシでやわらかくて美味しかった。
大和イモすりおろしのタレをかけていただきました。


  DSC_1106.jpg
塩麹の料理2品の他、
この日は、香港土産の干しエビを使った料理を一品。


  DSC_1095_20120228140337.jpg
「干しエビとスティックセニョールの豆鼓炒め」

 戻した干しエビ、ショウガ、ニンニク、豆鼓、XO醤をソースにして、
 硬めに茹でたスティックセニョール(茎ブロッコリー)をごま油で炒めて。

とてもホンコーーン♪な味でした(笑



木綿豆腐の塩麹漬け。
半丁残ってたので、翌日リメイク。


  DSC_1114_20120228140402.jpg
「ちぢみほうれん草とウドの白和え」
  
 白和えの衣にぴったり!!
 先日作ったユズのマーマレードも加えました♪

この日の食卓は…
  DSC_1119.jpg
ランチで焼き肉ガッツリ食べちゃったんで、
夕餉はゆる~く、厚揚げと干しキノコの煮物メインで。


料理の師匠とお慕い申し上げてる友人からいただいた松前漬けの素で、

  DSC_1118_20120228140407.jpg
ホタテとイクラ入り松前漬けも作ってみました。

うまーーーい。ご飯がすすむぅ~。

ご飯は島根県の「仁多米コシヒカリ」。
これまたうまーーーーい。

炭水化物は抜きたかったのに、結局…


塩麹。使い勝手がとてもよろし。
大ヒットも頷けます。




| 料理 | 14:34 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ユズのマーマレード

さぁやろう!
とユズに立ち向かってから20時間。

まさに戦いでした(笑



  DSC_1066_20120223200723.jpg
キレイに洗って、皮むき開始。

  DSC_1069.jpg 白いワタの部分が多く残っていると苦みが…
極力取り除きました。
48個分、この作業だけで4時間強。

そして、ひたすら千切りにして、

  DSC_1072_20120225151221.jpg 水の中で揉むようにして…
水が透明に近くなるまで、水を取り替えながら何度か繰り返す。
今回は5回。

そして、鍋に入れて、一度茹でこぼす。

その間に、皮を剥いて残った実を絞る。
大き目のユズであえば、実を袋から出して、実と汁を使うんだけど、
今回のユズは小さかったので、絞り汁だけ使用。

粗熱を取った皮と、絞り汁を合わせ、

  DSC_1075.jpg
このまま2時間放置。


その後、砂糖を加えて、更に3時間以上放置。
今回は一晩おきました。
砂糖は、生砂糖を使用。実と絞り汁の重さの60%程度の分量で。


中火にかけ、白ワイン(1/2カップ)と塩少々を加え、
丁寧に灰汁を取りながら煮詰める。
1時間強。
最後に吉野葛を入れ、しっかり混ぜ合わせて、火を止める。
葛、今回は大さじ1。


で、やっとやっと完成~♪


  DSC_1082_20120225151239.jpg
また、ビンがバラバラ~。なのはご愛嬌ってことで…

ユズの酸味が効いた大人の味のマーマレード。

熱湯を注いでユズ茶として飲んでもよし。
肉・魚のソースにしてもよし。
白和えに加えてもよし。
和洋、どちらの料理にも使えそうです。


絞った後の実と種。

  DSC_1077.jpg
お茶袋に詰めて、水・白ワイン・砂糖でこちらも加熱。


  DSC_1085.jpg ユズシロップ

こちらはポン酢に使ったり、
紅茶、焼酎等々に入れて飲んだりしよっかなぁ。


マーマレード作りはやっぱり大変。
作ってる間は、「もう作りたくな~い」って思うんだけど、
作り終えると、「また作ろう♪」ってなる(笑

しかし、この首と肩の強烈なコリ!
包丁使いがヘタなんだろう。
まだまだ修行です!!

≫ Read More

| 料理 | 15:56 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

戦闘態勢!


先輩のお庭で収穫されたユズ。
ユズっていただきました!

  DSC_1066_20120223200723.jpg

美味しくな~れ、美味しくな~れと呪文を唱えつつ、
キッチンに立つこと早7時間。

格闘してます。


  DSC_1069.jpg


大好きな半身浴もナシ。
晋彦の散歩も回避。
夕飯、どうしよう。


戦ってます。ユズと…
楽しい戦い(笑


戦闘中なのでコメント欄は閉じさせていただきます。あしからず(ペコリ

| 料理 | 20:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

布団干してます


羽毛布団部屋干し中。

  DSC_1052.jpg



久々にやられました!!


朝の散歩に行く前、
わざわざベッドに上り、私たちの顔を見ながらの失禁。

わざとだなぁ。きっと。



犯人はもちろん、こいつです。


 
       DSC_1051_20120222122757.jpg 茶色い方ね。


カエル大王に食われてしまえっ



       DSC_1047_20120222122752.jpg



こんなことやってるから、仕返しくらうんだっ! って?


そうとも言う。


| 晋作&彦次郎 | 12:34 | comments:13 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハバネロTABASCOと塩麹

完全防備で挑んだハバネロTABASO作り(その様子とレシピはこちら)。



1週間の頃のハバネロはこんな感じでした。
  DSC_0797_20120119151918.jpg


6週間の熟成期間を経て、一度漉して、ついに完成!

  DSC_1031.jpg
左、リサ&ガスパールの瓶がハバネロTABASCO
右、市販のTABASCO(ちなみに原料は赤唐辛子。ちなみにこれは超ビッグサイズ^^;)

キレイな色に仕上がったでしょ?

味、普通のに比べてビリビリ感が脳に伝わる早さが早い(笑
しかし、手作りならではの滋味深さがある気がするなぁ。

作れるもんだよねぇ~。
ちょっとハマりそうです。
もしご興味があれば、完全防備の上、是非お試しください。


そして、巷で大流行の塩麹。

こちらも熟成中。

  DSC_1029.jpg
ちょっとまだ発酵が足りてないんだけど…。
でももう使ってます。

 乾燥米麹   200g
 塩(今回は「藻塩」使用)   60g
 水   300㏄


  ボウルに米麹をボロボロにくずしながら入れ、
  塩を加え、手で優しく揉むようにして混ぜ合わせる。
  15分程放置。
  水を加え、かき混ぜる。
  密閉容器に入れ、常温で1週間(室温にもよります。冬場は2週間位かかる)。
  2日に一度かき混ぜる。
  発酵完了後は冷蔵庫で保存する。


 
色んなレシピがあるけど、私が試しているのはこれです。


水切りした木綿豆腐に塩麹を塗って、ラップして、ジップロックして
冷蔵庫へ。

  DSC_1035.jpg

3日後のお楽しみ~♪

またご報告しま~す。


| ストック | 14:22 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

奇跡のトマトと無農薬大根

ある日のフェイスブックのコメント。
「奇跡のトマトの取材に行きます」

トマトが大嫌いな(笑)大学の先輩のコメントでした。
遠慮を知らない私。
「是非食べてみたいです♪」と誰よりも早く速攻挙手。
大先輩に対し身の程知らずも甚だしい…。

それでも後輩思いの優しい先輩は、
その貴重なトマトを私にお裾分けくださいました(よいしょっと…)。

 
  DSC_0975.jpg
糖度がメロン並!!と言われている「奇跡のトマト」

作り農家さんは、「まだ時期が少し早いので糖度が最高までは達していない」
と仰っていたという。
それでも、糖度は10を超えている。

実食。

  DSC_0981.jpg
小ぶりなトマト。
やっぱりそのまま丸かぶりでしょ!!

ガブリっ! 
甘味のあるジュースが口中にジュワァ~っと。
想像していたよりも甘い。
ピンク岩塩を添えていたけど、調味料いらない!マンマがウマい。

近年様々なトマトがスーパーに並んでいる。
それぞれに糖度が示されていたりする。
糖度10以上のトマトも色々試してみたけど、
この「奇跡のトマト」は食べた後の青臭さがなく、
甘味の継続時間が長い気がした(あくまでも個人的意見です…

皮が若干硬めかなぁ?
完熟ではなかったからかもしれない。
完熟するとどんなに甘いんだろ~。


しかし、このトマト。市販されると一体おいくら万円?
同様のフルーツトマト、「これは一個のお値段なんですよね!!?」的価格。
とても庶民価格じゃないもんなぁ。



トマトとともに、もう一種類。
無農薬ステビア農法で育てられた大根もいただきました。


  DSC_0982.jpg
大根とホタテ貝柱のサラダ

久々に食べたくなって…
ブロッコリ―スプラウトも入ってます。

大根を大き目の千切りにして、塩少々を振って5分程おく。
そして汁を絞る。
絞り汁多い~。汁だくぅ~。

この大根も甘い。
冬大根は往々にして甘いけど、それにしても甘い。
ステビア効果ですよね、これが。

無農薬なので、皮も使うよ。

  
  DSC_0986.jpg
大根皮のキンピラ

ごま油で炒めて、しょう油、オリゴ糖、かつおダシ、七味唐辛子。
このキンピラ、油切りして粗熱を取るとキャラメル状に!ピキーーーン。
糖度が高いんだろうなぁ。
熱を通すと更に甘味アップしました。


  DSC_0990.jpg
大根で作った3品。

スープは大根の絞り汁とホタテ貝柱(缶詰)の汁を使用。
セリとあおさをプラス。


翌日も、奇跡のトマトと大根を使ってワンプレート。

  DSC_0997_20120220152204.jpg

トマトはやっぱり生がウマいのでスライスしただけで…^^;

大根は少し厚めに切ってフライパンで焦げ目が付くまで焼いて塩コショウして、
「大根ステーキ」に。
ニンニクで焼いた牛カルビと交互に重ねる~。

で、カルビと大根を一緒に食べる~。

  DSC_1001_20120220152211.jpg

ホースラディッスを入れたしょう油ベースのタレとの相性良し。
やっぱり加熱すると相当に甘い大根でした。


いやぁ、トマトにも大根にも参りました!!
しっかり育てるとこうも野菜は美味しくなるのね。


残りの大根。
基本的な大根おろし、ふろふき大根にしようかなぁ。



で、このトマトと大根、今後入手するにはどうすれば良いのだろうか?
聞くの忘れてた
わかり次第、ご報告いたします…

≫ Read More

| 料理 | 16:29 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

香港後の食卓


スーツケースにHEAVYの札を貼り付けられたが(ここ参照)、
HEAVYになったのは私の体も同様。
2㎏増量よ。

どうにかせねば…。

自分の誕生日の食卓はワンプレートにして…

  DSC_0858.jpg お子様ランチ的

量は少ないけど、ハンバーグ、マッシュポテト、トマト&バジルパスタ。
カロリーは抑えられず(笑

 ハンバーグはオーブンで。タマゴも一緒にオーブンで「茹でタマゴ」ならぬ「焼きタマゴ」。
 アルミホイルでタマゴを包んで、オーブンで20分強。

お花のアレンジメントは百貨店さんからいただきました。キレイ。
ついに、大台までラスイチになりましたわん(恐っ


ま、誕生日くらいはイイか。

それからの日々は極力少な目、炭水化物も極力抜いてます。極力だけどね。


  DSC_0852.jpg
「もやしのスープ」(牛肉入ってますけど…)をメインに。



  DSC_0909.jpg
お友達の千葉土産でいただいた「カガミ貝」をワイン蒸しにして、


  DSC_0954_20120217142116.jpg
「チャウダー」に。


スープや鍋料理をメインに食べてます。


野菜もね、

  DSC_0968_20120217142126.jpg
ドレッシングは、
塩麹で漬けたリンゴ、タマネギ、パセリ、白ワインビネガー、オリーブオイル。
 
 巷で大流行の塩麹。このドレッシングに使った塩麹は市販品。
 今、自家製塩麹、作成中。後日アップします。

トッピングしてあるのは、
ダーリンの熱海土産の「蕎麦チップス」。何故か熱海土産(笑

  
  DSC_0965_20120217142121.jpg
「新じゃがのひき肉・豆苗餡かけ」

30個位入った新じゃがが100円~!!
皮付きのママ蒸して、ごま油少々で焼きました。


コレステロールを下げる食材を多く取り入れ、いつもよりは少な目にしてます。
体重もかなり戻ったかなぁ。
ここで気を抜かず、頑張らねばねば。


| 料理 | 14:52 | comments:11 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

親バカ炸裂ですまん。


香港旅行中、お留守番を余儀なくされた晋彦。
私たちより一泊長い、4泊5日の病院併設ホテ~ル♪

母は考えましたよ。
晋彦を飽きさせないプラン。

晋作、2日目にスケーリング。
そして、4日目にトリミング。
彦次郎、5日目にトリミング。

う~ん、楽しそう

いつもお預けする馴染みの病院だし、
晋作は先生大好きだし(彦次郎はわからん)、
先生やスタッフさん達お手すきの時は遊んでくださるし、
朝晩のお散歩もして頂けるし、
全く心配はな~い。
にしても、自分たちだけ楽しんでるのは心苦しくてね。

少しでも気分転換になればと思い計画した次第です。


最も気になっていた、晋作のスケーリング。

お迎えに行った時、真っ先にお伺いしました。
「どうでしたか?麻酔ナシでできましたか??????」


「本当にお利口さんで、最後まで耐え抜きました!
 全く抵抗もしなくて。終了後、沢山たくさん、ハグしてあげましたよ。
 もう、今になっては何のことかわからないと思いますが、
 お家に帰ったら沢山ハグハグしてあげてくださいね!!
 ホントに素晴らしかったですよ。
 育て方も良かったんだと思いますが、
 これは晋作ちゃんの天性の性格だと思います。」


母、感動、感涙。

麻酔ナシのスケーリングの際、
口を閉じさせない為、助手の方が口の中に手を入れて施術するんだって。
晋作は、全くその手を噛むことなくやりぬいたんだと。
その前にスケーリングしたワンコは、イヤイヤを繰り返し、
麻酔ナシのスケーリングは断念…だったんだって。

デキる男だと思っていたが、やっぱり晋作はデキる~
(親バカ炸裂ご容赦願います

ピッカピカの歯になって戻ってきました。

うんとね、彦…

「彦次郎ちゃんは、たぶんムリですねぇ。
 なので、日々の歯磨きがんばってください」
わかってましたが、やっぱりですわ



そんな晋彦の近況。


日中、ほぼ寝っこき。

彦次郎は、気が付けば私たちのベッドルームに侵入。

  DSC_0929_20120215172119.jpg

気持ちよさそうに爆睡。

「彦~!!」の声に反応するも…


  DSC_0925.jpg

鼻回りの毛、寝グセはなはだしい。



晋作はリビングのロッキングチェアーがお気に入りの場所。


  DSC_0936.jpg

スカルクッションとムートンに挟まれ爆睡。


「晋作~!!起きなはれ~!!」

  DSC_0938_20120215172130.jpg

こりゃまた鼻回りの寝グセ半端なし。

3秒後にはまた夢の世界へ戻っていく晋彦。
動物、冬眠の時期なのね。
人間も冬眠したいわさ。


寝顔も寝グセも全てが愛おしい~。
お留守番、ありがとね~。

| 晋作&彦次郎 | 18:02 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2012香港旅行追記

終わったはずの香港旅行記。
書き残したことがあったなりよ。
で、しつこくもう一章。

旅の楽しみのひとつ、スーパーマーケットのことを。

香港、コンビニやスーパー等々、レジ袋は有料です(数円ですけど…)。
なのでエコバッグを持参することをお勧めします。
滞在ホテルによっては、
クローゼット等にショッピングバッグが備え付けられていたりもしますけど。

私が大好きなスーパーマーケットは「city'super
香港に10店舗ほどありますが、
良く利用するのは中環(セントラル)ifcモールにあるcity'super。
紀ノ国屋的なお洒落な高級スーパーで、ここ行くとテンション上がります。
オリジナル商品も多く、
今回はスパイスを大量購入してきました。
高級スーパーでも香港価格だから日本より断然安い。

ここもレジ袋は有料。
だけど、オリジナルのエコバッグが充実してるから持参せずここで購入という手もあり。


  DSC_0951.jpg
しっかりした生地で、デザインも色も大きさも多数あり。
購入したエコバッグ、200円位。
お土産にもイイよ~。


庶民的なスーパーなら「wellcome
年中無休24時間営業。
地域密着型のスーパーなので、香港らしい食材色々発見できますよ~。
見てるだけで楽しい。
出前一丁の香港フレーバー多数ありさ。


これで伝えきれたハズ。


完全燃焼(笑




| おでかけ | 12:41 | comments:11 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2012香港旅行記 最終章

長々~と書き連ねてきた香港旅行記。
やっと完結の章。

  DSCF7613.jpg
ランドマーク、カエルのパペット楽団。
ケローン好きとしての一枚(笑



3泊4日、4日目午前10時半の帰国便。
いつもは午後便なのだが、
晋彦を本日中に迎えに行きたいから午前便をチョイス。

7時過ぎにはホテルをチェックアウト。
残念ながら大変お世話になった日本人スタッフ高橋さん、韓国人スタッフチョイさんは不在。
「色々ありがとう。また来ます。」と別スタッフに伝言をお願いした。

香港ステーションまでのタクシーを待つ間、
フロントでフリーのコーヒーとカップケーキを食す。
(毎朝、サーブされてます)

香港ステーションまでは、目と鼻の先だが、
荷物が重すぎるのでタクシーでね。
香港のタクシー、荷物1個につきプラス5HK$。(1HK$=約10円)
香港ステーションまで、荷物2個入れて300円でした。安っ。

香港ステーションで、航空各社チェックインができます。
荷物もここで預けられるからとてもコンビーニエント!

  DSCF7836.jpg
香港ステーションから、エアポートエクスプレスで空港へ。
左上のカード、ツーリスト用のSuica的プリペイドカード。
往復のエアポートエクスプレス代、3日間MTR乗り放題付きで300HK$。
50HK$はデポジットなので、帰路の空港駅で返却されます(窓口で要申請)。
ツーリストにはとても便利なカード。空港で購入できます。

出国手続きをして、
新しくなったフードコートで香港最後の食事♪

  DSCF7839.jpg
チャーシューパウ、ハーカウ、BBQ腸粉
900円也。

十分ウマイ^^V

香港の空港。JAL専用sakuraラウンジは姿を消していた。
一昨年まではかなり広い贅沢な設えのラウンジがあったのに…。
アメリカンエアー・キャセイと共有のラウンジになってました。
一番奥に一応JAL専用というスペースはあったものの、大規模に縮小。
そりゃそうだ。わ。ね。
キャセイと共有ということもあり、食事は中華が取り揃えられていて魅力的でしたけど(笑


  DSCF7845.jpg
一路、成田へ。

  DSCF7842.jpg すき焼き~。

2月17日公開の「TIME」を鑑賞しつつ、ウトウトしつつ…

  DSCF7848.jpg
あっという間に日本の大陸が…


  DSCF7852.jpg
山肌に映りこむ機影


香港の旅。終了。


  DSC_0882.jpg
買い込んだ食材の数々。
今回はかなり少ない。


  DSC_0908.jpg
お買い上げした皮製品。(後ろの獣はお土産に非ず)
今回はかなり少ない(笑


それでも、スーツケースにはこんな札が付けられていました。


  DSCF7853.jpg



今回の旅の感想。
ランドマークマンダリンのホスピタリティにただただ感動。
そして、
自分の英会話力が地に落ちていたことにただただ絶望。
また駅前留学しよっかなぁ…TT


長々とお付き合いいただきありがとうございました。
香港旅行記、また来年~♪

| おでかけ | 13:59 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2012香港旅行記 その4

3日目の香港。

ダーリン「あのさぁ、風呂入りに香港来たんじゃないんだけど…」
朝風呂満喫中の私に苦言頂戴いたしました~。
ん。ん。確かに。
そこそこに風呂切り上げ、朝食を求め上環(ションワン)へ。

  DSCF7789.jpg
生記清湯牛腩麵家

TX系「男子ごはん」でも紹介された有名老舗ローカル店。
豚骨ベースのダシに湯葉を加えたダシで深夜2時から仕込むお粥。
新鮮な魚の切り身のお粥で有名。
オーダー後、魚の切り身を紹興酒に漬けて、お粥に加えてさっと火を通す。んだって。
確かに、紹興酒の香りホノカニ漂うお粥。合う!

  DSCF7787.jpg
「魚と鶏肉入りお粥」

  DSCF7782.jpg
「魚と豚ミートボール入りお粥」

お粥屋さんに行ったら、油條(ヤウティウ)も必ずオーダーすべし。
それとともにお粥を食す。

  DSCF7788.jpg

ここは、唐辛子味噌が置いてなかったなぁ。
その代わりにネギしょう油。

シングル、ダブル、トリプル。ドンブリのサイズありです。
女性にはありがたい。
知らなかったから、私はダブルをオーダーしてた。
ダーリンはシングル。
回りのネイティブ、私の顔をジロジロ盗み見てコソコソしてたわ。
完食してやったわいなぁ~(笑

香港のお粥は、ここでしか食べられない。絶対食べるべきモノ。
横浜中華街の有名長蛇のお粥店、天と地ほど違うんですけど…。


上環は、お茶屋さんや乾物屋さんが多い、プチ築地的な街。

  DSCF7793.jpg

茶藝館。おススメのお茶を試飲をさせてもらえるよ。
ウーロン茶の新茶、初めての体験。ウーロン茶は年2回収穫できると聞きました。
新茶ウーロン、とおススメのジャスミン茶お買い上げ~。

その後、乾物屋ストリートへ。

  DSCF7791.jpg
北海道産ホタテ貝柱が主力商品な店多し。
一片 HK$○○の量り売りです。
一片とは600g。

日本価格よりもほぼ半額で購入できます。
試食もOK!
ハーフ(300g)で貝柱と干しエビを購入。
購入したモノはパウチしてくれますよ。


ホテルに戻り、私は予約していたSPAへ~。
アロマセラピー90分コース。
  mandarin_oriental_landmark_spa_double_room_thumb.jpg 不覚にも最終的には寝入ってしまった… 

ホテルエステでも香港はお安い。
ドライサウナ、ミストサウナ、ジャグージは宿泊者無料なのは当たり前にしろ、
90分のエステで1万4000円弱で極楽は格安かと。

その間、ダーリンはSPAだけ利用し、
街歩きへ。

   DSCF7796.jpg

  DSCF7797.jpg

おひとり様飲食してきたらしい。

  DSCF7800.jpg
ファミレス的・茶餐廰(チャーチャンテン)にて。

うまそやないですかぁ~。
ダーリン「そーでもないよ。」と言ってたけど…
腹へりましたがな。


目いっぱいお洒落して、ディナーに向かうぞよ。
私たちが大好きなミシュラン3つ星のレストラン「龍景軒(ロンゲンヒン)」。
今回で4回目の来店なり。

フォーシーズンズのメインダイニング。

 マンダリンのコンシェルズから予約してもらったものの、
 一度は満席にて予約できず。
 「いつもはすんなり予約できたんですけど…。フォーシーズンズに宿泊してたからかなぁ?」
 的に少々ゴネてみたら、
 何だか裏的ネゴを使って下さった。
 「普通は1ヶ月前じゃないと予約できないんですよ。
  私たちもビックリしましたが、予約取れました!」
 と。ゴネてみるもんだ(すんません
 ネゴしてくれた、男性スタッフには超笑顔でアリガトウ!!連呼したよ(笑


 DSCF7804.jpg DSCF7806.jpg
  シャンパンで始まる至福の食     おともはイカ団子と椎茸のフライ


九龍島の夜景堪能できるシートでディナーが始まる。
  DSCF7814.jpg

 DSCF7808.jpg    DSCF7809.jpg
グラスワインよりも格安なNZのピノノワールフルボトルで  薬味3種

  DSCF7815.jpg
ジェントルなソムリエさ~ん

  DSCF7811.jpg
ハチミツで仕上げた叉焼

香港の叉焼は絶品なのよ。またまたオーダー。

 DSCF7816.jpg DSCF7818.jpg
       蟹卵入り酸辣湯               ガルーバ入り酸辣湯


絶品フカヒレスープがここの楽しみの一つだったんだが、
メニューからフカヒレが消去されてました。
気仙沼の地震被害を慮って&サメ保護の風評により取扱い自粛。
噂は聞いていたが、ここもだったんだなぁ。しくしく。
それでも、このスープは相当にウマし。

  DSCF7820.jpg
おススメのエビ料理。

タマネギと大エビのコラボが結構斬新。

そして、
ここに来たらコレ!!


  DSCF7822.jpg
土鍋仕立て 骨付き鶏とトリュフ

土鍋のフタを開けた瞬間、トリュフが香り立つ~
これはまさに至福の料理。
何度食べても笑っちゃうんだよね~。
ここの一押しです。


  DSCF7826.jpg

鶏食べながら、青菜炒もね。
これは豆苗のガーリック炒め。
日本の豆苗よりも肉厚なのね。
ああ~、全てウマし。


 DSCF7827.jpg DSCF7828.jpg
ポーレイとサービスデザートで〆。

御馳走様でした。
円高により、3つ星でもかなりお安くいただけましたわ。
満足。満腹。
ここ、やっぱり好き~❤❤❤


そして、この日もホテルに戻りチョコを食べ半身浴。

  DSCF7831.jpg

半身浴のトモの小説。
ホテルオリジナルのシオリ。こっそり挟んでくれてるんだよね~。

| おでかけ | 19:55 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2012香港旅行記 その3

今回は長いよぉ~。心してお読みください。


香港2日目。

私が朝風呂に入っている間に、ダーリンお出かけ。
朝食を買ってきてくれました。


  DSCF7673.jpg

エッグタルトと言えばマカオですが、
香港にも多数のエッグタルト屋さんがあります。
パン屋さんで売られていることが多いですが…。
1個50円位よ。
エッグタルトの人気店ではあっという間に完売。

左のは、「ABC餅屋」のエッグタルト。ヌガーで有名な店。
右のは、「泰昌餅家」の。老舗ベーカリー。超有名店。

前回も食べ比べたのよね。この2軒。
前回はABCの方がカスタードが濃厚だと感じたのに、
今回は泰昌の方が断然濃厚で美味しかった。
その時々によって味にバラつきがあるのかもなぁ。

他にも、
 DSCF7674.jpg DSCF7675.jpg
泰昌餅家のチキンクリームパイ・叉焼パイ。     ABCのBBQポークパン。

流石に全部は食べなかったよぉ(笑
BBQポークのパン、うまッ。


軽~く朝食を済ませ(爆)、MTRで九龍島へ渡る。
尖沙咀(チムサーチョイ)のペニンシュラでXO醤を買って、
シェラトンホテルの地下にある「MILANO」へ。
香港来るたび立ち寄る、オリジナル革製品のショップ。
スタッフのお姉さんとは既に顔なじみで、「また来たね~♪(日本語)」と歓迎のお言葉さ^^
またまた一期一会のイイ物に出会えた!バッグとブーツ購入~♪


そして、九龍駅へ移動。
昨年オープンした世界で4番目に高い「ICCビル」へ。

  DSCF7761.jpg 夜のICC

このビルの102階~118階、地上490mの天空に「ザ・リッツカールトン香港」!!
世界一高いところに位置するホテルだーーーーっ。

102階にある「天龍軒(ティンロウヒン)」で飲茶ランチよん。

 *余談ですが…
  予約困難な超人気店と聞いていたので、
  マンダリンのコンシェルジュに予約してもらいました。
  私たちがお願いした金曜日は既に満席。
  予約可能な木曜日を仮押さえしてくださってた。ありがたやぁ。


  DSCF7685.jpg

窓際ではないにしろ、かなり広いテーブルをリザーブしてもらえました。

眺望を期待していたのだが、
窓から見える景色はまっちろちろ。
「ほぼ毎日、外はこんなにスモーキーなの?」と聞くと、
「ほぼそうです。Sorry!」
香港、やっぱり、だよね~。


店内、3階分位の吹き抜けで解放感あり~の、高級感ありあり~の。

  DSCF7688.jpg ニンマリの図


 DSCF7693.jpg DSCF7694.jpg
蒸しモノの叉焼包(チャーシューパウ)は飲茶の定番。
これは焼きモノの叉焼餐包(チャーシューチャンパウ)。
表面はメロンパンのようなサクサク生地。激ウマ。

 DSCF7696.jpg DSCF7698.jpg
  アワビ・ホタテの蒸し餃子キャビア添え       フカヒレ餃子のシャンタンスープ

 DSCF7700.jpg DSCF7701.jpg
 はずせない定番、エビ蒸し餃子・蝦餃(ハーカウ)   春節特別メニュー 海苔・牡蠣・冬

蝦餃は金粉トッピング。
春節後ではありましたが、特別メニューの開運や財運を祈願したメニューが多くありました。
これで我が家も今年一年安泰だ~ね~。

 DSCF7705.jpg DSCF7706.jpg
ザボン・マンゴーのスープ(楊枝甘露)&ゴマ団子   サービスのデザート 

飲茶自体は、ちょっとパンチに欠けたかも。
高級飲茶なら、
ペニンシュラや、アイランドシャングリラ、カオルーンシャングリラの方がイイかなぁ。
と個人的見解。

  DSCF7707.jpg
とはいえ、ロケーションやラグジュアリー感は好き♪


ICCビルの100階に「SKY100」という展望デッキあり。

  DSCF7711.jpg
エレベーターで100階まではわずか1分。
耳がキンキンしまくりですわ。

  DSCF7715.jpg
100階からの眺望。
スカイスクレーパーも眼下に。
夜景はきっと素晴らしいに違いない。けど、この日、16時でクローズだってさ^^;
しばし、ここでまったりして…。
一階に下りて…

何故かタンタンとスノーウィがいたので記念写真!

  DSCF7682.jpg
映画のプロモーションだよね。私大好きだったから人目もはばからずニンマリ。


あれ?
アフタヌーンティ忘れてない?
って話になり~の(爆

インターコンチに向かう、食い倒れマジか!?の二人。

  DSCF7735.jpg
こんな景色を見つつ、まだ食べるんかいな!!に挑む。

  DSCF7730.jpg
ムリだよね~と言いつつ、クリア~。

  DSCF7727.jpg スコーン4個

流石にこれはギブ!!
ドギーバックしてもらい、日本まで持ち帰りました(笑
ドギーバックが当たり前の香港、レンジOKのタッパ―ウエア的な容器に詰めてくれました。

 DSCF7731.jpg ダメ押しのオレンジババロア完食


  DSCF7748.jpg

スターフェリーに乗り、香港島へ戻る。
セントラルで食材の買い物等々でブラブラして、ホテルに戻り、また街へ。

20時頃、ディナーしよっかなぁ。
と、SOHOへ。
欧米人が多いオシャレな地区。
BARやこじゃれたレストランんが点在。
しかし、傾斜激しい坂道の街なのね~。
老体に鞭打ち、登る、登る!

私が最も好きな四川料理。
前回もSOHOの四川料理屋で満足至極だった。
今回もそこで!と思っていたのだが…。
ダーリンが見つけてくれたよ、ミシュラン一つ星を取ったSOHOの四川料理屋さん。


  DSCF7767.jpg
Chilli Fagara

ここはまだ、日本の観光本には載ってない穴場。
だけど、現地の欧米人に超人気で、1時間半ウェイティングしました。
近くに沢山バーがあるから、そこで飲みつつ待てばよし。
私たちもそうしましたわいな。


 DSCF7768.jpg DSCF7770.jpg
 ビールはドンブリで飲むべし          付きだし3種。辛くない、ちょっと辛い、激辛い。

  DSCF7777.jpg
名前忘れたけど、鶏料理^^;
パリパリに揚げたバジルと共に激辛~いチキンを、タイ米と食す。
至福!
そして、辛さはホドホドの茄子の唐辛子炒め。
これももう私の胃袋ガッツリつかむ!!
やっぱり、四川最高!

で、〆はやっぱりこれやね~。

  DSCF7779.jpg
暗くてわかりずらいけど、坦々麺なりぃ。

スープまで飲み干した。
香港の坦々麺で一番!でした。
腹いっぱいでも、腹がはち切れそうなヤバイ状況で自分を見失いそうな時でも、
自分を嫌いになりそうなときにでも、
これは食べられる!!

ひーーー。2日目、飛ばし過ぎ。
しかも、ブログ長過ぎ。

かさねがさね、すまんす。


  DSCF7762.jpg

香港初上陸appleストア。激混みでした。


つづく。

| おでかけ | 18:04 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2012香港旅行記 その2

買い物を終え、ホテルに戻り、MTR(地下鉄)に乗り、ワンチャイへ。
食い倒れの一食目はマレーシア料理。
お~い、中華じゃないのかいな。
はい、はい。ご批判はごもっともですが、
前回の旅で、めっさ気に入り、香港旅を決めたときから一食目はココ!!
って決めてたんだよねぇ。


  DSCF7631.jpg
「 莎巴馬來西亞餐廳  SABAH(サバ―)」

ネイティブに人気の店。
前回行ったとき長蛇の列だったから早め、18時に来店。
すんなり入店。


  DSCF7617.jpg
ビールはチンタオ。ナプキン巻き巻きでやってくる。
心遣いやねぇ(笑

ここに来たらこれ!

  DSCF7621.jpg
「海南鶏飯」ハーフサイズ。
ドンブリご飯と海南鶏、スープ付き。
ここの海南鶏は、やっぱり間違いない。

  DSCF7624.jpg
鶏を茹でたスープ。これタライで飲みたい。

  DSCF7622.jpg
エビとじゃがいもの辛~い炒め物。3段階の辛さがメニューに表示されてます。
これは最辛の3。赤唐辛子がめっさ入ってます。
ウマイ。

  DSCF7627.jpg
空芯菜の干しエビ炒め。
香港は青菜の炒め物、はずせません。っていうか、はずれなし。
しかも、ボリュームが半端ないですわ。
回りのお客様、ほぼみんながこの一皿をオーダーしてました。

もう一品、カレー系をオーダーしたかったんだけど、
たった3品でかなりヘビー。
ここでギブ。次回へ持越し~(笑

腹ごなしに徒歩で隣駅コーズウェイベイへ。

  DSCF7633.jpg

デザートを食べに向かった店は、

  DSCF7644.jpg
「五代同糖」

やはりネイティブに人気のスイーツ店らしい。
ここのドリアン入りフォンダンショコラがウマい!との評判を聞きつけ…

メニューを見たら「ない!!」
店員さんに聞いたら、「ドリアンの季節じゃないから、ない」と。
くーーー、そっかぁ~。
夏なのね。

でも折角なので、フォンダンショコラをオーダー。

  DSCF7638.jpg
普通に美味しい(笑
でも、このプレートで400円は安いよねぇ。


ここは香港スイーツの他に、スフレも充実。

  DSCF7640.jpg
マンゴースフレ。

マンゴーが沢山入ってましたよ。これも普通に美味しい^^;
これは380円。やっぱり安い。



ワンチャイ、コーズウェイベイ周辺は庶民的な街。

  DSCF7649.jpg
屋台も多く見かけます。
午後10時頃、かなりな賑わい。何故かほぼ女性客。
その場で立ち食いです。
それはどこの部位だい?って感じの臓物がブリブリ入った煮込みがウマそう。
流石にもう腹いっぱいで食べなかったけどね。。。
活気あふれる屋台見てるだけで楽しい。

以前ここで食べた串刺しにされたシュウマイ、美味しかったなぁ。


  DSCF7650.jpg

トラム(路面電車)に乗り、ホテルのあるセントラルへ。


1階にあるBAR「MO Bar」で香港初日を〆ますか。

  DSCF7659.jpg 薔薇的カクテル

おススメのカクテルちょーだい。
で、出てきたカクテル。
ウォッカベースにピンクグレープフルーツ。
薔薇の花びら入り。
ちょいスイート。
あっという間に飲み干し、お次へ。


  DSCF7662.jpg アジアンなカクテル

これもオリジナルカクテル。
ジンベースに、なんとパクチー。
パクチー好きな私、グッチョイス!


  DSCF7661.jpg
Mo Bar 朝食からランチ、アフタヌーンティ、プリフィクスディナーまで。
一日フル稼働してます。

  【MO Bar】

   G/F, Landmark Mandarin Oriental,
   15 Queen's Road, Central, Hong Kong
   中環皇后大道中15號置地文華東方酒店大堂

   ℡2132 0077


部屋に戻り、さぁお風呂~。

いや、その前にチョコレート(笑

  DSCF7666.jpg

毎夜、ベッドサイドにさりげなく置かれているチョコレート。
しかも「ラ メゾン ド ショコラ」のチョコ


さぁ、半身浴1時間。
体重落として、明日へ臨むぞ!!

つづく…

| おでかけ | 14:04 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2012香港旅行記 その1

2月1日から3泊4日、10数回目の香港旅行。
またまた食い倒れてきましたわ。


  DSCF7758.jpg


今回もJALのマイレージでビジネスクラスの航空券ゲット。
最近は何でもオンラインでサクサクッとできちゃうのよね~。
前々回の記事にも書いたんだけどさ。
ネットで航空券予約して、座席指定して、チェックインして、
ボーディングパスも自宅のプリンターで出力して。
当日、JALのカウンターに寄らずして出国できちゃう。
A4のコピー用紙が航空券って、全く味気ないわ~。

荷物もそう。ネットでJAL手ぶらサービスを予約して、
集荷してもらって、そのまま香港の空港までダイレクト。

便利な世の中になったものだ。しかし、味気ない。



今回、行きは羽田から。
羽田国際線ターミナルが新しくなってから初めて利用。

 DSCF7586.jpg DSCF7591.jpg
sakuraラウンジ。
成田程の広さはないにしろ、wi-fiや電源、充実。
食事は和・洋そこそこ^^;

羽田を立って最初の食事、機内食。
もちろん期待はしてませんけど…。

「街の洋食屋さんシリーズ」が好評だと聞いていたので洋食をチョイス。

 DSCF7594.jpg DSCF7599.jpg
ダーリンはメインを「イベリコ豚ベジョータのミラノ風カツレツ」
私は「国産牛ハンバーグステーキ」をチョイス。

あらビックリ!!
期待に反し、ウマイ(笑
パンも米粉パン、バターは北海道手作りバター。
前菜ボックスも美味しいんですよ。ワインがすすむ。
JALさん、頑張ってますねぇ。

ちなみに、詳しいメニューはこちら

 DSCF7592.jpg シャンパン飲みつつ映画鑑賞。

「Real Steel」に涙し、
「クロサワ映画」で爆笑し…。あっという間に香港到着。


  DSCF7801.jpg
宿泊は2度目の「THE LANDMARK MANDARIN ORIENTAL HONG KONG」

小じんまりとした佇まいだが、部屋の広さは香港随一とか。

 DSCF7600.jpg DSCF7601.jpg
      リビング                   この円形の壁の向こうは…

  DSCF7605.jpg
でっかいバスタブのあるバスルームなのであ~る。

 DSCF7602.jpg DSCF7604.jpg
       ベッドルーム               バスルームのドレッシングコーナー


  DSCF7603.jpg

スタイリッシュで広い室内。

とても快適。
室内もさることながら、このホテルのホスピタリティは最高でした。
何度スタッフの方にアリガトウ!!と言ったことか。
ま、その話題はおいおい…と。


ホテルにチェックインして、
SPAの予約とレストランの予約をコンシェルジュにお願いして、いざ街へ!!


  DSCF7611.jpg 2階建てバスに乗り


毎回初日に出かける「PRADA&miu miu」のアウトレットへ(笑
かなりわかりにくい場所にあります。
以前の記事を参照してくださいませ。

昨年リニューアルオープン。
以前に比べ、商品が大充実。この秋冬モノも沢山アウトレット価格で揃ってました。
miu miuのシューズ2足お買い上げ~♪
日本のショップに比べ、小さいサイズも揃っている香港。
マヌケの小足、22㎝の私にはありがたき香港。


お腹空いた~。
初日のディナーへ!!


は、つづく…(すまんす)

| おでかけ | 16:32 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

香港満喫中


香港2日目も、まもなく終了。
いやぁ~、すでに食い倒れ間近。
お腹の皮が半端なく伸びきってます(笑


  DSCF7736_convert_20120202234704.jpg

| おでかけ | 23:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月