シュフズテーブル ~主婦の食卓~

家庭料理研究家の日常食卓メモランダム。 そして愛犬『晋作』と『彦次郎』のこと。

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

≫ EDIT

梅咲けど…


昨日の砧公園。

  DSCF6351-1.jpg

赤、白、ピンクの梅。3分咲きってとこかなぁ。
かなり暖かかった日曜日。

そして本日、雨。
気温は真冬に逆戻り。

体調管理が難しいよねぇ。

先週末から風邪ですわ。
久々に熱出ました。

気合いが足りないんだわ、きっと。

  DSCF6354-1.jpg
ダーリン&晋作&彦次郎は元気です。
スポンサーサイト

| マイセルフ | 14:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

干物食べ比べ

ダーリンの今回の日帰り出張土産は、干物どっさり。


下田にある老舗干物屋さん2軒の干物を食べ比べてみました。
一軒は「天日干し」にこだわる店。
 天気が悪ければ商品を作らない。
 天候次第の商売を頑固に貫く心意気がイイねぇ。

そしてもう一軒は「機械干し」にこだわる店。
 天日干しよりも、絶対機械干しの方がウマイ!と。店主。

どうなのよ?

同じ位のサイズの鯵を同じ条件で焼きました。
  
  DSC_0213-11.jpg

左が「天日干し」、右が「機械干し」。

ダーリンも私も意見が一致。
明らかに、「機械干し」の方がウマイ。
断然ウマイ。

脂の乗りが全く違う。
ジューシーだし、魚の旨味が存分に感じらせた。

天日干しだと、脂が落ちすぎてしまうのかなぁ?
単独で食べれば、十分美味しい「天日干し」の鯵も、
比べてしまうと…。


あくまでも1サンプルの見解なので、絶対的な結果ではないにしろ、
意外な結果にビックリでした。

機械って、スゴイね。
あ。しかも「機械干し」の方が価格が安いのよ。(ダーリンチェックで私の勘違いが発覚^^;
天日干しよりも価格が高いのもうなずける。ってもんだ。


この日の夕飯は、干物の他に、

  DSC_0209-11.jpg

紀ノ国屋で「すし萬」のお寿司が半額だったのぉ~♪
で、盛っただけ。


 DSC_0204-11.jpg DSC_0211-11.jpg
「カボチャとスナップエンドウの蒸し煮サラダ」    「のびるとあさつきのお浸し」

と、トマトの味噌汁でございました。

  DSC_0217-11.jpg


干物ドッサリ。
まだまだ楽しめまぁ~す。
毎度、お土産沢山あざーーす。

| 料理 | 13:09 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

玉三郎を囲む会

コカプ友「appi家」の2代目ニャンコ、『玉三郎』に会いに行ってきました。

  DSC_0079-1.jpg

まだ10ヶ月のキティ、たまちゃん。
目がクリクリで、しかも真ん中に寄ってて、超カワイイ♪

コッカプーの小梅ちゃんと同居してるからワンコには慣れている。
とはいえ、

  DSC_0061-1.jpg

いきなり3頭の新顔ワンコが乱入した日にゃ、ビビルよね。
納戸に速攻避難。

この日、我が家の他に、しゃち家も合流。

appiちゃんが用意してくれた沢山の美味しいお料理と、
しゃちよさんが持参してくれた美味しいハムをつまみつつ(ガッツキつつ)、トーク、トーク。

  DSC_0047.jpg
  この食卓の他にも、キッシュ、レンコンのチップ揚げ、チリコンカンなどなど…。
  私としゃちよ、食いしん坊女は延々と食い倒れておった。旨いんだもぉ~ん。


ランチがひと段落した頃、たまちゃん登場(半ば強引に…)。
で、撮影大会。

  1223333.jpg

  DSC_0055-1のコピー


  DSC_0077-1.jpg

緊張の続くたまちゃん。
それでも暴れることもなく、
色んな人に抱っこされても、爪出さない良い子ちゃ~んなのぉ。
LOVE!


  DSC_0065-1.jpg
何度か逃亡するも、
時間を追うごとに少しずつ慣れてきたかなぁ?


猫大好き彦次郎。
しかし、こんなに近くで猫と過ごすのは初めて。
視線を合わせられない…。

  DSC_0073-1.jpg

  DSC_0072-11.jpg

  DSC_0075-11.jpg

人間達は、デザートタイム。

  DSC_0063.jpg ピーナツバターとバナナのケーキ
  ダーリンに手伝ってもらいつつ、この日の朝焼いて持参しました。

人間達はまたまたトーク、トーク。
気がついたら、こんな感じの豆千代と彦次郎。

  DSC_0081-11.jpg

  DSC_0082-1.jpg
ソファーと壁の間を凝視する、豆と彦。

ソファーと壁の間に何がある?

  DSC_0084-1.jpg


たまちゃん、沢山ストレスかけてごめんね。
でも、また行くぞ!
イヤだと言われてもまた行くぞ。
だって、もうメロメロですもの、玉三郎に♪

appiちゃん、ただひたすら食べ続け、しゃべり続け、
何もお手伝いしないで帰ってきたご無礼をお許しください。
でも、また行くぞ~。
イヤだと言われてもまた行くぞ。

いとちん、しゃちよさんも、また一緒に押しかけようね~ん。
イヤだと言われても、一緒に押しかけようね。


まみさん、appiちゃん、ホントに楽しい一日をありがとさ~ん。
そして、美味しい食事をありがとね。お疲れさんま。
  

| おでかけ | 18:30 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

蕎麦打ち体験


ダーリンが以前参加した「蕎麦打ち体験」。
負けてはならぬ!と、私も参加してきちゃったわ。


  DSCF1069-1.jpg
先生は、お蕎麦屋さんをも師と仰ぐ方。
蕎麦打ちすぎて、腱鞘炎が悪化して、手首がもう曲がらないんだってTT


  DSCF1074-1.jpg
そんな偉大な先生に、マンツーマンで蕎麦打ちノーハウをご伝授いただいたド素人。

勝手がわからず、ひとつひとつのやり方に戸惑う。
こね方と、麺棒使いは褒められた!!

けど、見るに見かねて、何度も手助けしていただく…。

伸ばす作業のメソッドがイマイチ理解できなかった。脳の老化だわ。
切る作業もやっぱり大変。
あんな包丁持ったことないしねぇ。


  DSC_01892-1.jpg
バラエティに富んだ太さの蕎麦が出来上がりました(笑

でも味はグッ!!コシが強い!先生のお墨付きもいただきましたぁ。

その場で一皿食べて、
後はテイクアウト。


  DSC_01922-1.jpg
鴨南セイロ、辛味大根おろし蕎麦でいただきました。


  DSC_01982-1.jpg
自分で打った蕎麦はまた格別。
でもね、悔しいけど、包丁使いはダーリンに軍配。

リベンジの機会は来るのか!?


蕎麦打ちの翌日。

きたぁーーーーーーっ!
き、き、筋肉痛~。腕が。
蕎麦打ちの大変さを思い知った体験でした。
でもとっても楽しかったよん。

| おでかけ | 10:23 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トークショー


日曜日。
百貨店さんのご招待で行ってきちゃった。


   DVC00025-1.jpg


旬な方なので、面白いかなぁ~って思ってさ。

今までの経験で、トークショーってただ単なる雑談って感じで、
たいして面白くもない。もの。

彼のトークショーは、なかなか共感できる内容でした。
ポジティブな思考、楽天的とも言えるけど、
そんな生き方、私は好きだから。
知的な面もいやらしくない程度に垣間見れてね。

ああ。しっかり素足にスリッポンでした(笑
エナメルの黒いシューズ。
タキシードジャケットは裏にスワロフスキーがキラメキ、
ヒラヒラのドレスシャツを素敵に着こなしていらっしゃいました。


   DVC00011-1.jpg

撮影禁止!だったのに、チョロッと撮っちゃいました。
なのでブレブレ。

トークショー終了後、お客様をお見送り。
ひとりひとりに握手。

ダーリンと私に「いつまでも仲良く、お幸せに。」
と言ってくれました。

「あなたこそっ!」と、心の中でつぶやいた私でした。

| おでかけ | 12:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

週末のブレックファースト

東京、初積雪。


  DSC_020522.jpg

ほんの2センチ程でしたけどねぇ。
それでも交通網はマヒ。
ほんとに雪に弱い東京です。





私の心の師匠「chi-biさん」
彼女、Webでジャム屋さんもやってます。

     shoplogo2.jpg 

子供にも安心して食べさせられるジャム!
をモットーに、素材を吟味して丁寧に作られているジャムやピュレ。
忙しい仕事の合い間に、時間をかけて作られています。

2度目のお取り寄せいたしました。


  DSC_0174-2.jpg
手前から、「ゆり根のピュレ」「黒豆のピュレ」「プルーンのピュレ」


ゆっくり味わいたくて、休日の朝食でいただきました。

  DSC_0178-22.jpg

美味しいバケットは必!
最近のお気に入り「TOLO PAN TOKYO」のバケットでね。

ピュレの他に、梅山豚(メイシャントン)の生ハム、サラミナポリ、
ローズマリーのハチミツ、サワークリーム、マスカルポーネ、
ブルサンのブラックペッパー味を用意。

色々好き勝手に組み合わせていただきました。

 DSC_0181-22.jpg DSC_0182-22.jpg
ゆり根のピュレと生ハムとサワークリーム。ハチミツを少しかけて。とか、
黒豆のピュレとマスカルポーネ。とか、
プルーンのピュレにサラミとサワークリーム。とかね。

それぞれがしっかりその素材の味を主張していて、
それでいて繊細で。
ホントに美味しかった。
2人でバケット1本食べちゃったわよぉ。

それでもまだ食べたりないホドでした。

お1人でコツコツ作っていらっしゃるので、数に限りがあります。
気になった方はお早めにど~ぞ♪

≫ Read More

| 料理 | 13:55 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Restaurant Sen

久々の外食。

建国記念日の2月11日、
雪降る中、九段下にある「Restaurant Sen」へ。

 sl_1_l.jpg


昨年10月にオープンしたフレンチレストラン。
以前私が好きだった「ピエール・ガニェール」(一度クローズし、現在、地を移して再オープン)の
ソムリエさんがこの店のソムリエ兼マネージャーさん。
ご案内状を頂いていたのに、4ヶ月経ってやっと…^^;

シェフは「モナリザ」、「ガニェール」(各ミシュラン星獲得店)のシェフを経て、
独立されたSenさん。

こじんまりとしてセンスの良い店内。
期待高まる。


まずは、シャンパンで乾杯して、

  DSCF1048-1.jpg
「アミューズ・ブーシュ」
  チーズ入りのシュー生地(グジェール)とアピオスのフライ
  グジェールは、ほうれん草・ビーツ・ウコンの3種。


  DSCF1050-1.jpg
「1996年 ブルゴーニュ」 
  私達が大好きなピノ・ノワール。

 DSCF1052-1.jpg DSCF1054-1.jpg
  「トリュフと蕪のスープ」              「タラの白子のフラン 根セロリのソース」


  DSCF1058-1.jpg
「金目鯛とチリメンキャベツのア・ラ・ヴァプール」 

 金目鯛をチリメンキャベツで巻いて蒸した一品。
 火の通り加減が絶妙で、ふわっとジューシーな金目鯛。
 

  DSCF1059-1.jpg
メイン、私は「蝦夷鹿」をチョイス。

  エゾ鹿の前足部分をワインで煮込み、
  ほうれん草のペーストと薄いパイ皮で包みローストした一品。
  ああ。中心にフォアグラがサンドされてました♪

  肉はホロホロ~っと。
  カシスソースとの相性、さいくぉーーーう。


  DSCF1060-1.jpg
ダーリンは「牛フィレのロースト」

  牛フィレの周りにフォアグラが。
  これまた絶妙な火の通り具合。
  全体にほんのりピンク色。
  肉汁がジュワーーー。


かなり王道な「THE フレンチ」です。
とはいえ、濃厚なバターたっぷり昔ながらのフレンチには在らず。
最近食が細くなった私達でも、フルコースをペロリといけましたもの。
食材に妥協がなく、良い質にこだわって、全力で作ってます!
という姿勢が強く感じられたお料理でした。
オーナーシェフがお1人で作られているんですよぉー。ブラボー。


そして、別腹さん登場。

  DSCF1062-1.jpg

むふふ。
この日、私のお誕生日の会でしたの。もう既に4日過ぎてましたけど…。
お誕生日プレートにしてくれました。
うれしい。おいしい。


  DSCF1063-1.jpg

ソムリエさんからは、シャンパンのプレゼントが。
シャンパンってデザート酒でもあるんだって。
知らなかった。
乾杯のシャンパンより、少し重量感のあるスパイシーなシャンパンでした。
これまたウマイ。


この後、ハーブティをいただいて

  DSCF1064-1.jpg 宴は終了。


大満足。
駅から少々歩きますが、わざわざ行きたいお店。

シェフとソムリエさんとの会話もまた楽しい、
アットホームでありながら、本格フレンチレストランです。

| 外食 | 15:31 | comments:13 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

久々の揚げ物 カキフライ

なんとなぁ~く避けていた揚げ物。

どうしてもカキフライが食べたくなって、久々解禁。


  DSC_0121-1.jpg
大粒の広島カキ。

いざ!カキフライ。
と思ったら、パン粉がないじゃーーーーん。
冷凍してあったバターガーリックフランスパンをバーミックスでパン粉に。
冷凍パン、あってよかったぁ。

カキフライと、山菜「のびる」のフライ。
すだちか、スイートチリ&ケチャップのソースで。

 IHクッキングヒーターは揚げ物が得意です。
 設定温度をずーーっと保ってくれるので安心。



  DSC_0122-1.jpg
「新じゃがのオーブン焼き」

  茹でた新じゃがの上に、リコッタチーズ、ゆり根サラダを乗せてオーブンで。
  「ゆり根サラダ」は、ポテサラのジャガイモをゆり根に代えて作ったもの。
  心の師匠「chi-biさん」が作っていて気になってたんだぁ。
  chi-biさんのレシピを相当簡単に大幅に端折って、
  ゆり根とビネガーとマヨネーズだけで作りました。
  

  DSC_0126-1.jpg
「レンコンとえのき、昆布の蒸し煮」

  出汁を取るときに使った昆布で。
  まだまだイイダシだしてくれます。


鍋もいいけど、
カキはやっぱりカキフライが好きやわぁ~♪



雪の中トリミングに行ったお子様たち。
スッキリして帰ってきました。

  DSC_0152-11.jpg
既に、鼻横の毛、寝癖ついてるけど…。

  DSC_0136-1-1.jpg
彦も、やっぱり寝癖…(笑


相当スッキリしたので寒いらしい。
晋作、朝の散歩、震えっぱなしでした。
ダウンベスト着せてるにもかかわらず…。
軟弱なおやじ、晋作。

| 料理 | 13:15 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鍋、鍋。


今朝の東京。

  DSC_0115-21.jpg

わかりにくいけど、雪。ぼたん雪。
ほんの1時間程でやんでしまったけど、
今年初めての本格的な雪でした。

春の足音が聞こえてきてたのに、真冬に逆戻り…。
とにかく寒かった。

そんな中、晋彦をトリミングへ連れて行ったわよぉ。
カートに乗せてね。

今現在、東京は晴れ。
気温も10℃を越えるらしい。
移り気なお天気だこと。



IHクッキングヒーターにして土鍋が使えなくなった。
と、以前書きましたよねぇ。

結局、買いました。
結局、ルクルーゼを買いました(笑

ジャポネーズというライン。
土鍋代わりに使ってね!という商品かと…。

で、ここのところ、鍋の食卓が続いてます。


  DSC_0081-1.jpg
「鴨鍋」

  ふきのとうが出始めたので、ふき味噌を作りました。
  出汁のベースにふき味噌の鴨鍋。

  〆はやっぱり蕎麦でしょ。


  DSC_0109-1-1.jpg
「薬膳風鶏鍋」

  高麗人参、クコ、ショウガ、ニンニク、ネギ、唐辛子、骨付き鶏モモ。
  ゆっくり出汁を取って、薬膳風のスープに。

  DSC_0112-1.jpg
スープ、相当ウマイ。

  DSC_0088-1.jpg
「明石タコのカルパッチョ韓国風」

  キムチ、ごま油、藻塩、黒コショウ、パクチー、大葉。

  〆はおじやに。卵でとじてね。


ルクのジャポネーズ。
とても使い勝手が良いサイズです。
土鍋よりもお手入れ簡単だしね。

ああ。また増えてしまった。

| 料理 | 12:25 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

巻いて巻いてぇ

今頃だけど、節分の日。

ちゃんと豆まきしましたよ。  

  DSC_0052-1.jpg
毎年いただく「銀座あけぼの」の福豆で。
干支の枡に入ってるの。カワイイでしょ?


  DSC_0006-1.jpg

日本酒で乾杯して、

  DSC_0008-1.jpg
「恵方手巻き寿司」

太巻きだと、一本食べるの大変~。
おちょぼ口の私としては…(大嘘

色んな具を好き勝手に食べたいから、手巻きにしました。
その方が簡単だし(笑

 まぐろ、帆立、甘エビ、鯛、カンパチ、サーモン、イクラ。
 アボカド、豚肉時雨煮、どんこ甘辛煮。
 
 山わさび、明太子マヨネーズ。

  DSC_0020-11.jpg 巻いて、巻いてぇ。

その他、
 菜の花ピーナッツ味噌和え。
 自家製切り干し大根とアサリの味噌汁。


デザートは、

  DSC_0026-1.jpg
「ローソンのUchi Cafeシリーズ」の節分ロール。
竹炭入りのスポンジに、黒ゴマクリームと丹波の黒豆が巻いて、巻いてぇ。
おいち。


  DSC_0046-1.jpg コスプレ中の晋彦には、

  DSC_0075-1.jpg
節分とは全く関係ありませんが、
マグロ血合いジャーキーを焼いてあげました。

これだけできて、原価150円!

大喜びの晋彦さんでした。

あ。ちゃんと福豆も食べたよね♪

≫ Read More

| 料理 | 13:42 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

節分

鬼は彦。
福は晋。


  DSC_0036-1.jpg


2人とも、相当機嫌悪い(笑
しかも、相当モッサ。

| 晋作&彦次郎 | 11:45 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フェットチーネのビーフストロガノフソース

モラタメさんの「タメす」で取り寄せた今回の商品は、

  2573_item_20101220_163309.jpg 「マ・マー プレーンパスタ スパゲティ 2種/生パスタ 2種」


冷凍パスタです。
レンジでチン!できます。


4種類の中から、
  4902110357547.jpg 「マ・マー 生パスタ フェットチーネ」
こちらで一品。


  DSC_1007.jpg
「フェットチーネのビーフストロガノフ風ソース」

  牛肉、タマネギ、ニンニク、赤唐辛子、トマト缶。
  ソース(今回はどろソース使用)、牛乳、ガラスープの素。
  煮込んで、簡単ビーフストロガノフ風ソース完成。
  パルミジャーノを沢山ふっていただきます。

パスタはレンジで3分チン。
2人分を一緒に温めるには、600Wで5分は必要。

元々、茹でただけのパスタにソースをかける、というのが好きではないので、
レンチンパスタも一度オリーブオイルでサッと炒めました。

って、レンチンパスタ=時短 の意味がないかぁ^^;


最近の冷凍食品の技術ってスゴイね。
モチモチの食感でした。



今、モラタメさん、
ワンコのフードとか、ワンコのおやつとか、人間のカレーとか低価格で試せるよ。
気になる方は、こちらからどうぞ↓

  

| モラタメ | 13:12 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

切り干し大根ナムル

自家製切り干し大根ブームは終わらず。

2日干した大根はこんな感じ。

  DSC_1027-1.jpg
もうちょっと太めでもよかったなぁ。


今回は、水洗いしてサッと茹でてナムルに。
ちぢみほうれん草もね。

  DSC_1030-1.jpg

  DSC_0966-1.jpg 写真中央「韓流ナムルのたれ」
ダーリンの博多土産のナムルたれを使ってみました。

私にはちょっと味が濃く甘いたれ、かなぁ。
でもお手軽にできて、ま、良し。


  DSC_1036-1.jpg
「絹厚揚げと干し椎茸のキムチ煮」


そして、昨夜の残りの「ブリカマの炊き込みご飯」に、

  DSC_1040-1.jpg

アゴだしとプーアール茶で取ったお出汁をかけて、
ネギとシャンツァイ、海苔をトッピング。

  DSC_1044-1.jpg

炊き込みご飯、翌日のお楽しみ♪
お茶漬け、最高!

今更だけど、わさびONでも良かったなぁ。

| 料理 | 17:20 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

解体中


どどーーーん。どどーーーーーーんっ。
バリバリバリッ!バリバリバリッッ!!

朝っぱらから、レンジフードを通して謎の轟音。

とても耳障りで不快なんですけど、何?


  DSC_0117-1.jpg

マンションに隣接している某配送会社の解体工事が進行中でした。
ひーー。
ウルサイハズだわ。

音は我慢するとして、
ひとつ心配なことが。


  DSC_0119-1.jpg

破片とか飛んでこないよね?
し、し、新車なんですけど…。

| マイセルフ | 12:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブリカマの炊き込みご飯


ブリ豊漁につき、例年より低価格。
うれしいじゃありませんか。

スーパーで、石川県産ブリカマを発見。
氷見産かなぁ?(期待大)
養殖モノが多い中、養殖でないブリカマ。
それでもお安い。
カマ好きとしては即買い。

塩焼きか照り焼き、それとも香草焼き?

キッチンに立った瞬間、路線変更。

パエリアにしよう!

つい最近、
プロの料理人chi-biさんがパエリアのレシピをご伝授してくれたのよー。
オーブンを使っての本格的なレシピ。

いざ!作ろう!

と、準備していたのであるが…。
何かワイン飲み過ぎて、思考回路が土砂崩れ。
どどすこすこすこ。
レシピを目で追えない状態。おい。おい。

chi-biさんレシピをアッサリ放棄。
次回にしようってことで(chi-biさんごめんねぇ)
普通に炊き込みご飯に致しました。

紆余曲折の末出来上がった一品。

  DSC_1014-1.jpg

  ブリカマは熱湯に10秒ほどつけてから氷水に取り、
  血合いやウロコ等取り除き、水気をふき取る。
  そのブリカマと帆立はワインで予め軽く蒸しておく。ブリカマは身を粗くほぐす。
  米2合にブリカマ、帆立、椎茸、ネギ、モロッコインゲン、オリーブ、
  ブイヨン450cc、ターメリック適宜。
  最初強火、沸騰したら弱中火。15分程度で完成。


有りあわせで作ったけど、成功。

  DSC_1024-1.jpg
しっかりおこげも出来てね。


次回は絶対オーブンを使ったレシピで作ろう!
飲みすぎは注意ね。

そうそう。キッチンドリンカー(ドランカー)って和製英語なんだね。

| 料理 | 13:47 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月