シュフズテーブル ~主婦の食卓~

家庭料理研究家の日常食卓メモランダム。 そして愛犬『晋作』と『彦次郎』のこと。

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

≫ EDIT

北海道からやってきた



今年も我が家へようこそ!


  DSC_4388-1.jpg


毎年恒例、一番上の姉K子ちゃんからのお中元。
浜茹での毛蟹。

早速食べるべし。


  DSC_4400-1.jpg


指の腹をズタズタにしながら、とりあえず解体。
男子って、面倒くさがりません?こういう作業。
なので、食べ易いように足にも全て切り込み入れました。せっせ、せっせ。
指、ズタズタ(笑

毛蟹はやっぱりミソうまいねぇ。
ほぐした身をミソでまぶして…。あーーー、至福。


そして毛蟹と共にやってきたもうひとつの海の幸。

  DSC_4393-1.jpg

お豆腐にイクラとオクラを乗っけようと思ってたのに、
豆腐を買い忘れた…。

ひー、メニュー変更。どうしよう。
と、冷蔵庫を見ながらあれこれ考えて…。

半端に残ってたそろそろヤバイ大根で「大根餅」を作りました。
 千切りの大根、粗みじんの椎茸・ニラ、干しエビ。
 塩コショウ、中華だし、ごま油、片栗粉。
 モミモミして混ぜて、ルクエスチームケースに入れてレンジで5~6分。


ちょっと冷やした大根餅の上にイクラとオクラ。
結構イケマシタ。

イクラとオクラ。名前が似てるだけに好相性(笑


  DSC_4395.jpg
「ガスパチョトマト」
 
残ってたガスパチョをドレッシング代わりに。
トマトを和えました。
オリーブオイルかけるの忘れた…。


今朝、ダーリンに「毛蟹以外、昨日何食べたでしょう?」
と聞いてみると…。
「あれ?何だっけ…」

一心不乱に毛蟹食べてましたもんねー。
他の料理は覚えてないとな。
知恵絞って大根餅作ったのに。
「あ、そうそう。あれ美味しかったよね」

もう遅いわい。
反省しなはれ。

残りの毛蟹とイクラは私が全ていただきます!


≫ Read More

スポンサーサイト

| 料理 | 14:24 | comments:11 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ガスパチョ素麺


暑いにもホドッ!
連日の猛暑。
食欲も落ちるって…(大嘘

全く食欲は落ちないが、
ノドゴシのよい、冷たいモノを欲するのは確か。

素麺にしよう。
そして夏野菜を食べよう。

トマト、トマト…。
キュウリ、キュウリ…。

で、フト浮かんだレシピ。


ガスパチョ風のつけダレでいただく素麺ってどう?
即実行。


  DSC_4366-1.jpg

 トマトとセロリをバーミックスでジュースにして、
 粗みじんにしたキュウリ・ピーマン・ハム、
 スライスしたオクラを加える。
 トマトケチャップ、チリソース、レモン汁、麺つゆで調味。
 ちょい和風なガスパチョ完成。

 *ニンニクを入れようかどうしようか迷ったけど、今回はナシで。
  朝食にスープとしても食べられるように。

 *チリソースじゃなく、タバスコの方がよりストレートな辛味が出るかな、やっぱり。

なかなかヒット!
トマトの酸味が暑い日には良い。

  DSC_4369-1.jpg
オクラの粘り効果で、麺との絡みがよいタレになりました。



  DSC_4352-2.jpg
「タコとぬか漬けスイカのポン酢和え」

 親方から頂戴した“佐島のタコの頭”と、
 姉から頂戴した“三浦のスイカ”。
 三浦半島出身食材のコラボがここに実現!(笑

 スイカは赤い美味しいとこを食べた後、皮を剥いて、
 緑色の部分をぬか漬けにしておきました。

 ポン酢と七味で調味。


  DSC_4360-1.jpg
「焼き茄子」

  スライスしたらっきょうとミョウガとかつお節で。



麺類と夏野菜。
夏の食卓はこれだねぇ。




| 料理 | 13:51 | comments:15 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

土用丑の日


昨日は土用丑の日。
うなぎを食べる日。うほ、うほ。
暑い夏を乗り切る為にうなぎ食べなくっちゃ。


しかぁ~し、残念ながら昨日は仕事。
和食屋でお手伝いの日。
コースの〆でお出しする「うなぎの小丼」を横目で見つつ…。
くぅーー、腹ヘリヘリ。

親方が作るうなぎはホントにウマイ。
活けのうなぎを捌いて、白焼きにして、
お出しする直前に蒸して、タレをつけながら焼く。

直前に蒸して焼くと、照りが違う。
ぴかりーーーん。茶光り。


いいなぁ、お客様。
皆様「ホントに美味しいわぁ~」とご堪能されてました。
岩牡蠣よりもハモよりも、この日はうなぎが一番旨そうに感じたよぉ。
グスグス

仕事終了。


親方「はいどーぞ。持って帰ってダーリンと食べて。」

と、お重2個を渡してくれた!!
感激。ありがと~(うれし泣き


  DSC_4346.jpg


夜11時過ぎ。
ガッツリいただきました。
炭水化物抜きダイエット?そんなの関係ね~(フルスギ…

感動の味わいでした。
やっぱり親方さいこぉ~♪

| お土産 | 13:09 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本の夏

7月24日土曜日、調布市花火大会


       DSCF6307.jpg


関東で2番目の規模を誇る調布の花火。
まゆみちゃんちの駐車場は特等席。
大迫力のパノラマ、3Dの世界を堪能してきました。

      DSCF6304.jpg


やっぱり日本の夏は花火とビール(笑

駐車場にイスとテーブル出して、
まゆみちゃん特製の花火料理をいただきました。

  DSCF6296.jpg
「絶品!メンチカツ」

ソースなしでいけるメンチカツ。
レンコンのシャキシャキした食感と、塩昆布の隠し味が利いてる。
レシピ教えてもらわなくちゃ。


  DSCF6299.jpg
「絶品!ちらし寿司」

生のスライスキュウリ、大葉、三つ葉、くらま山椒、しば漬け、錦糸卵、
その下に、ウナギ。

皿に盛って、マゼマゼして食べます。
それぞれの味がうまーーーく絡み合って、
口の中でそれぞれが主張して、
主張するけどそれが絶妙なハーモニーで。
うまくて食べ過ぎて、私のお腹は妊娠9ヶ月腹。

その他に、ママカリの酢漬け、イワシの佃煮、焼き鳥。

ビールもガンガン。


これぞ日本の夏。

      DSCF6311.jpg


調布の花火。
間断なく打ち上げ続けるド迫力。
尺玉も惜しみなくドッカン!ドッカン!
全1万2千発。

「調布 最高!!」
と叫び続けた私でした。

| おでかけ | 14:19 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SKYMARK 2009.7月号のレシピ

「SKYMARK AIRLINES」機内誌で連載をさせていただいている
「今月の産直品 ウチレシピ」。


ものすごぉーーく久々のアップ。
今週仕上げた原稿で、めでたく30回目を迎えました。
苦節2年半(笑
SKYMARKご搭乗の折には是非機内誌をご覧くださいませ♪


今回紹介いたしますのは、
2009年7月号、北海道編のレシピです。

トウモロコシとハンペンで。
簡単「海鮮風シュウマイ」

今が旬の「トウモロコシ」。その甘味と食感を生かし、
魚のすり身の代わりのハンペンに混ぜ、シュウマイにしました。

       DSC_8116-1.jpg


〔材料:20個分〕
  トウモロコシ  1本
  玉ねぎ  1/4個
  ハンペン  1枚(100g)
  帆立貝柱  大3個(約60g)
  酒  小さじ1
  ごま油  小さじ1
  片栗粉  大2
  シュウマイの皮  20枚



  DSC_8022-1.jpg


  〔作り方〕
   1.トウモロコシは包丁で粒だけそぎ取り、
   DSC_8050-1.jpg     
     玉ねぎは粗みじんにし、両方一緒にボウルに入れ、片栗粉小さじ1(分量内)
     をふって混ぜておく。

   2.ハンペンと帆立貝柱は一緒にミキサーに入れ1分ほど攪拌する。
   DSC_8054-1.jpg

   3.1.に2.と酒、ごま油、残りの片栗粉を入れ、しっかり混ぜ合わせる。

   4.3.のタネをシュウマイの皮で包む。
     (親指と人差し指で輪を作り、その上にシュウマイの皮を乗せティースプン等ですくった
      タネを輪に押し込むようにして詰めるとうまく包めます)

   5.セイロに白菜かクッキングシートを敷き、その上にシュウマイを乗せて、
     強火で15分蒸す。

   6.塩、酢しょう油、レモン汁等で食す。




世界中あらゆる国で生産されているトウモロコシ。
日本には16世紀後半、長崎へポルトガル船により渡来したと言われています。

北海道ではまだ稲作の出来なかった明治初年、屯田兵により栽培を開始。
それが発達して重要な農産物となり、現在では生産量・収穫量とも堂々の日本第一位!

夏の北海道の長い日照時間と昼夜の寒暖の差が、
甘くて美味しいトウモロコシを生み出すようです。

近年では品種改良が進み、糖度のより高い品種が続々と。
「味来」「ゴールドラッシュ」「ピュアホワイト」等は、お取り寄せの人気商品。
出荷前の予約販売で売り切れ…、なんてことも。

トウモロコシは鮮度が命。
収穫後1日で栄養分も糖度もどんどん低下してしまいます。
購入後はすぐ調理開始。

今回はトウモロコシの甘味とシャキッとした食感を生かした海鮮風シュウマイに。

魚のすり身の代わりにハンペンを。
ハンペンだけでもふっくら美味しく仕上がりますが、帆立も入れて深みをプラスしました。
イカやエビでも代用化です。

夏限定の海鮮風シュウマイを是非お試しください!


| SKYMARKレシピ | 13:51 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ピカピカ☆

  


  DSC_4160-1.jpg 似合わねぇーー(爆


  DSC_4162-1.jpg


  DSC_4180-1.jpg 占い師みたいでカワイイじゃ~ん♪


本日、原稿の〆。
ずーーーっとPCに向ってると息抜きしたくなっちゃうじゃないですかぁ。
ねぇ~。

| 晋作&彦次郎 | 17:15 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Milkちゃんと晋作の誕生会



7月18日、晋作5歳の誕生日。

前日の17日、妹のMilkちゃんと合同で誕生会を催しました。

DSC_4182.jpg バタバタとテーブルセッティング

とりあえず、誕生会は後回し。
ランチの食卓。


  DSC_4188-1.jpg
「イカソーメンとアボカドのワサビドレッシング和え」
「セロリのピクルス」(作り置きモノ)

 ワサビドレッシング……ワサビ・白だし・塩・オリーブオイルをバーミックスで。


  DSC_4191-1.jpg
「海南チキン風」

  香港で食べた「海南鶏飯」を思い出しつつ。
  ニンニク・サフランで鶏モモ肉を茹でました。
  “マンゴーチリソース”と“唐辛子しょう油”のタレで。

  サフランの味がイマイチ足りない。要再考。

  DSC_4202-1.jpg
鶏の煮汁で炊いたご飯。

  こちらはなかなか成功。
  サフランと鶏の味、しっかり付きました。


  DSC_4195-1.jpg
「グリーンサラダ ゴマと食べるラー油ドレッシング」

 ゴマと食べるラー油ドレッシング…しょう油・食べるラー油・ごま油・酢・黒ゴマをバーミックスで。


  DSC_4198-1.jpg
「グリーンカレー」

その他に、今年漬けた3種類のらっきょう。

ワンコケーキに時間が掛かりすぎて、
人間様の食卓には短時間料理が並びました。のよ。


セルフでよろしくぅ~。

  DSC_4205-1.jpg


  DSC_4207-1.jpg
まゆみちゃん夫婦、私の姉よねっち、ダーリン。

いつもキレイに食べてくれてありがとーー。


お腹一杯になったところで、本日のメインイベント。
そしてメインのケーキの登場。


  DSC_4237-1.jpg

Milkちゃんと晋作の顔を作るのに2時間!(笑
マッシュしたジャガイモをコネコネ。
Milkちゃんの鼻と目は黒ゴマ。
リボンはさつまいも。

晋作は黒ゴマをまぶして。

ケーキは、卵と小麦粉とヤギミルク。
ヨーグルトの水分を2時間程切って、生クリームに見立てました。

ハート型のクッキーは、馬肉入りのクッキー。

がんばったじょー。母の愛感じるかしら?


  DSC_4230-1.jpg
座り位置、逆ですけど…。


  DSC_4231-2.jpg

黒と白。
見た目は全く違う兄妹。
でも、性格も仕草もよく似てるのよね~。
愛おしい2頭です。


  RIMG0008-2.jpg

ブリーダーさんのとこからこんな小さな段ボール箱に入ってやってきた晋作。

もう5歳。
まだ5歳。



この1年も、私達に笑顔を沢山届けてください。

愛してるよ~

| 晋作&彦次郎 | 14:04 | comments:13 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

香港後の食卓


香港記を長く書きすぎて、料理写真溜まりまくり。

つらつらと羅列させていただきます。



  DSC_3567.jpg
「ラムチャップ マンゴーソース添え」
 
 ニンニク、ローズマリー、塩コショウ、オリーブオイルでマリネしたラム。
 ヘルシオのウォーターグリルで。


  DSC_3601.jpg 「鯛とムール貝のアクアパッツァ」

  特売になってた鯛とムール貝。
  トマト、黒オリーブ、ニンニク、ケッパー、オリーブオイル、水で蒸し煮。


  DSC_3632.jpg
「下津井のタコのカルパッチョ」

  岡山下津井漁港のタコをスーパーで発見。
  岡山生まれのオンナじゃけー、即買いましたわ。
  今話題の“生七味”で。
   福岡土産でダーリンがたまたま買ってきた生七味。
   うーーむ。しょっぱい。



  DSC_3990-1.jpg
カマンベール・ドゥ・カルヴァドスのケーク・サレ」
 
  リンゴから作られる酒「カルバドス」。
  そのカルバドスを吹き付けて熟成させたチーズ「カマンベール・ドゥ・カルヴァドス」
  半端に残り、かなり熟成も進んでしまっていたので、ケーク・サレに。
  


  DSC_4000-1.jpg
「稚鮎の南蛮漬け」

鮎大好き。小麦粉付けて油で揚げて。
頭から尻尾まで。内臓ウマイよねぇ~。



  DSC_4012-1.jpg
土鍋でご飯炊いて、

  DSC_4020-1.jpg
「金目のかぶと煮」

  金目エキスを吸った大根!ご飯進む。



  DSC_4028-1.jpg
「海老カレー」

  1日目はご飯で。2日目は素麺で。



  DSC_4079-1.jpg
「スペアリブのマンゴー煮」

  ドライマンゴーで豚のスペアリブを煮込みました。
  圧力鍋なら15分で、身、ホロホロ。



  DSC_4120-1.jpg
「鶏の唐揚げ風」

  冷蔵庫に残っていた“うなぎのタレ”と粉山椒で鶏をマリネ。
  小麦粉とパン粉を混ぜた衣を付けて、
  ヘルシオのウォーターオーブンで焼いた、揚げてない唐揚げ。
  焼き上がり直後に酢を回しかけて、サッパリと。




こうやってマトメてみて、改めて「よく食べてるわー、私!」

香港で増えた2キロ弱の体重、なかなか減らないのもモットモじゃ。
この画像見ながら自分にカツ!

今週月曜から始めた“炭水化物抜きダイエット”、続けるぞーー。


炭水化物は摂取してませんが、酒の量いつも通り。
しかも、デザートは食べてますけど…。


いいのか?これで?


| 料理 | 14:13 | comments:11 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Gジャン リメイク


香港食い倒れの旅で最高潮に膨らんだお腹。
先日会った臨月を迎えている友人のお腹とほぼイコーーーーール。(*ダーリン調べ)

チョットコレハマズインジャナイ?

と、昨日から炭水化物抜きダイエット展開中。
がんばるぞー。おーーーっ。

                    



またまたリメイクやりました。

着なくなったGジャンのリメイク第二弾(第一弾はこちら)。


袖とエリを切り落とし、ダダダーーーと縫って、




  DSC_4098.jpg

ベストにしました。

両胸と背中に、

  DSC_4100.jpg
Tシャツの裾に付いてたスパンコールを切って縫い付けましたの。
かなりキラキラ
ヒカリモノ好きな私としては、満足なデキに。


今年流行のマキシワンピに合わせるとカワイイかもぉ~。

と、ひとりコーデをしていると、

  DSC_4101-1.jpg 邪魔が入る


  DSC_4111-1.jpg 人のワンピの上で物思いですか?晋作さん。



  DSC_4105-1.jpg 寝るんかいっ!!
  

ヨダレ垂らさないでねーーーー

| リメイク | 14:30 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2010香港 後記

長々と書き連ねた2010香港記。
やっと〆。

  DSCF6284.jpg


今まで香港には10数回訪れ、色々なホテルライフを楽しんできた。
大好きだったリッツカールトンが移転の為に閉鎖(今年オープン予定)され、
それ以降はアイランド・シャングリラ、フォーシーズンズ、ランドマークマンダリン、
再びフォーシーズンズに宿泊。
今回初めて、マンダリンオリエンタルをチョイス。

トータル的にはフォーシーズンズがお気に入りだけど、
マンダリンオリエンタルのホスピタリティには拍手。
何気ない心遣いがグッときた。

例えば、
  DSC_4085.jpg
夜のベッドメイクの際、さりげなく置かれていたグッズ。

「フェイシャルミスト」と「アイパッド」

 どうしても乾燥してしまうホテルの部屋。
 女性の肌には大敵!!
 で、このサービス。
 ありがたーーーい。


例えば、
  DSC_4016.jpg
「ブックマーク」
マンダリンスパ特製の栞。

 旅行中でも半身浴をする私。
 その際欠かせない単行本。
 ベッドサイドに置いていた、風呂の湯でベロンベロンになった単行本。
 さりげなく、このブックマークが、
 ちゃんと私が読み進んでいたページに挟まれておりました。

  DSC_4015.jpg

申し訳ないくらい、似つかわしくない(爆
翡翠の玉まで付いているブックマーク。

小さな感動。


そして、例えば、
  DSC_4039.jpg
「スリッパ」

 普通、ホテルのスリッパって白い平凡な「使い捨てですから…」ぽいモノ。
 マンダリンオリエンタルのスリッパはこんなにキュート。
 履き心地もイイし、しかもデカスギない。
 テイクアウトしました。

バスローブも私サイズのをちゃんと用意してくれていた。
たぶんKIDSサイズ(笑

浴衣は2種類。
日本の浴衣に、シノワズリー柄のローブ調な浴衣。

マンダリン特製エコバッグも部屋に常備。
香港でもスーパーやコンビニではショッピングバッグは有料
役に立ちましたわ。


押し付けがましくない、さりげないオモテナシの気持ちがとても心地良いホテルでした。

  DSCF6231.jpg



香港のお買い物事情。

私達が好きなセレクト系デパート、「Lane Crawford(レーンクロフォード)」
とにかく靴のラインナップが素晴らしい。
セールじゃないと手が届かない名だたる靴のビッグブランドが揃い踏み。
革関税がやたら高い日本、元々の値段も香港の方が安いしねー。

今回も狙っていたのよ。
しかーーし、セールスタートは7月1日。
私達、数日早かった…。下調べ、甘かった…。残念。

そして、もうひとつお気に入りのセレクトショップ「JOYCE」
こちらも同じくセール前。

お金使いすぎずにすんだわ。…ということにしておきましょう。


スーパーや地元百貨店巡りも楽しい。

庶民的24時間スーパー「恵康Welcome」
デパ地下系ちょい高級スーパー「city super」は必ず立ち寄り物色する。

  DSC_4087.jpg
カップヌードルも香港ではこのようにお召し替え。

中国デパート「裕華国貨」の地下1階も楽しいよ。
  DSC_4089.jpg
怪しげなお菓子に出合えます(笑
中国茶各種、お安く買えますよ。

超お安いものからお高いものまで。

  DSC_4064.jpg
  DSC_4067.jpg
「ペニンシュラのチョコレート」



やっぱり香港はお買い物天国。


日本発、空っぽだった超特大スーツケース。
帰国時には35kgになってましたとさ。



書き尽くしたぜ、香港記。
香港旅行の一助としてご活用いただければ幸いです。

最後までお付き合いくださった、あなた。
どうも、ありがとう!!

また来年ねぇ~(笑

ふぅーーーーっ。

| おでかけ | 13:59 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2010香港食い倒れ記 その6

まだ続いてます。香港食い倒れ記。

惜しまれながらも、食い倒れ記は最終回(爆
お付き合い、誠にありがとうございます。
もうちょっとお付き合いくださいませね。



わたくし、SPAで体スッキリ。
ダーリンはずーーーっと仕事してたらしい。

ダ:「あーーー。仕事集中してできた!はかどったよ。」

何しに来たんじゃい、香港まで!!

いえ。いえ。そんなことを言ったらバチあたりますよね。
ご苦労様。
頑張って働いてくれてること感謝してますよー。(コネコネ…


さぁ、夕飯行きましょ。

土砂降りだった雨も、SPAにいる間に小雨に。

ホテルから蘭桂坊(ランカイフォン)を通りSOHO(ソーホー)へ向う。

途中で見つけた店。

  DSCF6243.jpg
「海南鶏飯専門店」

おお!!っと思ったが、よくよく調べてみると、
「茶餐廰(チャーチャンテン)」という大衆食堂。
日本で言うファミレスです。
お粥、麺、サンドイッチ、カレーなんでもあり~のの食堂。
でも、侮るなかれ。
安ウマで香港人に人気なんだって。
次回、是非チャレンジしてみます。

ランカイフォン、SOHOはBARや雑貨屋さんが点在するオシャレな地区。
外人を多く見かけます。
っていうか、ほぼ外人。

  DSCF6267.jpg

                  DSCF6268.jpg

SOHOは坂道が続きます。
ずーーーっと坂道。

坂道の左右にレストランやBARが連なる。
半端ナイ急坂もありーで、登るの大変。
で、強い味方の「ミッドレベル・エスカレーター」を利用。

  DSCF6251.jpg

麓から中腹の高級住宅街を結ぶ世界最長のエスカレーター。
朝の通勤時間帯は下り、それ以外は上りに切り替わる。

金城武出演「恋する惑星」の舞台となった場所としても有名よね~。

 images.jpg 作品自体もBGMも大好きな映画


エスカレーターを使って、行ったお店は、

 DSCF6265.jpg
重慶四川食府(チョンヘンセイチュンセッフー)」

辛いモノが大好きな私としては、四川料理がどぅわぁ~い好き。
香港滞在中に必ず1食は四川。
ここは初めてトライする店。

とりあえず、
 DSCF4109-1.jpg またかっ。

コジンマリしてて、オシャレな店内。
  DSCF4112.jpg

を基調としています。
唐辛子の赤?(笑
  DSCF6254.jpg

辛そうな気配でございます。
  DSCF6256-1.jpg
余裕の笑顔はいつまで続くのか…。

初めての店は、王道なオーダーを。
  DSCF6257.jpg
「麻婆豆腐」
後からジワジワっとくる中国山椒のピリピリ感が程良くうまい。

  DSCF6260.jpg
「鶏の唐揚げ四川風」

真っ赤っかでしょ~。
中央に鶏の唐揚げ。周りは全てホウズキ型の唐辛子。
30~40個くらいはあったかなぁ、唐辛子。
汗が出る辛さ。
スパイシーの域超える。
ヒーーーーーー、ウマイ(笑
クセになる。

  DSCF6262.jpg
「大エビのスイートサワー炒め」

エビチリとは違い、これは全く辛くない。
エビのプリ感がやっぱりイイねぇ。

 DSCF6264.jpg
「アスパラ菜のニンニク炒め」

定番。
アスパラ菜が旬。市場でも多く見かけました。
香港の野菜炒めってホントにウマイ。


お次は坦々麺!!!

食べたかったのにーーー。
ダーリン、ギブ。
一人で食べきれる程の余裕、私にもなく、泣く泣くアキラメタ。
ものすごーーく後悔したわ^^;

次回のお楽しみにします。

ここ、大正解!!
雰囲気、もてなし、味。全て良い。
リピート決定。


重いお腹をかかえ、坂道を下る。
エスカレーターは上り専用だからねぇ。

  DSCF6272.jpg

  DSCF6274.jpg
庶民の台所。
市場は見てるだけで楽しい。

  DSCF6276.jpg
市場をうろついていたワンコ♪
もの憂げ。
魚を見つめていました(笑


良く食べました。
どれもこれも美味しい香港の食。
まだまだ食べたいものワンサカあるけど、タイムアップ。

また来年♪
再見!


長々とお付き合いくださいまして、ありがとうございました。
香港の食い倒れ記はこれでおしまい。

しか~し、まだ書ききれてないことが…、ってことで、

つづく…(いい加減にしろっ!

| おでかけ | 14:16 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2010香港食い倒れ記 その5

 
お粥の朝食後、中環(セントラル)から上環(ションワン)方面へプラプラ歩く。

  DSCF6249.jpg
  香港の郵便ポストは緑色。


向ったのは、「文武廟(マンモウミウ)」
  
  DSCF4102.jpg
香港で一番古い道教の寺院で、学問と商いの神様が祀られています。

無料のお線香が置かれてます。
それでもお賽銭は忘れずにね。

ダーリンの会社の更なる繁盛を願い、シッカリお参りさせていただきました。

  DSCF6240.jpg
  屋根の上には装飾がビッシリと。
  DSCF6241.jpg


お次に向ったのは、
  DSCF6242.jpg
「泰昌餅家(タイチョンベンガー)」

エッグタルトの有名店です。
ワンチャイ他、香港の数箇所に支店を持つチェーン店。
クッキー生地にトロトロのカスタード。
見た目から、旨そう。
ココナッツパイもゲット。

そして、もう一店。
  DSCF4107.jpg
「ABC餅屋(エービーシーベーカリー)」

ここは、たまたま歩いていて見つけた店。
エッグタルトとマンゴープリンを買ってみたぞ。

雨が強くなってきたからホテルへ。

  DSCF6247.jpg

まったりティータイム。
左のカスタードがプリンとしてるエッグタルトが「泰昌餅家(タイチョンベンガー)」のモノ。
真ん中のエッグタルトが「ABC餅屋」のモノ。

ご試食!

ダーリンも私も意見が一致。
断然「ABC餅屋」のエッグタルトの方がウマイ!!
「泰昌餅家」のは食感はイイんだけど、カスタードの味が薄い。

ネットで調べてみると…。
「泰昌餅家」は惜しまれながら一度閉店。
2005年に再オープンしたのだが、残念ながら味が落ちたと…。
そうだったのね。
そして、偶然見つけた「ABC餅屋」は、
雑誌でもとりあげられるヌガーとミニエッグタルトで有名なショップでした。
エッグタルト、すぐ完売しちゃうんだって。
私達、ラッキーだったらしい。無欲の勝利(笑

マンゴープリンも美味しかったよーーー。


雨、更にヒドくなり、今や土砂降り。

  DSCF6278.jpg ダーリンは仕事モード


私は、行ってきまーーーす。極楽へ。

  DSC_4033.jpg

予約していた「MANDARIN SPA」へ。
問診票に体調を記入し、SPAで体を温めて、いざ極楽の世界へ。

……………………。


極楽じゃなく、地獄。
何度も絶叫しそうになりましたとさ。

私の首と肩の状態、余りにも酷かったらしい。
エステティシャンの方も大汗かきながら施術してくださいました。
「Are you OK?」
と何度尋ねられたことか…。

施術後、事細かいアドバイスをしてくださいましたよ。
セルフマッサージの仕方、おススメのアロマ等々まで。

  DSC_4036.jpg

教えを守り、帰国後は自分でやってます。
お風呂タイムの楽しみがまた増えたぞ。


SPAの施設自体は、「フォーシーズンズ」のSPAが数倍イイ。
けど、
エステティシャンのスキルは「マンダリン」の方かなぁ。
地獄の痛みを味わったけど…(笑

またリピートしたいなぁ。
私、意外と痛いの好き?


つづく…

| おでかけ | 13:32 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2010香港食い倒れ記 その4

既に食い倒れ記 その4。
いつまで続くのじゃーーー。

皆様、もうシバラクお付き合いくださいませ。



3日目の香港。
3泊4日の旅ではあるが、
明日は朝9時45分香港発成田行の飛行機に搭乗。

今までは午後便で帰国していたのだが、
そうすると晋作&彦次郎のお迎えが翌日になってしまう。
ということで、その日のうちにお迎えに行ける午前便をチョイス。
愛でしょー、ね?晋彦さん。

実質、最終日の3日目の朝。
降り続いた雨はようやく上がった。

  DSCF6235.jpg

またゆるゆると起きて、街へ。

  DSCF4101.jpg
どれにしようかなぁ~?

「羅富記粥麺專家(ローフーゲイジョッミンジュンガー)」
大好きなお粥屋さんのひとつ。
ミシュランでも紹介された50年以上の歴史を持つ老舗のお粥屋。

トンコツベースのスープがとにかく美味しい。
内臓系のお粥がおススメよ!

  DSCF4094.jpg
「三及第粥」
ダーリンオーダーのお粥。
内臓タップリップリ。

  DSCF6236.jpg
「及第魚片粥」
キドニー・レバー・肉団子・魚の切り身入りお粥。
私のイチオシ~。
内臓タップリ、魚の切り身もタップリ。

ラー油やら唐辛子味噌やらをかけていただきます。

そして、お粥の時の忘れちゃならないサイドオーダー品。
  DSCF4093.jpg
「油条」
中国式の揚げパン。
これを千切って、お粥に放り込む。
そのまま食べても美味しい。
この山盛りで30円弱。やすっ。

お粥2種、油条1皿、1000円で沢山お釣りが来ます。
ウマイ安い早い!

香港のお粥、やっぱり世界一(笑
汗ダラダラになるけどねーーーーー。

お粥屋さんは日曜日が定休日のところ多し!
お気を付けください。



あちゃーー、タイムアップ。
これからラテンのレッスンや。


つづく…

| 未分類 | 14:16 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2010香港食い倒れ記 その3


2日目も朝から雨。
ゆるゆると起きて、ホテルのプールへ。
インドアのプール。

プールの縁を足で蹴って泳ぎ始める。
4カキくらいすると、もう反対サイドへ到着~。
狭っ!
それでも折角水着に着替えたのだから、
20往復くらいは泳いでみた。
全く疲れない(笑

ミストサウナでゆっくり汗をかいて、準備万端。

ハラヘリマシタ。

早めのお昼。
香港来たら飲茶でしょ。

  DSCF4046.jpg とりあえず青島ビール

街中の庶民飲茶も旨いけど、
今回はペニンシュラホテルの嘉麟楼 (スプリングムーン)へ。

高級レストランでも飲茶はかなり低予算で食べられるし、
やっぱり素材が違うから高級な味が楽しめます。

  DSCF4049.jpg
「エビしゅうまい」と「つばめの巣入り水餃子」

  DSCF6194-1.jpg “いっただきまぁ~す♪”

  DSCF6198.jpg
「帆立貝の腸粉」

  DSCF6199.jpg
「タロイモのコロッケ」

  DSCF6207.jpg
「エビの魚の胃袋詰め餃子」

  DSCF6201.jpg
「アワビともち米の蓮の葉蒸し」
  
  DSCF6204-1.jpg “ごちそうさまでしたぁ~♪”

やっぱりウマイねー、スプリングムーン。

 ここで料理と共に饗される「XO醤」、激ウマ!
 ペニンシュラがXO醤発祥の地と言われているだけのことはある。
 これ食べると、他のXO醤食べられなくなるよぉ~。
 香港行くと必ず買ってくるお土産のひとつ。
 なんでも日本のペニンシュラブティックでは品切れ状態らしいぞ。
 現地よりスゲー高いっ!のに…。


飲茶でデザート系点心はスルー。

なぜなら、この後、ホテルに戻り…

  DSCF6212.jpg
アフタヌーンティー♪

  DSCF4070.jpg
マンダリンオリエンタル クリッパーラウンジ

15時~18時、アフタヌーンティーができます。
サンドイッチ、ケーキ、タルトにスコーン。うふ~ん、別腹バラバラ~。
  DSCF4076.jpg
そして、別バラのスコーンに添えられるバラジャム!!腹じゃなく、薔薇のジャム(笑
これを食べに来た、と言っても過言ではない。
豊潤なバラの香りと味がたまらない。

  DSCF6217.jpg マンダリンケーキショップで買えます。


ふぅーー。お腹一杯。

じゃ、夕飯行きましょか(笑

今回の香港でここだけはハズセナイ!と思ってた店へ。

  DSCF4085.jpg
莎巴馬來西亞餐廳 Sabah Malaysian Cuisine

灣仔(ワンチャイ)にあるマレーシア料理の店「サバー」。
大人気店らしく、かなり待ちました。
その後もずーーーっと行列状態。

期待できるぅ。

  DSCF6218.jpg とりあえずビール。またかい。

私がどうしても食べたかった料理とご対面~。

  DSCF6220.jpg
「海南鶏飯♪」 ご飯とスープがついてきます。

シンガポールやマレーシアでしか本格的な海南鶏飯は食べられない。
と思っていたら大間違い。
海南島出身の中国人がシンガポールに伝えた料理らしく、
香港にないわけないじゃんねーー。
ファミレスの代表的メニューでもありました、海南鶏飯。
知らなかったぁーー。

サフランで煮てるらしい。良い香り~。
うまい。うまい。うまぁーーーーい。
  DSCF4082-1.jpg 夢叶いご満悦♪

その他に、
  DSCF6224.jpg
「空芯菜の炒め物」と「エビとジャガイモのカレー炒め」

どちらも辛くてウマイ。
鼻水でるけど、ウマイよぉーー。
 メニューに辛さの目安が書かれてるから選び易い。
 私はもちろん一番辛いのをチョイス。

ここ、ボリュームがスゴイ!
3品で目一杯腹一杯。
大人気店で店員さんは超忙しそうだったけど、
とても親切&スピーディな対応で好印象でした。
ここ香港定番店に決定!
マレーシアカレーもうまそうだったなぁ。次回…是非。


「サバー」があるワンチャイは私の好きな町のひとつ。
とても庶民的。
B級グルメ店がわんさこあります。
フラリと立ち寄ってもハズレなし。
言葉が通じないけどねー。

露店の料理もうまいよー。

  DSCF4086.jpg

串刺しのシュウマイが好きです。


2日目終了~。

つづく…

なげーーーー


| おでかけ | 15:12 | comments:13 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2010香港食い倒れ記 その2

初日のディナーどうする?

ほとんど予定を決めずに出かけちゃうのよね、香港へは。
やっぱり最初は広東料理だよね。
香港の夜景見ながら食事できるレストランでさ。

ってことで、
九龍側、尖沙咀(チムサーチョイ)にある「王子飯prince restaurant」に決定。

  DSCF4037.jpg
香港ミシュラン、リコメンドレストランとして紹介されている店。
やや高級店って位置づけかなぁ。
化学調味料を一切使用していないのはイイ。

ヴィクトリアハーバーに面してあるので、眺め最高。
10013461262_s.jpg毎晩8時~のシンフォニーオブライツも鑑賞可。

  DSCF4038.jpg
窓際の良い席を確保するには要予約ね。

おススメのコースメニューはスルーして、
食べたいモノをオーダー。

晩餐開始~。

まずは、
  DSCF4015-1.jpg 青島(チンタオ)ビール!
中国で最も古いビールのひとつ。ぐびぐびっと。

  DSCF4013.jpg
「砂肝の和え物」と「青リンゴ五香粉漬け」
これはオーダーとは別に勝手に出てくるオードブル。
  後で伝票見たら、しっかり料金取られてた(笑
  でも、美味しかった。リンゴが斬新。

  DSCF6171.jpg
お決まりの「ピータン」
私の大好物でダーリンの嫌いなモノ。

かなりうまし。
「ダマサレタと思って食べてみて!」とダーリンに。
「あ、うまい。」
何と、あっさり食べられた。すご。

  DSCF6173.jpg
「子豚の豚足」

出ました。大ヒット!
子豚だからなのか、常識を覆す柔らかさ。
トロントロンのコラーゲンいただきましたっ。

  DSCF6177.jpg
私のオーダー「フカヒレスープ」

どんだけのフカヒレが入っているかというと…

  DSCF6176.jpg
どっさり!

  DSCF4023.jpg
ダーリンのオーダー「フカヒレとカニ肉のスープ」

ダーリンのフカヒレはちょぼちょぼ(笑

味は、どちらもイマイチでした、残念ながら。
シャンタンの味もさることながら、フカヒレの処理が足りない気がします。
ちょっと干物臭いというか…。
フォーシーズンズの「龍景軒(ロンゲンヒン)」のフカヒレスープとは格段の差。
「龍景軒」はミシュラン3つ星だから当たり前っちゃー当たり前だけど。
値段はそれ程変わらないんだよなー。

ま。ま。コラーゲン大量摂取ということでヨシ子。


  DSCF4031.jpg
「大エビのチリソース」

揚げてある皮はパリパリ。
しかし身はプリップリ。
香港のエビは何故にこうもウマイのか。
何故にこうもプリプリなのか。謎であるぅ。

  DSCF6180.jpg
「カニの蓮の葉蒸しご飯」

フライドガーリックがアクセント。
黒酢をかけていただきます。
チャーハンでなく、蒸してるところがミソ!

もう一品頼みたいところだったが、腹10分目に達し打ち止め。
最近、無茶喰いができなくなりました。
歳を感じます。
そりゃそーや。
ダーリンはもう50(笑

で、別腹へ。

  DSCF6183.jpg
王子飯店おススメの一品「カスタードマン(黄金流沙包)」

中はどうなってるんでしょ~。

  DSCF6184.jpg
トロトロトロトロォ~ンと流れ出るカスタード。

これ塩漬けタマゴで作ってるんだと。
なので、甘みの中に塩味のあるカスタード。
おもしろーい。
しかし、最後に3個のカスタードマンはキツイ!

初日から、限界超えた。

ホテルへ戻り、半身浴しながらW杯韓国戦観る。
それでも既に1キロ以上は増量したに違いない。

カスタードマンのやつぅ。
でも、子豚の豚足ならまだ入りそう(爆


つづく…

| おでかけ | 14:35 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2010香港食い倒れ記 その1


朝10:00成田発ANA909便香港行。

今回もマイレージ特典利用のビジネスクラス。うふ♪
出発前にANAラウンジでご休憩なりぃ。


  DSCF6147-1.jpg

いきなりPC開いて仕事を始めるダーリン。
なんでもこの旅行中に企画書3本上げなくちゃならないらしい。
ジャパニーズビジネスマンは大変やのぉ。
がんばっておくれ。

私はノンビリするっちゃ。

  DSCF6148.jpg マッサージ、マッサージ。
ANAラウンジのどん詰まりにマッサージコーナーあり。
20分、ゆっくり全身マッサージしてもらいました。
最近のマッサージチェアは優秀ですねぇ。欲しい。

いざ!機内へ。

離陸後、またPCを開くダーリンを尻目に、
私は飲みの体勢に入る。

  DSCF6150.jpg DSCF6152.jpg
朝シャンに始まり、白ワイン、日本酒。
で、和朝食。

  DSCF6154.jpg
メインは「酒蒸し銀鱈の銀餡かけ」

銀鱈はなかなか脂が乗って美味しかった。
機内食は期待してないから、尚のこと…^^;

デザートはオキマリのハーゲンダッツ。ハズレナシ。

4時間ほどの空の旅はあっという間。
雨ザンザン降りの香港へ着陸。たぶん酒臭い私。

  
  DSCF4090.jpg
「MANDARIN ORIENTAL HONGKONG」へチェックイン。

  DSCF6155.jpg いきなりPC設置のダーリン。仕事人間!
  DSCF3995.jpg キングサイズのベッドルーム
枕は5種類の中からチョイスできます。
  DSCF4001.jpg ベッドルームから丸見えのバスルーム
アメニティはエルメス。
シャンプー・コンディショナー・バスジェル・ボディクリーム・石鹸。全てエルメス。

香港にあるマンダリンホテルは2つ。
ランドマークマンダリンのアメニティは「AROMATHERAPY ASSOCIATES」のモノだった。
大好き!香りが良くて、ハイクオリティ。
こっちのマンダリンもAROMATHERAPY ASSOCIATESのアメニティだと思ってたから、ちょっと残念…。
  DSCF3996.jpg
サイドボードの上には、ウエルカムサービスが。
  DSCF3998.jpg ジャスミンティと
  DSCF6160.jpg ドライフルーツ
普通は生のフルーツ盛り合わせがウエルカムフルーツとして饗される。
ドライフルーツって斬新。
フルーツバスケットって絶対食べきれないよね。
エコじゃない。
ドライフルーツなら食べ残してもお持ち帰りできるし、
小腹が空いたときにちょいと食べられるし、良い!

  DSCF6157.jpg
何故か、窓際には双眼鏡。
とりあえず覗いてみるが…^^;


SPAの予約して、ディナーの予約して、雨の街へ。

  DSCF4011.jpg

バスに30分程揺られ、毎度お馴染みの「SPACE」へ。
PRADAとmiumiuのアウトレット。
運が良ければ超格安品、超レア商品に巡り合えます。
今回、改装中につき1/5位のスペースで営業。
7月にはリニューアルオープンとのこと。
1週間早かったよ。残念。
といいつつ、ミニスカゲット♪


いよいよディナーよぉ~ん。


つづく…(爆

また長編になりそうです。

| おでかけ | 13:29 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月