シュフズテーブル ~主婦の食卓~

家庭料理研究家の日常食卓メモランダム。 そして愛犬『晋作』と『彦次郎』のこと。

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

≫ EDIT

雨の香港から帰国


  DSCF6283.jpg

雨、雨、雨。
帰国する日にやーーっと晴れた香港。

毎年恒例となった香港食い倒れの旅。
10数回訪れているけど、こんな最悪な天候は初めてでした。
6月を選んだのがそもそもの間違い?

いや、いや。
雨のおかげでホテルライフを満喫してきました。

  DSCF4088.jpg

プールにSPAにエステ。
ハイティー。
W杯観戦(笑

  DSCF4117.jpg
  ↑帰国する日。晴れてるでしょ~?(レセプションに電話してる私


もちろんグルメも満喫。B級ウマシ。
  DSCF6229.jpg


セール狙いのショッピングもね。
  DSCF6232.jpg


ぼちぼち「2010香港食い倒れ記」アップしていきますねぇ。
  DSCF4108.jpg
  
またお付き合いくださいませ。よろしゅ~に。



スポンサーサイト

| おでかけ | 17:51 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あ…

食い倒れの旅に到着してから3日目。
香港、やっと雨が上がりました…。
日本の梅雨の蒸し暑さなんて比じゃないよ。
ずーっと、ミストサウナに入ってるみたいだー。
痩せるかな?(笑
香港でこんなに雨が降り続いたのは初めての経験。
彦次郎の涙雨?(笑

これからお粥を食べに行って、神社へお参りに行って、
午後からはホテルのSPAでマッサージ!!
極楽な世界へ行ってきまーーす。
うふ。

明日にはもう帰っちゃうのよね。
私、勘違いしてました。
日本戦、日本で観戦できるんじゃーーん。
晋彦待っててねぇ~♪

| マイセルフ | 10:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

W杯サポーター



  DSC_3961-1.jpg


  DSC_3962-1.jpg


  DSC_3963-1.jpg


  DSC_3967-1.jpg


  DSC_3976-1.jpg


  DSC_3980-1.jpg


すまないねぇ。晋作・彦次郎。
W杯、サムライ達の試合はものすごぉーーく気になるんだが、
ちょっくら行ってきます。

年1回、恒例の食い倒れの旅。

晋作、彦次郎のことヨロシクね!!


  DSC_3983-1.jpg


行ってきまぁ~す♪


| 晋作&彦次郎 | 13:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年も漬けてます


せっせ、せっせ。
今年も漬けました。


梅は4種類。
  DSC_3948-1.jpg
左奥から、梅ジュース、梅サワー、ブランデー漬け、焼酎漬け。

今回の梅は南高梅。
梅干に適している種類ですが、
「梅酒でしょ?追熟して黄色くなった頃に漬けるとイイよ。」
と、生産農家のおばさまに教えていただきました。

それと、南高梅は皮が柔らかいので、
毎度やっている「針打ち」は封印。
南高梅に針打ちしてしまうと、皮が破れて漬けているうちに実が流れ出てきてしまう。
「針打ちダメよ!!絶対やんないで!!」
とおばさまに教えられました。

へぇーーー。
勉強になりました。

ちなみに、
 梅には胃に障害を及ぼすピロリ菌の運動能力を抑制する効果があります。
 そーしーてー、血糖値の上昇抑制効果もあります。
 梅酒にも勿論その効果がありますが、
 梅酒を飲む時、梅酒の梅を一緒に食べるとより効果アップ!と言われてますよぉ。


そして、らっきょう。
こちらも4種類。

  DSC_3950-1.jpg
左奥から、カレー漬け、赤梅酢漬け、コチュカル漬け、甘酢漬け。

韓国唐辛子「コチュカル」にハマリ中の私。
らっきょうも漬けちゃいました。
甘酢にコチュカルどっさり。
真っ赤だね♪
でもやっぱり見た目程の辛さでなく、程よい辛さに漬かってます。
ご飯すすむぅ。

ちなみに、
 らっきょうには疲労回復効果、
 血液さらさら効果、抗アレルギー効果があると言われてます。これまた優秀。



健康の為、梅とらっきょう召しませ。
梅酒の飲みすぎ…、そりゃやっぱダメなんざんしょか?

| ストック | 12:56 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

冷やし坦々風つけうどん

ジメジメジメジメジメジメジメジメ。

モッサリとした空気が体にまつわりつく。

こんな夜は辛くて冷たくてツルッとしたものがエエよね。


ということで、こんな食卓になりました。
  DSC_3940-1.jpg

冷やしうどん。

うどんはKING of UDONのさぬき。
つけダレは、坦々風のタレです。
 鶏がらスープに韓国唐辛子“コチュカル”ドッサリ(大さじ3~4)、
 しょう油少々、砂糖少々、練りゴマ(大さじ1~2)を火にかけ、
 練りゴマが混ざったら火を止める。
 冷水でシッカリ冷やす。


コチュカルはドッサリ入れてもマイルド(個人差あり^^;)な辛味。
日本の唐辛子でこのレシピは大変なことになりますのでご注意ください


トッピングは、アサツキ、千切りのキュウリ、茹でたアスパラ、蒸した豚バラ肉。



副菜は、

  DSC_3942-1.jpg
「マグロとネギの台湾風」 ショウガとバイマックルーとナンプラーで蒸しました。
「湯葉豆腐とじゅんさいのトマトジュレかけ」


マグロとネギの台湾風に使ったマグロ。
ダーリンが買ってきてくれた「本マグロの血合い」の血合いじゃない部分を使用。
血合いといいつつ、結構付いてるのよね~、トロっぽい部位。

残りのバリバリ血合い部分は、
晋彦用のマグロジャーキーと、
ショウガ・ネギ・しょう油・酒・みりん・砂糖で煮詰めて「マグロしぐれ煮」に。

3品できました。
1パック100円の血合い、優秀~。

ダーリン、グッジョブ



| 料理 | 15:01 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アスパラ三昧

北海道から届きました!!

  DSC_3893-1.jpg

太くてみずみずしい立派なグリーンアスパラ。
20本もあったのよ。うれすい。

うれしくて、生のママかじってみた。
甘いじょー。


新鮮なモノは新鮮なうちに沢山食べましょう。

ってことで、アスパラ三昧の夕餉。

  DSC_3902-1.jpg 「おひたし」と「オーブン焼き」

「おひたし」
  アスパラをサッと茹でて、スライスした新玉ネギと一緒に
  オリーブオイル・しょう油・ビネガーでマリネ。
  最後にかつお節をまぶし、レモンをひと搾り。
「オーブン焼き」
  ジャガイモの代わりに“ゆり根”を柔らかく茹でて作ったマッシュゆり根。
  マッシュゆり根を敷き、上にアスパラとえのきを乗せ、
  アボカドオイル・パルミジャーノ・塩コショウしてオーブンで5分。


アスパラ以外も一品。

  DSC_3923-1.jpg
「鶏とトマトのテリーヌ風」
 前ブログで紹介した「鶏手羽のダシで炊いたご飯」で残った鶏手羽。
 骨を除いて、トマトとニンニクと白ワイン、ブイヨン少々を加えコトコト。
 水分が半分位になるまで煮込んでから冷やした物。

 鶏のゼラチン質で冷やすとキッチリ固まります。
 うふ。コラーゲン♪


         DSC_3925-1.jpg
「アスパラと食べるラー油のパスタ」

お土産で頂いた「食べるラー油」でパスタを和える。
簡単にペペロンチーノ完成。


家に残っていたアスパラ2本。
北海道からやってきた新鮮アスパラ5本。
計7本のアスパラを一気にいただきました(笑
贅沢すぎる。
新鮮アスパラ、茹でても焼いても瑞々しかった。

旬の野菜は美味しいねぇ。
ごっつぁんです!






≫ Read More

| 料理 | 13:48 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

うちかふぇ来店お客様1号


土曜日、うちかふぇに初のお客さま。

  DSC_3884-1.jpg
皆、動きが早くて写真撮れませんよぉ~TT

PIGMON&MILKのまゆみ家ご一行様と、
椿とよねっち姉、ご来店。


ランチメニューは、(携帯画像でお届けいたします^^;

  DVC00024-1.jpg
「島らっきょうたっぷり餃子」

  DVC00028-1.jpg 「ぬか漬け野菜と夏野菜のラタトゥイユ」
軽くぬか漬けにしたキュウリと茄子の入った和風のラタトゥイユ。

  DSC_3866-1.jpg
「カツオとアボカドのポキ風」

  DVC00030-1.jpg
「牛スジの韓国風煮込み」まゆみ家のリクエスト料理。


  DVC00026-1.jpg 鳥手羽をじっくり煮たスープで炊いたご飯

スープは「グリーンアスパラの豆乳スープ」(画像撮り忘れた…

多国籍料理をビュッフェ形式で召し上がっていただきました。


その後、本日のメイン、カフェ(笑

  DVC00032-1.jpg ラッテマキアートと、


  DSC_3888-1.jpg
イマノフルーツファクトリーのロールケーキ2種」
フルーツ屋さんのスイーツならではのフルーツタップリなロールケーキ♪


ワンコ5頭と人間5人。
大いに盛り上がりましたとさ。

はい。お会計。

  DSC_3928.jpg

うちかふぇは物納方式(笑

食べるラー油各種をいただきました。
うわぁーーーい。


まいどありー。
またお待ちしてまぁ~す。


| 料理 | 14:29 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ルコルドンブルー料理講座

  DSCF6144.jpg

某百貨店の懸賞でご当選。
応募したことすら、全く覚えていないんですけど…。

1895年パリで創設された老舗の料理学校「ル・コルドン・ブルー」
代官山校の料理講座が当選したとのことで、参加してまいりましたわ。


  DSCF6123.jpg
実際に作るのではなく、シェフの実演を見ながらメモる講座。
2時間ですものぉ。
素人に、いきなり本格クラシックスタイルのフレンチは作れませぬ。

ちなみにシェフは、フランス人。
在日30年で日本語も話せますが、講義はあえてフランス語。
もちろん、日本人スタッフが通訳してくださいましたわ。メルシー・ボクー。

「鴨のエギュイエット、モンランシー風 アンナ風ガレット添え」
「リンゴのタルトフィンヌ、ヴァニラアイスクリーム添え」

メイン料理とデザートをお勉強してきました。

シェフ頭上にある鏡に写るシェフの手さばきを見ながら…

  DSCF6125.jpg
鴨の下処理……脂の部分、薄く皮をひき、格子状に隠し包丁を入れる

  DSCF6126.jpg
ガレットの準備……じゃがいもをセルクルで型抜きしてからスライサーで薄くスライス

  DSCF6129.jpg
コトコトと煮込まれるソースたち

  DSCF6138.jpg
シェフとアシスタントの方々


ソースのフレンチ。と言われるのがよーく分りました。
ひたすら灰汁取りをしながら、コトコト煮込み、何度か漉す。
これ家庭じゃなかなかねぇ。
でも挑戦したいなぁーと思いましたわ。


出来上がった料理。
  DSCF6132.jpg
分かり易く言うと、
「鴨のさくらんぼソースかけ ジャガイモスライスのオーブン焼きガレット風添え」
「リンゴのパイ バニラアイスクリーム添え」

はい。試食タイム♪

  DSCF6139.jpg
  DSCF6142.jpg
お飲み物は、ミネラルウォーター。
ぐおーーーーーっ!!ワインくだせぇーーー。

文句なく旨かった。
さくらんぼのソースは勿論。鴨の焼き加減も。
ヴァニラアイス、バケツでください!!

豆知識もご伝授くださいました。
肉は焼いた時間と同じ時間休ませる。とか、
使ったバニラビーンズの鞘は、水分をふき取り砂糖へ入れておくと、
バニラシュガーとして再利用できる。とか。


ひさびさの料理教室。タメになりました。
時々はこうして参加すべきだなーと改めて。

シッカリ真面目にお勉強してきましたのよ。

と言いつつ、

最後にシェフと記念撮影。

  DSCF6143-1.jpg
ゴージャスちゃんと私。

結局、ミーハーな私達でした。




| おでかけ | 15:25 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

うちかふぇ始めました

我が家に新兵器登場。


  DSC_3835.jpg NESCAFE Dolce Gusto

エスプレッソ、レギュラーブレンド、カプチーノ、ラッテマキアート、チョコチーノ…。
色々楽しめます。

スイッチオンしてから抽出完了までの時間が短いのもありがたい。
慌しい朝にもストレスフリー。

  DSC_3791.jpg

バリスタ修行しなくっちゃ。

今のところ、うちかふぇメニューは、ブレンドとマキアートのみ。
これから増やしていく予定です。

あ。もうひとつメニューありました。
大人セット。

  DSC_3803.jpg
お腹周りが気になるあなたに糖質オフ系発泡酒と、
スパムジャーキーのセット。

私が燻製の師と仰ぐ「燻製道士」さんのブログで見つけた“スパムジャーキー”。

燻製道士さんのは本格派の燻製レシピ。
なんちゃって燻製器の「いぶす君」しか持っていない私。
アレンジして作りました。

風乾、温乾という作業の代わりに、スライスしたスパムをラップなしでレンジへ。
表3分、裏2分で粗熱を取る。
これで結構乾燥できました。

で「いぶす君」で燻製15分。
桜のチップでね。

うふ。ジャーキーじゃ~ん。
冷蔵庫で一日寝かせば、よりパリ感。
ビールのツマミにもってこいですわよ~ん。

美味しいコーヒーとスパムのジャーキー。

うちかふぇ始めました。

  DSC_3808-1.jpg


メニュー少なっ!

| プチ自慢 | 12:48 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

和食で旬堪能

昨夜は興奮しましたねぇ。
ロスタイムの4分間。
危ないシーンではついギャーーーッと。
深夜ということも忘れ…。
お隣さんの赤ちゃん、起きなかったかしら?ごめんねぇ。
晋彦はそんななかも寝っこいてました。


そんな日の夕食。
W杯とは何の関係もないですけど、
旬なモノを沢山いただきました。

焼き物は「時鮭のハラス」

  DSC_3647.jpg

 「時鮭」、「時知らず」とも呼ばれる。
 普通の鮭の旬は冬。春~夏に獲れるので「時知らず」と呼ばれています。
 通常の鮭は川にソジョウした4~5歳魚。に対し、
 「時鮭」は回遊途中に海で漁獲された2~3歳魚で、脂の乗りが良くて旨い。
 漁獲量が少ない為、スーパーで見かけたら即買いをおススメします。

 
そんな時鮭のハラス。脂ノリブリブリ。くどくないノリノリ。


汁物は「グリーンアスパラのすり流し」

  DSC_3658.jpg

 茹でたアスパラを出し汁とともにハンディミキサーで攪拌し、裏漉しする。
 鍋に戻して火にかけ、水溶き片栗粉でとろみをつける。
 淡口しょう油少々、酒少々、塩少々で調味する。
 


ご飯は「桜えびの炊き込みご飯」

  DSC_3652.jpg

この旬な時期、必ず一度は食べたくなる炊き込み。
後引く旨さ。もちろんオカワリしましたわ。
桜えび、かき揚げも美味しいけどね。


旬じゃないけど… 「タコとトマトのマリネ」

  DSC_3648.jpg

近所のスーパー。
普段はモーリタイア産かモロッコ産のタコしか売ってないのに、
長崎産のタコ発見。
国産物には弱いのよねー、やっぱり。味が濃い気がしましたけど…。


和食はいいねぇ。手間掛かるけど…

  DSC_3656.jpg

そんな余裕ができた自分がうれしかったりしまふ。
 

| 料理 | 12:57 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ケーク・サレ


関東地方もついに入梅。

  DSC_3670.jpg

ベランダのアジサイは嬉しそう。
晋彦はつまんなそう。
お散歩ナシの日が続きそう…。



amazonで3月に注文していた本がやっと届きました。

  441809014_l.jpg  「Paris発、パウンド型で50のケーク」世界文化社

フランスで大ブレーク中のレシピ本。
というフレコミ。
ケーク・サレ(甘くない、おつまみ感覚のパウンドケーキ)のレシピ25、
ケーク・シュクレ(甘い、デザートのパウンドケーキ)のレシピ25が掲載された本と、
シリコンのミニパウンド型、木製スプーンがセット。

amazonから2度にわたり、
「入荷未定につき、キャンセルも可能です」のメールが。
いつか届くでしょ、と思ってほっておいたが、
3ヶ月も掛かろうとは!
正に忘れた頃に届いた本。

フランス版の直訳本。
レシピを覗くと、日本ではあまり馴染みのナイ食材がふんだんに使われてます(笑

適当にアレンジして作ってみました。

  DSC_3663.jpg
簡単。
混ぜて焼くだけ。

  DSC_3666.jpg
「ベーコンとサラミとブラウンマッシュルームのケーク・サレ」

基本は小麦粉・ベーキングパウダー・卵・生クリーム。
今回は、生クリームの代わりに豆乳でアッサリと仕上げてみました。

朝食によし。
ワインの友によし。

レシピ本の食材をアレンジしつつ色々試してみよーーっと。


料理とともに私の趣味である洋服のリメイク。

新たにまた一つ完成。

  DSC_3766.jpg 2年前まで主流だったピタT

このTシャツ、サイズをワンサイズアップして買ったにもかかわらず、
超ピッタピタ。
スタッズとスワロフスキーが付いたコッカーの柄に一目惚れしたお気に入り。
しかし、あまりのピタ度に、着る機会が訪れず。
ウエストに乗る腹肉がモロバレでさ。

でも着たい!

で、お直し。

  DSC_3773-1.jpg

両脇をほどいて、三角形の布を縫い合せ、
チュニック風に。

平置きだから分りにくいけど、
かなりイイ感じに仕上がったよーん。

三角形に切り取ったTシャツも超ピタTでした。
ダーリンのNY土産のアバクロ。
もう2度と着る機会が訪れないだろうと思ってたけど、
こうやって再生できた。
モスキーノとアバクロのコラボTシャツ♪

アイディアは姉。
もう10着以上をこのようにリメイクしてました。
しかも全てチクチク手縫い!
恐るべし姉。

私はミシンでスイスイと完成。
あーー、楽しい~、リメイク。


  DSC_3769.jpg
Tシャツの撮影をしてフト気がつくと、
ヒマなヤツらが集合してました。

| 料理 | 16:31 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

すき焼きのハズが…

「すき焼き食べたいねぇ」
意見が一致して、すき焼きの肉を買いに行った。

すき焼きの準備開始。
まずその前にワイン、ワイン。

飲みながら準備。ちびちび…ごくごく。

飲みすぎたらしい。

  DSC_3582-1.jpg

この段階ですでにオカシイよね。
すき焼きの盛りじゃなくない?

私の脳の中で、いつの間にやらスイッチが切り替わっていたらしい。

すき焼きの割り下を作るハズが、
何故か、焼肉のタレを作っていた。

  DSC_3586-1.jpg

鉄板の上は、もはや、すき焼きというより焼肉というよりも肉野菜炒め状態。

しかし、酔っ払いの私は、未だその状況に気がついておらず、
翌朝目が覚めて、ハタと気がつく。

私:「ねぇ、そういえば、昨日のあれ、すき焼きじゃなくて焼肉だったよねぇ?」

ダ:「そうだよ。焼肉。」

私:「でも、すき焼きの肉、焼肉にしても美味しかったね。」

ダ:「そう?僕はやっぱりすき焼きの方がよかった。
   頭の中がすき焼きになってからさー。」


ひーー。すまねーー。
なのにその時は文句すら言わなかったダーリン。
飲みすぎに反省。

で、数日後、すき焼きに致しました。


しっかり割り下も準備して、

  DSC_3607-1.jpg
正しい盛り。肉多目に買っておいてよかったぁ。

  DSC_3611-1.jpg
正しいすき焼き。

  
〆はさぬきうどん。

  DSC_3619-1.jpg
正しいすき焼きの〆。


ヤバイよね。私。
やっぱり母のDNAが…。(恐っ

| 料理 | 14:38 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

恥ずかしながら…^^;



GWに参加したダンスイベント。
DVDが届きました。

ラテンショーダンスってどんなの?
という参考までに。

あくまでも素人ラテンダンサーなので広い心でご覧ください。
5分少々あります。長いです。
おヒマな時間がある時に、どぞ。

私は、どこかにいます(笑


  

| 動画 | 13:21 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自己満記録2


引き続き、料理画像の羅列。

整理してみると、
季節の移ろいとともに、自分の気持ちの移ろいも感じますわ。

自己満記録1より、心の余裕が感じられる食卓が増えてきたような。


  DSC_3276-1.jpg
タケノコと厚揚げの煮物 釜揚げシラスおろし 花わさびのお浸し
春ですねぇ。

  DSC_3391-1.jpg
トンカツもどき 
豚ローススライスの間にハンペンをすり身状にした物を挟み揚げたもの。
ちょっとだけヘルシー。

  DSC_3401-1.jpg
ウナギの白焼き丼
ウナギに山わさびの醤油漬けと花わさびを乗せて。  

  DSC_3411-1.jpg
ホタルイカと空豆のパスタ

  DSC_3419-1.jpg
カツオとアボカドのサラダ タルタルソースかけ

  DSC_3422-1.jpg
牛肉とニラの蒸しもの


このあたりで母の問題が全て完了。
引越しも終わり、韓国へ旅立つ。

そして、韓国食材を手に帰国。

  DSC_3451-1.jpg
蒸し鶏 手作り韓国味噌添え
土産で買ったコチュカル(韓国粉唐辛子)とネギ・生姜・味噌で作った唐辛子味噌。
コチュカルは強い辛味の中に甘みもあるのでドッサリ使っても激辛にはならず。

  DSC_3466-1.jpg
土産で買ったエゴマのキムチと韓国海苔のキムチで一口おむすび
エビのマンゴーマヨネーズ炒め ひよこ豆のスープ

  DSC_3512-1.jpg
山形牛ステーキ マッシュポテト添え
マッシュポテトに韓国海苔を混ぜ込んでます。

韓国から帰ってからも続く マイ韓国ブームの食卓でした。
そしてやっぱり和が恋しくなり…

  DSC_3533-1.jpg
キンメの煮付け

やっぱりキンメは煮付けでしょー。
大根がキンメの旨味を吸って旨かったぁ。久々自画自賛(笑

  DSC_3539-1.jpg
カツオのたたきのヅケ
おろした長芋と一緒にいただきました。


先週までの画像アップ終了~。

料理記録を振り返って分った。
料理って、自分の心が反映されちゃうんだね~。
文字で日記綴るよりも分かり易いわ。
レシピなんかは忘れちゃってるけど、
出来上がった料理からその時の自分のツブヤキが聞こえてくる。

料理には人柄が出る。
なんてことを申しますが、その通りなんだね~。
この記録を通じて改めて気付いた事実。肝に銘じ精進いたします。

そして、
独りよがりな自己満足記録をご一読いただいた方、感謝いたします。




おまけ

買ってきた豆苗(とうみょう)。
種の上でザックリ切り、2度栽培の水耕栽培でこんなに大きく育ちました。


  DSC_3285-1.jpg

小市民の喜び♪

| 料理 | 14:20 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ご無沙汰の料理ブログ 自己満記録1

紐解けば、4月22日以来、料理記事を書いていなかった。

何かとパタパタしていたとはいえ、
主婦としてダーリンの為に(ブッ)食事は作っていたわけで、
画像がタンマリと溜まっております。

何を作ったのか?
画像見ても思い出せないものもありまスミダ。
しかし折角産み出した料理たち。
自己満足の記録として羅列します。
すんません。

  DSC_3134-1.jpg
チーズのせアクアパッツァ 魚は何?

  DSC_3123-1.jpg
たぶん、イカ墨パスタ 一緒に和えてある食材は何?

  DSC_3146-1.jpg
パリパリ餃子 たぶんワンタンの皮で作ったんだな。なので正確にはパリパリ焼ワンタンか。

  DSC_3155-1.jpg
あんかけ焼きそば これは間違いない(笑

  DSC_3162-1.jpg
全く覚えてない。 何かのクリームパスタ… やれやれ。

  DSC_3167-1.jpg
チャプチェ これも間違いなし。

  DSC_3185-1.jpg
刺身盛り合わせ カンパチ ボタンエビ 明石のタコ ヒラメ アボカドだったかな?

  DSC_3196-1.jpg
砂肝とタケノコのパスタ 何かヒジキも入ってる気がする…

  DSC_3271-1.jpg
冷やしうどん 納豆 タコ イクラ 新玉ネギ きゅうり他



人の記憶というものは危うきものです。
しかし、ここのところダーリンにも心配されている程に健忘症の症状が顕著。
母があーーなもんで、マジ心配でふ。DNA。

それにしても羅列してみると、麺類が多いこと。
パタパタを物語っておる。
疲れてて、やる気がイマイチ出なかったんだよなー。
そんなときは好きなパスタ料理。
和食は手が掛かるも~ん。


自己満記録 つづく


| 料理 | 13:43 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やっと完結 韓国旅行記

なんで2泊3日の出来事を5日にも渡って書くかなぁ。
まとめる能力低すぎでしょ、私…。

  DSCF6106.jpg
韓国銀行前広場の噴水と中央郵便局(右建物)
  
  DSCF6109.jpg
東大門付近の清渓川(チョンゲチョン)

この清渓川、数年前まで高速道路でした。
元々清渓川はあったのですが、蓋をされ、高速道路に。
イ・ミョンバク大統領の下、復元工事が始まり、今では都会のオアシスに。
夜にはライトアップされてました。
  DSCF6048.jpg
やるなー、イ・ミョンバク。よっ、大統領


ロッテ百貨店の地下で、最後の買い物。
サキイカのキムチ、韓国海苔のキムチ、エゴマのキムチ、半生ビーフジャーキー等々。
これでもか!という程ラップで巻いてくれるので、キムチの匂いはもれません。
スーツケースに入れても大丈夫よん。

土産物屋さんのキムチよりも断然旨い。
試食し放題だし。

この試食のさせ方が、また面白い。
売り子さんが、直接口に入れてくれる。
私はまるでヒナ鳥。
親鳥にエサをもらっているヒナ鳥の気分満喫(笑
しかも、一本のフォークで色んな人の口に入れるざます。
衛生的にどうなのよ。
と、考える暇さえない程、次から次へと違う食材を口に放り込まれた。

おもしろ韓国文化。
是非、体験してみてください。ロッテ百貨店、キムチ対面販売コーナーで。


帰りの飛行機の時間まで、もう僅か。

食べ忘れてるもの…???????

焼肉食べてないじゃん!

  DSCF6111.jpg
  ↑焼肉のオマケたち

  DSCF6116.jpg
韓牛の骨付きカルビを食べました。

うふーー。満足。
でもさ、やっぱり、聞いてはいたが、
日本の肉の方がうまいね(笑
脂の乗りが全く違う。そりゃ、そーだ。

ベツモノとして捉えれば、旨いのよ、韓国の焼肉。
全部焼いてくれるし。野菜は沢山食べられるし。
だから比較してはいけません。ごちそうさま。


ここでついにタイムアップ。

この後1週間、韓国の彼とラブな時間を過ごすモテ子。
ロッテホテルで「アラフィーカシマシ娘」は晴れて解散。
ハグしてモテ子とはバイバ~イ。
ホントにお世話になりました。
あなたのおかげでかなりお得な、そして楽チンで楽しい旅ができました。
これに懲りず、またご一緒してくださいませ。

  DSCF6068.jpg

異文化を沢山感じることの出来た旅でした。

そうそう。異文化体験といえば、もう一つ。
韓国の男性、特に年配のおっちゃん達はかなりイタリアーノ。
通りすがりに「カワイイね」とか「キレイだね」とか普通に言います。
多分、「こんにちは」的な、挨拶なんだろね。

フードコートでご飯食べてたときだって、
突然やってきたおじちゃん:「ご飯おいしい?」………「かわいいね」
そのまま歩き去る。

なんのこっちゃ?

おもしろ韓国文化。

是非、みなさまも韓国へお出掛けして異文化を体感してくださいませ。
女子は女子同士でお出掛けすることをおススメいたします。
そして、できますれば、ハングルを話せる友人とご一緒に。
断然対応が違います。

長々とお付き合いくださいませして、ありがとうございました。

ふぅーーーっ。やっと。

おしまい。

  DSC_3518-2.jpg
韓国土産の人気モノ 「Market O」のリアルブラウニー&ベイクドポテトフロマージュ。
と、「Crown」のバターワッフル。
韓国のコンビニで買えます。ウマスみだー(嘘ハングル)。マシッソヨー。

| おでかけ | 14:28 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2泊3日韓国の旅 その4

そろそろ皆様飽きましたよね、韓国ネタ。
私もそろそろ飽きました(笑

といいつつ、続きを。


梨泰院(イテウォン)から明洞(ミョンドン)に戻り、
またショッピングしつつブラブラ。
  DSCF6089.jpg
お腹一杯と言いつつも屋台が気になる。

この後、「明洞汗蒸幕(ミョンドンハンジュンマク)」へ。
アカスリと経絡(リンパマッサージ)を受ける。

汗蒸幕(高温サウナ)に入る前、体重計に乗ってみた。
ここ何年も見たことがない数値をたたき出す。オーマイガッ
サウナで汗かきまくって体重落とさねば。

普段から新陳代謝が異常に良い私。
サウナから出てくると、韓国人のオバちゃんに
「あなた、汗、すごい」と。
再び体重計に乗ると、すでに1.5キロ減。
ヤッタ。

経絡はホントに気持ちが良くて、あっという間に夢の世界へ。
体スッキリ。

そして腹が減った(笑

もうすでに深夜。
屋台モノをテイクアウトしてホテルで夜食。
  DSCF6094.jpg 「キムパプ(韓国海苔巻き)、韓国餃子、
韓国おでん、ラーメン」

韓国おでんが美味しかったなぁ。魚のすり身の串刺しおでん。
ラーメンは超のびてました。完食しましたけど(笑

そしてまた腹一杯のママ就寝。


朝はゆっくりと起きて、
ロッテ百貨店地下のフードコートで朝昼食。
ちょっと気になるモノがありまして…。

  DSCF6097.jpg 「Mongo’s Khan(モンゴスカン)」

モンゴルバーベキューの店。

  DSCF6095.jpg 羊の肉が入った丼を渡され、
自分で好きな分だけ野菜類や魚介類等々を丼に盛る。テンコに盛る。
で、おばさんに渡すと、うどんとそばの中間くらいの太さの麺をそこに更に盛ってくれる。
5種類のタレとコチュジャンをかけて、

  DSCF6098.jpg 超大型の丸い鉄板でおじさんが焼いてくれる。

そしてモンゴル焼きそばのできあがり。

  DSCF6099.jpg
奥のがモンゴル焼きそば。
手前はトッポギ。
ジュースは韓国の甘酒・シッケ

期待しすぎたのか、至って普通の焼きそば、ってか焼きうどん。という感じ。
コチュジャンの量を多目にリクエストした方が旨いとおもいますみだ。

この後、ホテルをチェックアウトして、南大門へ。
ここは特に興味を惹かれるモノもなく、人の多さに辟易し早々に退散。
そして、東大門は光煕市場(クァンヒシジャン)の革製品問屋へ。
問屋さんがひしめく。
ゴージャスちゃんがこの中の「一宇社」という店で、ライダースジャケットを2点お買い上げ。
イタリア製ラム革、ちょいシワ加工、ナメシも中々良く軽い。
タイトなシルエットでカッコイイじょ。
「カッカジュセヨ」連発で、1着1万5千円に。

他も色々物色したが、想像以上にデザイン良く質も良いのが多いねー。
次回はムートンを買いに来よう。


あと、もうひといき…
「その4」で終わるのも何か縁起悪い感じで(笑
無理矢理、つづく。

| おでかけ | 13:53 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2泊3日韓国の旅 その3


怒涛のショッピング。
ふと気が付くともう夕方よ。
腹減るハズだ。

梨泰院(イテウォン)から徒歩15分程の店で昼夕食。
 梨泰院は近くに軍事基地や各国大使館がある街。
 在韓外国人の方を多くお見かけしました。
 異国情緒のあるところ。って私にとってはどっちみち異国だけどさ。

モテ子に連れて行ってもらったその店。
ジモティしか行かないようなディープな場所にある。
日本語は全く通じない。
それだけに期待できるじゃーん。

  DSCF6074.jpg
これはすべてオマケ。
勝手にこんだけ出てきます。
どんどんオカワリも持ってきてくれますみだ^^V

メインは、

  DSCF6077.jpg
カンジャンケジャン!!
 新鮮な生のワタリガニを刻んだタマネギやニンニクなどを入れた醤油ベースのタレに漬け、
 熟成させた"カニの醤油漬け"。

ミソたっぷり!!
足はチュウチュウしゃぶり、
ミソたっぷりの甲羅には、ご飯を入れてマゼマゼして食べます。
くーーー、酒もってこーーーい。な味。


  DSCF6082.jpg
『トゥッペギクルパップ』土鍋牡蠣ご飯なり。

石焼ビビンバの牡蠣版ですな。
唸った。げきうます。

 一度ご飯は全部別の器に移し、土鍋に張り付いたご飯のおこげのみ残す。
 そこへダシをドーーッと流し入れて、蓋をし、おこげをはがして、
  DSCF6083.jpg
 それをスープ代わりに頂きながら、牡蠣飯を食べる。


  DSCF6080.jpg
『ムッ』 ドングリの粉のでん粉質を固めたもの。
茶色っぽい細長い形のがムッです。
食感は葛餅。
味はねー、形容し難い。
たぶんドングリの味(笑
食感は好きでした。という表現で止めておきましょう。

一品一品の量が多いし、しかもエンドレスオマケ攻撃。
それでも美味しくて腹一杯の限度を越えて食べ続けた。

それでも食べきれない。

いやぁーーーん。残すのヤダーー!
って思ってたら、

「韓国は食べ残すのが礼儀なのよ。」と、モテ子。

 残すことによって「食べきれないほどのごちそう。ありがとうございました!」という意味をなし、
 全部食べ尽くすと「もてなしが足りない」ということになっちまうんだと。


また新に韓国の文化を知った私であった。
興味深い国ですわ。

って、またつづく…。んかい。
なげー。

| おでかけ | 12:40 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2泊3日韓国の旅 その2

2日目の韓国。

朝ゆっくり起きて、目覚めのドリンクを飲む。
  DSCF6061.jpg バナナ牛乳すみだ。
もちろん、手は腰。ぐびぐび。

このバナナ牛乳、昨年のコンビニ売り上げナンバーワン商品だってさ。
美味しかったよー。
味はバナナ味の牛乳(笑

シッカリメイクを施し、いざ出陣!

  DSCF6063.jpg
何故かホテル前で消防訓練をしておりました。
つい写真撮る私も私。

とりあえず朝食を。
って、時間はお昼に近い時間ですけど。

  DSCF6066.jpg
是非食べたいとリクエストした「あわび粥」@明洞「コンジハウス」
とにかくあわびタップリ!

香港のお粥とは全く違う。それは牛骨スープで煮込んでいるからみたい。
味付けは殆どされておらず、韓国海苔やキムチをぶち込んで自分好みの味にして食べる。
というのが韓国スタイルね。
私は香港のお粥の方がグッとくるです。

水キムチはうまかったっす。
水キムチ、これはスープなんだってねぇ。
もちろん具の大根を食べてもイイけど、基本は飲み物。(モテ子曰く
知らなかった。


この後、怒涛のショッピングタイム。
  DSCF6088.jpg 明洞コスメストリート

モテ子おススメのショップ「化粧ランド21」でシートパックを大人買い。
モテ子は箱買いしてました。

韓国はオマケ文化。
コスメを買うと、大量の試供品が付いてきます。
それだけでなく、コスメ店に足を踏み入れるだけで何かしらくれます。
買わなくても良いのよ。
シートパック沢山もらっちゃった。

コンビニでガムを買ったら、ガムのオマケが付いてたし(笑
モテ子が以前雑誌買ったら、ドライヤーのオマケが付いてたって(爆

おもしろ韓国文化。

タクシーで梨泰院(イテウォン)へ移動。
ここからはバッタモン買い。
モテ子の知り合いの店をはしご。

時計、革製品、衣料品雑貨。

ここでもまた韓国文化を実感する。
スーパーコピコピ文化。

そしてここでまたモテ子のモテップリを実感する(笑
行く店、行く店の店主、モテ子を熱烈歓迎!!
目がハートすみだ~。
「君たちは彼女と一緒に来たから、この価格でイイよ。
 彼女と一緒じゃなきゃ、この価格にはならないんだから。
 彼女はホントにイイ子でねぇ~ うんちゃらかんちゃらぺらぺらぺらぺら

わかったっちゅ~の。
モテ子、じじ殺しであった(笑

私、バッタモンにはあまり興味がない。
やっぱ大人は本物持たにゃ!

とかいいつつ、ついつい買ってしまいました。
晋作&彦次郎へのお土産。
  DSC_3527.jpg
なんちゃってセレブ犬です、晋彦(笑
カラー&リード×2=5千円程(モテ子価格



ひ~、また長くなった

  ので

つづく…

| おでかけ | 13:09 | comments:11 | trackbacks(-) | TOP↑

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月