シュフズテーブル ~主婦の食卓~

家庭料理研究家の日常食卓メモランダム。 そして愛犬『晋作』と『彦次郎』のこと。

2009年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月

≫ EDIT

2009香港 拜拜

  DSCF0567.jpg

23時。ホテルをチェックアウト。

  DSCF0619.jpg

香港空港へはエアポートエクスプレス(専用特急列車)が便利。
深夜1時過ぎまで12分間隔で運行されてます。

ホテルからその駅「香港ステーション」までは歩いても至近。
でも荷物のピックアップをベルボーイさんに頼めば、
香港ステーションまでの無料シャトルを手配してくれます。

香港ステーションに着いたら、そこには各航空会社のチェックインカウンターが。
空港に行かずしてチェックインでき、荷物も預けられます。とてもコンビーニエント。

いつもはそうであった。

しかーーし、今回、JALのカウンター見当たらない。
ANAのカウンターはあるのにJALはない。
「JAL CLOSED」の文字が。

JAL経費削減かい。
深夜便は空港でチェックインしろと。そーなんかい。

羽田(深夜)便の落とし穴。その1。


空港でチェックイン。
SAKURAラウンジでまったりしようと思ってた。

ら。

チケットには別のラウンジが記されている。
各航空会社共用のラウンジらしい。

SAKURAラウンジも既にCLOSED。

共用のラウンジ。
びっくりする程狭く、そして蒸し暑く、揚げ物の油の臭いが充満。
しかもワインがびっくりする程不味い!
ビールは冷えてない。
しかも日本人のカップルが口喧嘩してた(笑

このラウンジ。最低。最悪。

羽田(深夜)便の落とし穴。その2。


よっぽどラウンジの外の方が気持ち良い。
ので、早々に退散。

ビジネスの恩恵ないじゃーーーん。


とかなんとか。

深夜1時35分、香港国際空港を離陸。

流石にこの時間、アルコールもそうそう欲しない。
梅酒をロックでいただき就寝しようかと…。

CA「この先揺れが予想されているので宜しければ先に朝食をお持ちいたしますが…」

って。夜中の2時ですけどぉ~。

ま。いただけるものはいただいておきましょう。食いしん坊の悲しい性。

  DSCF0622.jpg

かなり質素

羽田(深夜)便の落とし穴。その3。

メインはお粥です。
香港のウマイお粥を食べてから10数時間後の機内食のお粥。
喰えねぇ~。ってば~。ハッキリ言いますが、不味い


羽田便には落とし穴が3つ存在したのでした。

便利だけど、これじゃーね。エコノミー席で十分です。

そうそう。
CAのお言葉通り、3時間強のフライト中、2時間強は揺れ揺れでした。
(海洋公園のゴンドラの方が恐かった…)


次回からはやっぱり成田便にし~よおっと。

ほぼ空っぽで出発したスーツケース。
帰りには32.6キロになってました。
調味料と食材、靴5足でパンパンさ。


楽しい美味しい香港記、これにて終了。
ホントに長くなってしまいました。
お付き合いいただきまして、誠に誠にありがとうございました。飽きたでしょ~?(笑
また来年♪

拜拜(ばいばい)。


  DSCF2648-1.jpg

スポンサーサイト

| おでかけ | 12:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2009香港 海洋公園のジャイアント

海洋公園(オーシャンパーク)に行った理由。
今回の香港旅行のメインイベント。

それはねー。
どうしても会いたかった子達がそこにいたから。

  DSCF0599.jpg
この子もカワイイが…違う。

  DSCF2621.jpg
かなり近いけど…この子でもナイ。

  DSCF0607.jpg いや。いや。

  DSCF2590.jpg
いえ。いえ。

  DSCF2586.jpg
おーいぇい。


公園のリーフレットを見ながら「Giant Panda Habitat」の建物を目指す。
だって、ジャイアントパンダの生息地ってことでしょ?
入ってみると、
ガラス張りの3区画にそれぞれパンダが1頭ずつ飼育されている模様。
しかし、パンダいないじゃ~ん。

一番奥の1区画。
モニターが設置してあって、見学者からは見られない室内の様子が映し出されていた。
いた!
室内で竹食べてる。
おお。動いた。動いた。
出てくるのか~。

お。あ。あ。あ。姿が見えたぞーーー。

  DSCF2585.jpg
オーーーーーいぇいいぇーーーっす。

んが。ここ止まり。
数分ねばったけど、動く気配なし。

ショーーーーーック!

マジで~?
わざわざ来たのにこんだけーーーー。
ものすごーく盛り下がる、私達。

トボトボとここを出て途方に暮れる。

とりあえず山頂まで行こう。

  








子供たちの絶叫が聞こえていた。  

私達も恐くてテンション上がる(笑
ゴンドラ搭乗中、も一度リーフレットを見直す。
そしたら「Panda Village」というのがあること発見!

急げ!急げ!
「Panda Village」

  









そっかー。
パンダはパンダでもレッサーパンダだったのね
でも可愛かったから、ま、いーか。


で。隣はなぁ~に?

  DSCF2628.jpg
いたぁーーーーっ!
しかも動いてる。
しかも、しかも間近。至近!!

  DSCF2630-1.jpg
思わずピースするおばちゃん。

  DSCF0606.jpg 激カワ。生パンダ。

上野動物園で見て以来、何十年ぶりかしら。
興奮のウツボ。ルツボ。

  DSCF2666.jpg

とにかく延々竹を食む。
それだけなのだが、何故にこんなに癒されるのか。
体が沸騰するのか。
神に感謝。
白黒毛モジャをありがとう。

  DSCF2650.jpg
うひょうひょ、ひーひー言いながら延々ビデオを回し続けた。

長いので、お暇な時にどうぞ。↓

  







  
  








   









香港3日目。
パンダにひーひー。四川料理にひーひー。
ひーひーひーひーの1日でした。

| おでかけ | 15:26 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2009香港 食の祭典3

ながながとお付き合いいただいております香港記。
3日目です。

3泊4日の旅ですが、深夜便で帰国なので1泊は機中。
ってことで最終日。

もう少々お付き合いくださいませ。



んで、3日目。
  DSCF2530.jpg
雲はまだ少し重いけど、晴れ。
朝、ホテルのプールへ。

     DSCF2500.jpg 腕がタクマシイ…
旅に出るときは必ずいつも、競泳水着と水泳帽とゴーグル持参。
本気で泳ぎます。
この日も1キロ泳いだ。
     DSCF2525.jpg 本気で泳ぎ DSCF2510.jpg ジャクージでまったりする。 



ささっ。
イイ感じでお腹はぺこぺこ。
朝食。朝食。

  DSCF2579.jpg
羅富記粥麺専家(ローフーキジョッミンジュンガー)」
星はないけど、ミシュランでも紹介されているジモティーに人気の粥麺店。
50年以上の歴史がある老舗。

  DSCF0590.jpg
香港来たらお粥はハズセナイ。
横浜中華街の人気店のお粥なんて足下にも及ばず。
今回、大好きなピータン粥は封印し、「豚モツ粥」をチョイス。
ダーリンは「豚団子粥」。
揚げパン(油条)の別オーダーは必!
辛味噌をマゼマゼして食べるあるよ。
ウメー。ウメー。梅~。
頭から汗噴出す。


ホントはね、この日マカオ行きを予定していた。
しかし、出国直前に発覚した深夜便帰国。
ドタバタの旅は避けたい(大人として…^^;
ってことで急遽予定変更。

向かった先は、
  DSCF0591.jpg
海洋公園(オーシャン・パーク)」
前々から行ってみたかった場所。
行ってみたかった…というか、会いたい毛モジャちゃん達がいたから。
このお話は次回、ゆっくりと。

ここ海洋公園、アジア屈指の規模。
山のフモトと山の上、2つのエリアからなる。
絶叫マシーンなどのアトラクションと水族館・イルカなどのショーシアターが併設。
所謂、香港版「八景島シーパラダイス」。
規模はチャウけど。

  DSCF2616.jpg
超スケアリーなゴンドラに乗って山頂へ。

  DSCF2604-1のコピー 元気な女
山頂からは、水上レストランで有名なアバディーンの「ジャンボ・キングダム」が望める。

ひょっとしてもうお昼?お腹空いてきたよねぇ。
おお。うまそやないのぉ~。
DSCF0602.jpg テカテカ食材
DSCF2612.jpg
「バーベキューポークとチキンロースト丼」
うっそー。行楽地でこの味!美味しいんですけど。マジ。
恐るべし、香港の食。

この後、また超スケアリーなゴンドラに乗り下山。
そして毛モジャを心余すところなく堪能し、帰路につく。

さー。さー。香港最後の食ですわよー。

やっぱり四川が食べたい!!!
どーしても食べたい!!
ひーひー言いたい!!

毎回行っている「南北楼」は封印。
雲陽閣川菜館(ワンヨンゴッチュンチョイグン」を予約。

  DSCF0610.jpg
ビールのお供に「茹でピーナツ」 

  DSCF0614.jpg
「鶏肉の唐辛子炒め 乾煎鶏」

  DSCF2674.jpg
「海老チリ」

  DSCF2675.jpg
「麻婆豆腐」

  DSCF2679.jpg
「坦々麺」

またまたかなり王道なチョイス。
四川といえばこれ!ですよ、やっぱり。

気になるでしょ。鶏肉の唐辛子炒め。
どんな感じかご説明いたしましょう。

  DSCF2671-1のコピー

                        

  DSCF2672-1のコピー

                        

  DSCF2676-1のコピー への字口


鶏自体は辛くない。
しかし、私は唐辛子を食べてしまった。
甘く見た。デッカイ唐辛子は辛くないだろーーーと。
一度火の付いた舌に追い討ちをかける中国山椒のピリピリ感。
やられた!
とはいえ、辛モノ好きな女一匹かときっち。
ひーひー言いながら、ウメーも連発。
ひー、ウメー。ひーひーウメー。

最後の〆。大好物の坦々麺に、
  DSCF2678-1.jpg

わかり易い女である。

四川料理大好き。
ここもイイけど、やっぱり私は「南北楼」の方が好きだなぁ~。
特に坦々麺は断然「南北楼」。
何事も経験ですから。

香港 食の祭典はこれにて終了。
あーーーーーー。長かったね(笑

でも、香港特集はまだつづく…


  あたしの顔百面相シリーズ。リクエストがあったので大サービス♪
  こんなんでえーでしょ~か?空豆母・・

| 未分類 | 16:50 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2009香港 食の祭典2のつづき

2日目のつづき。

エステして、マンゴーデザート食べ、一度ホテルに戻る。
激しかった雨がやむ。
  DSCF2531.jpg ブルースカイ

時間は18時。
部屋でゴロゴロしながら夕食は何にしようか?ダーリンと検討する。
「ガチョウ食べたいねー」
意見一致。

予約の電話を入れる。

「21時からなら大丈夫です」

ウインドーショッピング等々しながら時を過ごす。
  DSCF0550.jpg
東京でもまだ行ったことがなかったH&M。
アジア初上陸は韓国ではなく、日本でもなく、ここ香港
元々お安いのにSALE中。
マジですか?位お安いウエアが所狭しと並んでおりました。22時までオープン。


ぴ。ぴ。ぴ。ぴ~ん。夕食のお時間です。

  DSCF2453.jpg
「記酒家(ヨンゲイジャヅャウガー」(←日本語のHPあり)
ガチョウのローストで世界的に有名な広東料理の店でございます。
香港ミシュランでは1つ星獲得。

では。どどどーーーんと。

  DSCF0538.jpg
「ピータン」

  DSCF2441.jpg
「特製豚腿のスライス」

  DSCF0541.jpg
「ガチョウのロースト1/2羽」

  DSCF0543.jpg
「ブロッコリーのカニ肉餡かけ」

豚腿うめーー。ハムのようですが、もっと、こう、コラーゲンを感じる歯ごたえ。
はい。プルっと。プルッと。

ハチミツをかけながらローストされたガチョウはジュースィー。
北京ダックのようにシツコクなく、脂ギロギロじゃなく、
パリッとほどよい脂ノリで、1/2羽二人でペロリ。
ローストの下に甘く煮た豆が隠れていて、これがまたイイ箸休めに。
DSCF2447.jpg こんな感じぃ
クセになります。

21時に入店時、広い店内ほぼ満席。
その後も続々と空いては埋まり、空いては埋まり。
予約必!のレストランです。

写ってないが、アルコホールはずーーっと「青島ビール」。

満足。満足。ガチョウに満足。
画像見てたらまた食べたくなった。ガチョウ万歳。

2日目の予定終了。


ホテルまで戻る道すがら、人集りを発見。
何。なにぃ~?

  DSCF2461.jpg
カメラマンもワラワラ。
香港スター!!   らしい。
誰か知ってる?
とりあえず、パパラッチしてみた。(ダーリンが


雨もすっかりやみ、台風もどうやら一過。
明日の予定はいかに?
乞うご期待!



私の顔百面相を期待されていた方、ごめんして。
夕食時の私は撮影されておりませんでした。
ので、サービスカット。

  DSCF0573-1.jpg
「朝起きてブルス・リーになったダーリン」

貧弱ぅ~。
下着だし…。
  

  
  

| おでかけ | 13:34 | comments:14 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2009香港 食の祭典2

香港滞在2日目。
台風接近。深夜から風雨激しい。
朝。まさにタライをひっくり返したような大雨。

ありがたいことに、
ホテル~駅~ショッピングモールをつなぐ通路がかなり発達している香港。
駅チカだけじゃなく、屋外も屋根付き通路が縦横に張り巡らされている。(特にセントラル

うまく路を選べば、ほとんど雨に濡れることなく目的地にたどり着けたりもする。

朝食に選んだ店。
  DSCF0525.jpg 「名都酒楼」

ホテルからほぼ濡れずに行けた「名都酒楼(ミンドウジャウラウ)」。
「世界一のエビ餃子の店」と御自ら謳っておりますのよ。
観光客にはあまり知られていない地元で評判の点心の店。
なのに、何故かあの「聘珍樓」グループの店だったりする。
実は、日系企業らしい(笑

でも、でも。昔ながらのワゴンスタイルで飲茶が楽しめま~す。

  DSCF2413.jpg  DSCF2419.jpg  DSCF2421.jpg

  DSCF0509.jpg  DSCF0511.jpg  DSCF0512.jpg  DSCF0513.jpg
  「叉焼入り腸粉」  「海老と干し海老入り腸粉」「スペアリブの煮込み」世界一「海老蒸し餃子」

  DSCF2412.jpg  DSCF0518.jpg  DSCF0520.jpg
  「叉焼まん」       「エッグタルト」     デザートわんさかのワゴン

 DSCF0515.jpg 大好物で埋め尽くされる

ワゴンが通るたびにあれもこれも気になる。気もそぞろ~。
でもね。でもね。
この程度で我慢しましたの。

だってぇ~。この後、お楽しみのエステなんですもぉ~ん。
これ以上食べたら、マッサージ中にリバーーース…^^;


まだ雨の昼下がり。
フォーシーズンズのSPAへ。
  DSCF0575-1.jpg

4種類のマッサージ(ロミロミ・タイ・ホットストーン・指圧)が一度に体験できる
「FOUR SEASONS FUSION」をチョイス。

マッサージの前にSPAで体を温めて…。
  DSCF2567.jpg  DSCF2557.jpg  DSCF2561.jpg
  DSCF2546.jpg

ヤッパリサイコーーー!!
リラックス&リフレッシュ。体中のムクミがトンズラあそばされましたわ。

ちなみにこの間、ダーリンとは別行動。(買い物に行ったらしい…

そして。
夕食までの小腹埋め対策。
  DSCF0528.jpg
「マンゴーパンケーキ」@「満記甜品(ムンゲイティンパン)」
  DSCF0529.jpg
「タピオカ入りマンゴーゼリーと薬草ゼリー」

旨くて、思わず…
  DSCF2429-2.jpg 小鼻ふくらむ。
何故か手はグー。


ひーー。
なんか長くなりすぎた。
夕食までたどり着けず。

ずびばぜん。
つづく。です。

| おでかけ | 14:35 | comments:17 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2009香港 食の祭典1

香港の旅の主目的は、言わずと知れた「食い倒れ」。
あまさずご報告いたしましょう。(長いよぉ~^^;

今回は1日目を。


とりあえず。機内食(笑

  DSCF0486.jpg

JALと京料理「京都芽生会」とのコラボ料理。
~高瀬川の夕立~

【前 菜】穴子 笹巻き寿司、海老含ませ、鱚 黄身焼き、雷こんにゃく煮
      エシャロット諸味噌、一寸豆、酢取り茗荷
【向 付】鯛のお造り
【小 鉢】鱧 南蛮漬け
【台の物】鰻の柳川しんじょとすずき宇治揚げ
香の物、味噌汁
和菓子

シャンパンから始まり、白ワイン、純米大吟醸。
朝から飲みすぎでしょ~。

酔いが醒めぬ間に、香港到着。

昼食はパスして、ショッピングへ。
  DSCF2376.jpg
来る度に訪れるアウトレット「SPACE」
中心地(セントラル)からはバスで30分程度。
SALE中につき、アウトレット価格から更に割引。
サイズが合えばラッキー。
品数は豊富ですわよ。見るだけで疲れた。


で。本日のメイン。
香港ミシュランで唯一3つ星を獲得したレストラン。
フォーシーズンズ内にある「龍景軒(ロンケイヒン)」
ここは、ホテル予約と同時に予約しときました。
何せ唯一の3つ星。

  DSCF0495.jpg

ここを訪れるのは3回目。
やっぱりホテルゲストの時の方が良い席をリザーブしてくれるわ。
 昨年マンダリンのコンシェルジュから予約入れてもらったのにも関わらず、
 超端っ子のチンマイ席でしたもの。
今回が一番良かったかも。ナイスビューだし。
後ろのテーブルには、コシノヒロコさんご一行様がいらっしゃいましたよん。

  DSCF0490.jpg
前菜 ナスのチリ炒め シイタケのフリット添え

朝から飲みすぎた為、グラスワインを…。
  DSCF2384-1.jpg
グラスワインなのにテイスティングせよと。
リースリングをチョイス。

    DSCF2388.jpg  DSCF0497.jpg
フカヒレのスープ カニ肉入りと酸辛湯

  DSCF2389.jpg
大エビのうまみ揚げ

  DSCF0502.jpg
トンポウロウ

うますぎて…。

  DSCF2392-1.jpg 超笑顔
   ご注意:香港では食器を持ち上げて食するのはマナー違反です。

  DSCF0503.jpg
おすすめの野菜炒め 数種のキノコと瓜

  DSCF0507.jpg
スモークサーモンの炒飯

  DSCF0508.jpg
マンゴープリンとグレープフルーツ&タピオカ入りマンゴージュース
 奥は、クコゼリーと蓮の実パイ


かなり王道のメニューをオーダーしました。
他店との違いが分り易いでしょ~。
文句無く美味しい。
特に気に入ったのはトンポウロウ。
1人1土鍋ペロリいけそうだった。
ふかひれのシャンタンの味、絶妙!!
エビのプリプリ感。(香港のエビはどこのもプリプリだけどね

炒飯は…。いまひとつかなぁ~。
やっぱり米自体の匂いがちょっとキツイ。
とはいえ、完食(笑 

やっぱりここ好き。
香港訪れる時にはハズセマセン。

日本の3つ星レストランみたいにビックリ!する程の料金じゃないしね。

  DSCF2404.jpg



翌日につづく…

| おでかけ | 14:42 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2009香港 旅が始まる

7月18日。
JL731にて成田から飛び立つ。
ショッピングでセッセと貯めてるマイレージ特典によるビジネスクラスでv^^v

 DSCF0484.jpg

いや。その直前にちょっとした問題勃発。

帰国時、超ヘビー級になっているだろう荷物。
その宅配の予約を成田のサクララウンジでしたときのこと。

オペレーター 「帰国便は?」
私       「21日のJL8730です」
オペレーター 「羽田到着は朝の6時45分ですね?」
私       「………。」

うっそぉーーーーーっ!!
朝?朝?あさぁ~っ!?

なんと、その時まで私達の中では
6時45分=18時45分
現地初
1時35分=13時35分

昨年まで香港←→羽田便は存在しなかった。成田便のみ。
深夜便が存在しなかったのである。
なので、全く気がつかず予約してしまったのであ~る。迂闊すぎる。

即、ラウンジのスタッフに時間変更できるか問うてみた。

アンサー:
 マイレージ特典にて取得したチケットは路線変更が不可。
 香港→羽田のみ可。香港→成田は不可。
 羽田便は1日1便。
 よって翌日の同便であれば変更可であるが、同日の別便には変更不可。


羽田便にはそんな落とし穴があったのねーー。
そっか。そっかー。
勉強になった。
しょうがない。
いや。考えようによっては、直前であれ、気付いてよかった。
宅配予約をしなければ、自分達の間違いに気づかぬまま旅程を終えていたはず。

で。
21日の13時35分の便にチェックインしようとして空港に行って…。
真っ青…。

おーー。よかった。よかった。

と自分達を慰めつつ機上の人となりました。

ちなみに、
特典交換でもビジネスクラスは1人1個の荷物の宅配は無料です。(今年の9月まで)


 DSCF0535.jpg 無事曇天の香港に到着

Tropical cyclone 台風接近中とか…

予定はほぼ気分次第。
たぶん私にとっては11回目の香港の旅。
はじまり、はじまり~。

 DSCF2522.jpg FOUR SEASONS

 DSCF2485-1.jpg

 DSCF2467.jpg Lobby

 DSCF2405.jpg Room

 DSCF2433.jpg Ferry

 DSCF2454.jpg Street

 DSCF2669.jpg Park

 DSCF2670.jpg
EAT!!

ちなみに。
ホテルのチェックアウトは21日から20日の深夜に変更。
しか~し、デイユースにすると料金変わらず。でした。ちゃん。ちゃん。

| おでかけ | 13:20 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もうすぐ帰国なり~

現地時間24時ちょうど。
香港空港にて時間つぶし中。
暑いよ、このラウンジ。

今回は羽田便なんだよねー。
楽チンだけど、深夜便。
これってどーよ。


ま。ま。おいといて。
リフレッシュいたしました。
食い倒れ…。そこまでじゃなかったわよ、今回は。
大人だから(笑

もうすぐ帰国いたします。
おいおい香港記はアップいたしますわー。
しばしお待ちくださいませ。

んじゃ~。

| マイセルフ | 01:08 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ではでは。


行ってきまぁ~す。

   DSC_9105.jpg

| 未分類 | 06:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一日早いですが…


明日、晋作は4歳になります。
しかし、本日夜から病院でお泊りです。お留守番です。

すまんねー。
帰ったらお祝いするからねー。

今日のところはこれでお茶を濁そう。と作りました。

  DSC_9087.jpg

  “バースディハンバーガー” 地味!

バンズはジャガイモ。
パティは馬肉。
卵に見立てたカボチャ。
 (これらは小麦粉又はオートミールを混ぜて焼いてます)
レタスの代わりに茹でキャベツ。


  DSC_9088.jpg 「これだけですか?」


まぁ。まぁ。まぁ。まぁ。
今日のところはこれでご勘弁を。

結構美味しいじゃ~ん。(もちろん味見しましたわ

| 晋作&彦次郎 | 14:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

野菜使い切り計画


3泊4日の短い旅ではあるが、
出かける前に野菜と乳製品は使い切ってしまいたい。

な。献立です。

    DSC_9082.jpg

残っていた生クリームとゴルゴンゾーラピカンテ(辛口のゴルゴンゾーラ)でパスタ。


そして、残り野菜諸々とチキンで蒸し煮。
焼きトウモロコシ添え。
  DSC_9079.jpg

鶏肉とトマト、モロッコインゲン、エリンギ、セロリ、ニンニク、茎ごとパセリ。
白ワインで蒸し煮にして、タイスキヤキソースで調味。
トウモロコシはスイートチリ・マヨネーズ・しょう油をまぶしてオーブンで焼いてます。


  DSC_9075.jpg
ナスのレンジ蒸しバルサミコソース和え と、
塩もみセロリのドレッシング&ゆかり和え。

ナスはスライスしてから水でさらし、
オリーブオイルと塩コショウして、レンジでチン。
熱いうちにバルサミコソースで和えておく。 簡単。

セロリは塩もみして水分を絞り、
「チーズたまり醤油ドレッシング(市販品)」と自家製の「ゆかり」で和える。 これまた簡単。

大方使い切った。


と。思ったら。

生協の宅配が到着。
ナスとゴーヤとモロヘイヤ。
ひー。やっちまった。頼んだのは私。
なんでだろぉ~、なんでだろ、な。な。な。なんでだろぉ~♪ちゃんちゃん。(懐かしい




| 料理 | 14:30 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

可愛すぎる♪

今週末から、また食い倒れの旅へ。

明日スーツケースだけ先に成田へ出発。
必要なモノをかき集めてベッドルームとクローゼットを行ったり来たり。

ふと気が付くと、こんなことになってました。



  DSC_9062-1.jpg


  DSC_9068-1.jpg



くぅーーーーーーー。
可愛すぎるよ晋作ぅ~。

君たちはお留守番なのよ。
明日の夜から病院でお泊りなのよ。ごめんね、ごめんねぇ~。

しかも、18日は晋作の4歳のお誕生日。
申し訳ない。一緒に祝ってあげられない。

こんな親ですまん。

| 晋作&彦次郎 | 13:18 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

虫子ですが…


またもや敵前逃亡中です。
原稿〆切り明日。
まだ一行も書いてませ~ん。


えと。
私、結構虫が好きです。
以前、観察日記なんぞもアップしてます。

本日は虫の話題。
しかもかなりキモ。
なので虫嫌いの方は、ここで「さようなりぃ~」

≫ Read More

| マイセルフ | 13:21 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

桃のスープ



桃が美味しい季節になりました。
岡山生まれの女じゃけー、桃ぶち好きなんよぉ~。
岡山の白桃最高。
しかし東京では高すぎて手が出ません。

以前、イタリア料理屋さんで食べた「桃の冷製パスタ」。
意外な組み合わせだけど、これがとっても美味しくて記憶に残っていた。
私がときどき覗かせていただいているryujiさん主宰のブログ
「イタリア料理 パスタ イタリア料理レシピ」
とっても大人なブログなのよぉ~。
ここに「桃の冷製スープ」のレシピが紹介されておりました。

桃のパスタへのアレンジができるかも!
と思いつつ、スープ作ってみました。


  DSC_8928.jpg
レシピはここ参照でね。

ちゃんとスープです。
桃のジュースではありません。
しかも結構濃厚です。おいしい。

桃がある時期限定のスープ。
これ、リピート決定。
おされだしね。

で。パスタへのアレンジって?
むむぅ~。
がんばります。

| 料理 | 14:18 | comments:11 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

函館から来ました

土曜日。
そろそろ夕飯の準備をしようと思っていると、

ピンポ~ン


函館よりクール宅急便到着。


これは、もしや。




DSC_8911.jpg
毛:「こんばんは。私は毛ガニです。」

か:「ようこそ~。」

毛:「浜茹でされて、こちらに直行いたしました。」

か:「いただきまぁ~す。」


ナイスタイミング。
一番上の姉、K子ちゃんちからのお中元でございました。


さつそく。パカッ

DSC_8913.jpg


DSC_8915.jpg ミソです

そして、

DSC_8917.jpg ミソです


あまりミソが好きでないダーリンの代わりに、
あたくしがほぼ全てのミソを頂戴いたしました。グフ~

美味しかったぁ~。キングオブクラブ。
カニ酢もいらない。
毛ガニ1杯2人で完食。お腹一杯。
この後、ご飯に錦松梅かけて、梅干とらっきょう。
で夕食終了。

とても静かな食卓でした。
カニ食べるときって真剣よね。会話なしで。


翌日、手の平に数個の穴。
毛ガニのトゲ、「キョウレツゥ」

| 料理 | 12:24 | comments:11 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

豚マンゴーと…。


「今から帰るよ~」。
ダーリンからのカエルコール

やっばーーーー。まだ全く準備できてない。
冷蔵庫に頭突っ込んで、バタバタバタバタ。

茹でて保存してあったアスパラ。
半分残ってるマンゴー。
冷凍庫の豚モモスライスをレンジで解凍。
薄く小麦粉をふって、アスパラとマンゴーを巻く。

クッキングシートに乗せて、オーブントースターへ。

その間、カブとズッキーニーとエリンギをグリル。
オリーブオイルと塩コショウまぶして焼くだけ。

  DSC_8899.jpg

あっという間に完成。
「豚マンゴー巻き スイートチリマヨソースがけ 野菜のグリル添え」


そして、時間が無いときに大助かりな市販の冷凍モノ。

  DSC_8902.jpg

生協で購入した「牡蠣のたたき」。
普通は生牡蠣に小麦粉や片栗粉をつけてソテーしたものを
「牡蠣のたたき」と呼ぶらしいんだが、
これは粉はついてない。
そのままソテーしたものみたい。
解凍してレンジで30秒過熱してからいいただきました。

プリッとしててちょっと燻製のような味が。
何もつけずに食べても美味しかったわー。

この日のおかずは、このたった二品。

いつも「多いから一品減らしてくれっ」て言ってたじゃーーーん。
丁度イイよね?(汗

≫ Read More

| 料理 | 15:07 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

初自家製天然酵母パン


自家製天然酵母に初チャレンジ。

最もチャレンジしやすいと言われているレーズンで。
  レーズン(オイルコーティングされていないもの)  100g
  水  400cc
  強力粉  200g


   「レーズンエキスを作る」
   煮沸消毒したビンにレーズンを入れ、水をそそぐ。
   軽くフタをして25℃~30℃の暖かい場所におく。
   1日1回はフタを開けかきまぜる。
   炭酸ガスが発生し泡がプツプツし、フタを開けるとアルコール臭がし、
   レーズンが全て浮き上がったら完成。(1週間程度かかりました
   ペーパータオルを敷いたザルにあけ、漉す。
   漉したエキスが「天然酵母」。

   「元だねおこし」
   煮沸消毒したビンに強力粉100g、エキス100ccを入れる。
   よくかき混ぜて、暖かい場所に12~24時間おく。
   2倍くらいにふくらんだら再び、強力粉100g、エキス100ccを加える。
   よくかき混ぜ、2倍くらいにふくらむまで暖かい場所に12~24時間おく。
   これで「元だね」の完成。


  DSC_8800.jpg 元だね完成図

なんだかんだ時間はかかります。
しかし完成まで、その変化のサマを眺めているのは楽しい時でございました。

やっとここでホームベーカリーさんの出番。

我が家のHB、「天然酵母パンコース」がありません。
でも大丈夫。
工程は2段階になりますが、HBでできちゃいます。

  強力粉  280g
  塩  5g
  レーズン元だね  120g
  砂糖  25g
  バター  25g
  スキムミルク  10g
  卵  1/2個
  水  150cc
  

   全ての材料をパンケースに入れ、生地作りコースをスタート。
   こねが終了したらパンケースにラップをし、
   生地が2倍くらいになるまでそのまま発酵させる。(今回は6時間半
   発酵終了後、ラップをはずして食パンコースをスタートさせる。 



初めての自家製酵母でのパンは…。

  DSC_8835.jpg

ふくらまなかった。

HBでの発酵時間が長すぎたことと、
水の量が多すぎたためだと思われます。
国産小麦使用の場合、水の量は少なくすべきだったらしい。

  DSC_8824.jpg ハムチーズワッフルと。


ふくらまなかった割には、食感はカタクはない。
風味も良いけど、
美味しい!とまでは…。


リベンジ。
↑のレシピにしてスタート。


  DSC_8878.jpg

噴火口のような突起ができはしたが、こりゃ成功でない?
キッチリふくらんでくれましたわ。

  DSC_8882.jpg

食感もフンワリのモッチリ。
天然酵母特有の酸味と甘味がある。
手前味噌ですが、旨い。

天然酵母作りは愛情です。
子育てのごとく大切に。手を掛けて。
とても愛しくなってきますのよ。
時間めちゃくちゃかかるけど、楽しかったわ。

やってみたくなったでしょ~?


そうそう。一度できあがった「エキス」と「元だね」。
冷蔵庫で1週間くらいは保存できますよ。

≫ Read More

| ホームベーカリー | 13:18 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クロちゃんの悲劇



晋作のマブダチ「クロちゃん」がまたもや大怪我。

昨日、仕事を終え帰宅すると、
絨毯にクロちゃんの内臓(綿)が散乱。
下唇がもぎ取られておりました。

もちろん、犯人は茶色です。

緊急オペ。
  DSC_8844.jpg 

オペに立ち会った晋作。
  DSC_8842.jpg 「クロちゃ~ん、大丈夫ぅ~?」

気が気ではない様子。
側から離れません。

怪我を負わせた犯人の茶色は…。というと、
      DSC_8841-1.jpg
寝てるがな。


クロちゃん、アゴはなくなりましたが何とか生還。
よかった。よかった。
しかし、茶色がいる限り、クロちゃんに安息の日々はナイに等しい。


今回緊急オペを受けた患者さん達の記念撮影。

  DSC_8854-1.jpg

もちろん犯人はヤツですよ。

  DSC_8672.jpg



| 晋作&彦次郎 | 14:07 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お取り寄せのイカとエビ

またまた、お取り寄せ食材料理企画。

マイブームのキングフーズさんのイカとエビ編。

冷凍の生アオリイカ(糸作り)と生エビ。
冷水解凍してチラシ寿司に。
酢飯好きで、月に一度はチラシ寿司が食べたくなるのよ。

  DSC_8774.jpg

思い立ったらすぐに調理開始できるから、
冷凍の鮮度のよい魚介食材はやっぱり便利ね。

 親方直伝の酢飯 
  ご飯  2合
  酢  36cc
  砂糖  20g
  塩  10g


種を取り除き小角に切ったトマトも入れて夏っぽく。


そして、生アオリイカ(ロール)を使ってオードブルを。

  DSC_8814.jpg

 コンソメスープ  200cc
 トマト  1個
 オクラ  1本
 アスパラ  2本
 シイタケ  1個
 柚コショウ  小1
 ゼラチンパウダー  10g
 水  大2


  トマトは湯剥きし、種をとって小角に。
  オクラとアスパラ、シイタケは茹でて粗みじんに。
  ゼラチンは、分量の水に振り入れ軽く混ぜ、レンジで30秒かけ溶かしておく。
  コンソメスープと溶かしたゼラチンを鍋に入れ火にかけ、柚コショウを加え混ぜる。
  火からおろし、氷水にあてながら下処理をした野菜全てを加える。
  全体にトロミがでてきたら、イカに詰めて冷蔵庫で冷やし固める。
  固まったら輪切りにして食卓へ。


 ソースは、トマトケチャップとサンバルを混ぜたものと、
 バジルソース。

ちょっとしたオモテナシ料理としてもイイ感じかなぁ~?
イカに詰める具材を多くしたので、
固めるときに平べったくならず仕上がりました。
これ、ポイントかも。
ゼラチンをやや固めに仕上げるのもね。

イカと夏野菜の夏らしいオードブル完成。

ダーリンから夜10時過ぎにメール。
「今日は遅くなります。ご飯はいりません。」

そんな日に作ってしまいました。ぶひーーーーー。

翌々日。やっと食べましたとさ。

     DSC_8819.jpg の、食卓。


キングフーズさん。
大変お世話になっておりま~す。
  

≫ Read More

| 料理 | 14:02 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ひとりご飯のBGM

今週、ダーリンと一緒のご飯は一回のみ。
作り置きの出来るものや、残り物処理でひとりご飯。
 
  DSC_8793.jpg

「チラシ寿司」の残りに玉子からめて海鮮チャーハン。
「牛スジのトマト煮」と「麩チャンプルー」の残りをドッキング。
と、
「夏野菜の揚げ浸たし(it’s new!)」

とか、

  DSC_8798-1.jpg

「冷やしカレー中華」  
くたびれかかった野菜とココナッツミルクの残りで即席タイ風カレー。
肉はサッパリ食べたかったらしゃぶしゃぶ風に。
塩ポン酢少々を絡ませた冷やし中華の麺にのっけました。


適当料理もはなはだしい。
こんな料理をノリノリなステップを踏みながら作っておりました。

BGMは、

≫ Read More

| マイセルフ | 14:43 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クロちゃんとトララ

  DSC_8744-1.jpg

晋作のお気に入りのクロちゃん。
私が外出から戻ると、必ずクロちゃんをくわえてお出迎えしてくれる。
寝るときも、必ずクロちゃんをくわえてハウスする。
そして丁寧にクロちゃんの毛づくろいをしてあげる。
何はなくともクロちゃん。
もう4年近く、そうして共存しているのである。
なので、クロちゃんはもう…
  DSC_8748-1.jpg
何度もの大手術を乗り越えている。満身創痍。


彦次郎のお気に入りはトララ。
彦次郎も私が外出から戻るとトララをくわえて持ってきてくれる。
たぶん、晋作のマネ。
可愛がる一方、ぶん回していじめている。
あ。これはまさにカワイガリというやつだわ。
彦次郎が我が家にやってきたときから一緒だから、
共存歴1年ちょい。
すでに相当に汚い。
  DSC_8749-1.jpg
お風呂に入れてあげても、もうキレイにはならない。

  DSC_8751-1.jpg

  DSC_8763-1.jpg

  DSC_8766-1.jpg

  DSC_8755-1.jpg

  DSC_8757-1.jpg


ひとしきり遊んだら、

  DSC_8769-1.jpg


日常茶飯事。

こうしてクロちゃんとトララは、
日々益々ボロボロに、そして、汚れていくのであります。
な~む~。

| 晋作&彦次郎 | 12:32 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

airiちゃんとkikiちゃんの

ブログ巡りをしているとお腹空きませんか?

料理ブログはもちろんのこと、
犬ブログでもお料理上手な方が多い。
で、お昼前や夕飯前に誤ってブログ巡りをしてしまうと、
もーーー体の中の虫がいっせいに鳴き放題。
で、
自分にとってのツボ!な一品に出会うと頭から離れなくなる。
瞬時に脳の「お気に入り」の引き出しに収納。

冷蔵庫にある食材をチェックして、その引き出しを開ける。

昨日、その引き出しからピックアップしたレシピは…。

airiちゃんのパスタと、
kikinekoちゃんの鶏料理。

イタリアンの料理教室を主宰されているairiちゃん。
彦次郎の両親MOCOLOCOちゃんのママでございます。
何度かお宅にお邪魔し、その度にairiちゃんの絶品イタリアンをいただいております。
美味しいのは当たり前!
その手際の良さといったら、あなた、もーーー舌巻きますわよ。

彼女が紹介していた「モッツァレラの和風パスタ」(レシピはここ参照)。

作ろう、作ろうと思っている間に、
犬ブログなのに最近は東方神起命!のブログと化してしまっている五月晴れねーさんに先を越された。

なのであわてて作りました。

  DSC_8805.jpg モッツァレラの和風パスタ

我が家のモッツァレラ、冷蔵庫の中で温存しすぎ賞味期限切れ。
なので、レシピの調味料の中で少々マリネしてからサッと火を通しました。
白ゴマが切れていたので黒ゴマふりました。
柚コショウが効いていて旨い。
モッツァレラがしっかり和風です。
サッパリガッツリいただけました。
リピート決定。

そして、もう一品は…。

お料理の人気ブログ「kikinekoのつれづれなるブログ」を主宰されているkikinekoちゃん。
ほぼ毎日垂涎モノの料理が更新。
彼女から、沢山のアイディアをコソドロさせてもらってます。
センスイイ!!のよぉ~。

彼女が紹介していた「鶏の梅酒煮」(レシピはここ参照)。

今年の梅酒は熟成中。最短でも後2ヶ月はムリ。
昨年の梅酒はとっくに飲みきった。
飲みきった後の梅はシロップ煮にしてしまったし…。

いや。これでも作れるかも。

と、作ってみた。

  sorry! 手違いにてこのphoto消去してしまいました
  上の画像パスタ奥にボンヤリ写っているのを参照してくださいませ。


  
シロップ煮なので、レシピの砂糖とみりんはなし。
赤唐辛子を一本加えて、とにかく煮詰めた。
トロトロになったところで、火からおろし漉す。
濃厚な美味しいソースになりました。大成功。

そうそう。
今回鶏は途中で取り出し、オーブンで皮目がパリッとなるまで焼きました。

これうまし。
こちらもリピート料理決定。
梅のシロップ煮、まだ大量に残っていることだし。

でも、今年の梅酒が出来上がったら飲みきる前に梅酒煮作ります。
それまで、レシピは引き出しにしまっておきますわ。


airiちゃん、kikiちゃん、ウマウマレシピをありがとう。
これからもお世話になりまーーーす。

みなさまも是非。トラ~イ。 


| 料理 | 15:57 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

2009年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月