シュフズテーブル ~主婦の食卓~

家庭料理研究家の日常食卓メモランダム。 そして愛犬『晋作』と『彦次郎』のこと。

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

≫ EDIT

持つべきものは圧力鍋

晋彦の夜のお散歩。
週2日は、近所に住む姉よねっち&ブルドッグ牡丹と一緒。

散歩終了後、姉宅にて、
テレビを見ながら、しゃべりながら、飲みながら、ダラダラ過ごしてしまう。
ついつい長居。

夕飯の支度何もしてない。
献立さえ考えてない。
鶏肉だけは解凍済み。

ダーリンからのカエルコール。
調理時間、1時間ない。
あせる。
冷蔵庫に首を突っ込み考える。



思いついたのは何故かパエリア。
あり合わせで作ってしまえー。

タマネギ無いけど、長ねぎがある。
エビ無いけど、冷凍ホタテがある。
生イカ無いけど、スルメがある。(笑
ピーマン無いけど・・・ベランダ栽培のがあるじゃーん。ベランダから調達。
アサリ。ある。ある。先週冷凍しといた。
トマトもあるし。
サフラン、パセリ、ライムまであるじゃないかー。

オッケー。オッケー。

食材揃いました。

はい。ここで圧力鍋登場!
時間がないときの心強い主婦の味方。

鍋を熱して、オリーブオイル。
ニンニクと青唐辛子をサッと炒め、
お米2合を入れ、透き通るまで炒める。
具材を全て入れ、
ワイン30cc・サフラン小さじ1・スープの素小さじ2・水2カップ・ローリエ1枚。
塩コショウ少々。

蓋をして強火。沸騰したら弱火で5分
蒸らしに10分
完全に圧力が抜けたら蓋をあけ、パセリを散らす。

あっという間に完成!
DSC_5429.jpg

炊いてる間に、サラダとスープ。

持っててよかった。圧力鍋。
ダーリン帰宅までに間に合った。
完璧。


あーーーーっ。アサリ。
入れ忘れてる。
完璧・・じゃないじゃーーーん。

スポンサーサイト

| 圧力鍋 | 14:31 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

何かに似てる。


最近オットマンの上でちんまり丸まって寝るのがブームらしい彦次郎。

DSC_5439.jpg


我が家にある、ある物と似てる


DSC_5441.jpg


彦次郎もダスキンだけでお手入れができればありがたいなー。
本日月イチのトリミングなりぃ

| 晋作&彦次郎 | 12:35 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コレステロールにフルーツ酢


かれこれ5年程、
毎朝欠かさずフルーツ酢を飲んでます。

薬を飲んでも下がらなかったのに、コレステロール値が下がった。

自己判断ではございますが、
メイビーお酢の効果じゃなかろうかと。

コレステロール値が高かった頃の食生活と、
下がり始めた頃からの食生活の違いは?と考えると、
これしかないのよねー。

飲み始めたキッカケは、
美味しいデザートビネガーに巡り合ったこと。
「オークスハート」のはとにかく美味しい。
月替わりでどんどん新しいフレーバーのお酢が発売されるのも楽しみで。


半年位前からは、自分で作ってますの。
なかなかどーして。おいちいじゃなぁ~い。
で、調子に乗ってドンドン作る。作る。
で、今はこんな感じ。


DSC_5421-1.jpg


作り方は至って簡単。

フルーツ2 : 酢(米酢やリンゴ酢)2 : 氷砂糖1
 例えば、フルーツ200g、酢200cc、氷砂糖100g
が、私のフルーツ酢の基本。
これで2週間漬け込む。

4倍の水で割って飲む。
私はガス入りの水で割るのが好きよー。

ベリー系、ブドウ系が特におすすめ。
実に針打ちして漬け込むと果汁が酢と溶け込みやすくなり、より美味しくなります。


美味しいお酢を毎日飲む習慣。
なんだか健康に良い気がする~。

あると思います。(by天津木村)

| 未分類 | 13:17 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一応、料理ブログです。

お忘れかと存じますが、
一応、これ、料理ブログです。

楽しいこと、うれしいこと、カワイー!!ことの方にどうしてもプライオリティーが。
ワンコ系の話がついつい多くなってしまっている、どっちつかずのブログですわ。


料理ネタのアップはトツトツですが、日々何かしらは作っておりまして・・
失敗も含め、こんな感じの日常を送ってます。のご紹介。




ケーキ。
DSC_5124.jpg 抹茶シフォン

抹茶の代わりに、粉末のグリーンティで焼いたら・・
やっぱり抹茶の味が薄い。パンチがない。
レシピ要再考。


パン。
DSC_5140.jpg チャバタ

ホームベーカリーで生地をこねてもらったら取り出し、
丸め直し一次発酵→二次発酵。
二次発酵の途中で不覚にも寝てしまった(泣
発酵の時間が長すぎた為、生地がビロンビロンに。
それでも捨てずに焼いてみた。大丈夫だった(笑


アク抜き。
DSC_5148.jpg フキの葉

ボールに洗ったフキの葉と重曹少々。
熱湯をかけ、落し蓋をして半日程おく。
水がきれいになるまで何度か洗う。
この後、フキの葉味噌にしました。パスタにも合う。トーストにも合う。


塩炒り。
DSC_5161.jpg 銀杏

ぺチン!と、ペンチか専用の殻割りで外側の殻を割ったら、
粗塩を敷いたフライパンに入れ、
時々ゆすりながら10分程度炒る。
茹でたり、揚げたりも美味しいけど、
塩炒りした銀杏が大好き。


紫色の、発見。
DSC_5405.jpg カリフラワー

見たことあります?
紫色のカリフラワーですよー。
茹でると緑色になってしまう紫野菜が多い中、
この紫色のカリフラワーは、
茹でても紫のママ。
きれい。
付け合せにいいねー。
味はフツーのとおんなじ。
DSC_5412.jpg

うれしい発見でした。



アップはこまめにしなくちゃね。
画像は溜まる一方。
レシピは忘れる一方。

目指せ。役に立つ料理ブログ。

| 料理 | 14:01 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

太鼓をたたく犬

画像が粗いです。予めご了承くださいませ。











フリスビーの遊び方を完全に間違えている彦次郎。

| 動画 | 14:30 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

初キャンプ@朝霧ジャンボリー

この歳になっても、
初めての経験というものはまだまだあるものでして。

11月18日・19日。
念願だったキャンプ初体験。好天に恵まれる。晴れ女。
DSCF1287.jpg
富士山の麓にある「朝霧ジャンボリーオートキャンプ場」にテント張る。
いや、張ってもらう。
PA190658.jpg 富士山近い!デカイ!

アウトドア音痴の我が家をキャンプにイザナってくれたのは、
キャンプの達人ファミリー、“しゃち家”“まゆみ家”
テント選びから設営・撤収に至るまで、あらゆる場面でお世話になりっぱな。
ありがとうござりまする。

DSCF1212.jpg 折りたたみ式my新居。想像以上に快適!


キャンプといえば。食べる!

1日目の昼。
とにかく、焼く。
DSCF1138.jpg DSCF1148.jpg DSCF1135.jpg
牛・豚・ホルモン・ハツ・レバー・イカ一夜干し・厚揚げ・さつま揚げ・カマンベールチーズ。
タマネギ・長ナス・さつまいも・丸オクラ。

延々だらだら、しゃべりまくりながら、飲みながら、食べ続ける。
なぜか3切れしかなかった「ハツ」をめぐり、争奪戦。

1日目の夜。
豆乳カレー鍋。
DSCF1182-1.jpg DSCF1186.jpg DSCF1190.jpg
ヘッドランプをつけ、鍋つつく。まさに闇鍋。

昼間は半袖でオッケーだった気温も、日が暮れると急速に冷え込んだ。
ターフの中での鍋、体ポカポカ。
鍋奉行の私。気がつけばフリースが焦げておった。楽しい。


2日目の朝。
鶏粥・鯛の塩釜・エビとキャベツのグリーン&ペッパーソース炒め。
まゆみ家仕切りにて。
DSCF1262.jpg DSCF1261.jpg DSCF1272.jpg
ダッチ3段重ね!!キャンプの鉄人。
本格中華粥。
そして、「鯛の塩釜」だーーっ!
DSCF1265.jpg 完璧。
朝からこんなに豪華でイーのかっ。


2日目の昼。
ホットサンド・じゃがいもとカボチャのグラタン。
しゃち家仕切りにて。
PA190665.jpg
PA190666-1.jpg すまん。料理のアップがない。
じゃがいもとカボチャは予めダッチで蒸し焼き。
その後ワインと牛乳、チーズ。
ホクホクで美味しい。鍋底までサライましたわ。
ホットサンドも炭火で焼くとなんでこんなにーーーー。
表面パリパリで中はふわ~り。ウマ。


ま。こんな具合にずーーーーっと延々食べてました。
この間に、ケーキタイムもありーの。
どれもこれもおいしかったぁー。

ワンコーズはササミ。
PA190668.jpg 群がる幼稚園児。
DSCF1311-1.jpg ささみがんみ。韻。
お揃いのウワッパリはまゆみちゃん作。

DSCF1150.jpg DSCF1152.jpg DSCF1156.jpg
DSCF1233.jpg PA190643.jpg しゃち家の豆千代さん


DSCF1134.jpg PA190654-1.jpg PA190637.jpg
PA190634.jpg DSCF1306.jpg まゆみ家のPIGMIL


DSCF1131.jpg PA190644.jpg DSCF1196.jpg
DSCF1153.jpg PA190638.jpg 我が家の晋彦


そして、2日目のお昼、お疲れの中途中参加してくれた“appi家”の小梅ちゃん。PA190650.jpg 

DSCF1242.jpg DSCF1241.jpg DSCF1237.jpg DSCF1300.jpg DSCF1170.jpg はしゃぐワンコたち。

そして、はしゃぐ人間たち。
PA190660-1.jpg PA190659-1.jpg PA190619.jpg DSCF1303-1.jpg DSCF1298.jpg DSCF1252-1.jpg DSCF1282.jpg PA190604.jpg DSCF1168.jpg

キャンプ楽しい!アウトドア最高!
達人のみなさま、ありがとうございました。

化粧下地で歯を磨いたことも良き思い出となりました。
達人しゃちりんを見習い、次回からは首から箸袋提げてキャンプに臨みます。
いつでもどこでも食べ始められるように!

そうそう。こんなに食べまくったのに体重減ってた。
キャンプ最高!

| おでかけ | 13:49 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ズボラdeワンコクッキー/ハロウィーンver.


ビニール袋の中で材料をマゼマゼして作るズボラdeワンコクッキー。
かぼちゃを入れて、ハロウィーン対応にしてみました。

DSC_5182.jpg

ワンコ友達へのプレゼントに如何かしらん?

 〔材料 30cmの天板2枚分〕
  オートミール  170g
  薄力粉  70g
  無塩バター  20g
  卵  1個
  ハチミツ  大1
  牛乳  50cc
  水  50cc
  馬肉  100g
  かぼちゃ  60g


(作り方はこちらを参照してくださいませ)
かぼちゃはラップして3~5分チンして皮を剥いてから、ビニール袋へ。


DSC_5178.jpg 焼き上がり~。


オーブンからの芳ばしい香りに誘われスタンバイオッケーの面々。
DSC_5176.jpg
目力がスゴイ。

| 料理 | 14:09 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秋の炊き合わせ

栗に銀杏。
秋ですねーー。

それに京芋と豚バラ。

DSC_5170.jpg

 豚バラブロックと香味野菜と水。
 圧力鍋で15分加熱して、まず「茹で豚」を作る。

 蒸気が完全に抜けたら、香味野菜を取り出し、
 京芋としょう油、砂糖を加え(ゆで汁2:しょう油1:砂糖1)、
 再び加圧15分。

 蒸気が完全に抜けたら蓋をあけ、
 栗と銀杏を加え、更に15~20分煮込む。

秋とは関係ないけど、何故か食べたくなったチラシ寿司。
DSC_5169.jpg
どうやら私は酢飯好きらしい。
周期的に食べたくなる。
チラシの具は、
 エビ・ホタテ・いんげん(冷凍じゃないよー)・アボカド・錦糸卵・海苔。

合わせ酢の割合は、親方直伝の黄金比より計算。
米2合に対し、
酢40cc:砂糖20g:塩10gなり。
奥さん、メモメモ。

DSC_5173.jpg+マナカツオ明太マヨチーズ焼

時間がなくて椀物はパス。
ワインでのど潤す。

秋はダイエットは無理だな。
残念ながら。

| 圧力鍋 | 13:30 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

黒茶シンクロ

DSC_5159.jpg

ふにゃふにゃになります。
こんな光景見た日にゃーーー。
あたし殺すにゃ刃物はいらぬ。

| 晋作&彦次郎 | 14:02 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鮎の酢煮


お空が恐い程真っ赤っかだった。

DSC_5145.jpg


というイントロとはまったく関係なく・・・
鮎料理のご紹介です。

って、鮎の季節はもうほぼ終了。
冷凍庫に鮎が眠っていらっしゃる方だけお読みください。


鮎料理の中でも、私が最も好きな「鮎の酢煮」

DSC_5153.jpg

 〔材料〕
  鮎  3~4尾(今回は巨大鮎だった為2尾)
  出し昆布  15センチ位

  
  水  200cc
  酢  140cc
  しょう油  大1・1/2
  酒  大2
  みりん  大1
  砂糖  大1
  たかのつめ  1~2本


 〔作り方〕
  1.鮎は白焼きする。(焦げ目が少し付く程度。尻尾はホイルで包む)
  2.鍋に出し昆布を敷いて、1.を並べる
  DSC_5131.jpg
  3.別鍋でを沸かして鮎の上からそっと注ぎ、
    紙ぶたをして、弱火で40~50分静かに煮て、
  DSC_5132.jpg
    煮汁の中で冷ます。
  DSC_5143.jpg


お酢でゆっくり煮るので、骨まで柔らかです。

巨大鮎。
卵でお腹がパンパン。
体中がほぼ卵!という印象でした。
ごちそうさま。
かわいそうだけど・・・ね。

DSC_5154.jpg 新米がウマイ!

| 料理 | 13:30 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

豆乳カレーしゃぶしゃぶ


空がたかーくなって、空気がキリッとして、
キンモクセイの香りが漂って。
秋がぐぐぐーーーっと深まってまいりました。

はいそーです。
鍋料理の季節の到来です。


今期第一弾は「豆乳カレーしゃぶしゃぶ」。
無性にカレー鍋が食べたくなって早速。

具材たち。
DSC_5088.jpg
牛に豚。
レタス・クレソン・もやし・えのき。

レタスおすすめ!
クレソンもね。

DSC_5091.jpg 牛をしゃぶしゃぶ

DSC_5094.jpg 豚もしゃぶしゃぶ

肝心の豆乳カレー鍋のスープ。

 予め、鶏モモ肉にガラムマサラ・コリアンダーシード・ターメリック・
 クミンシード・カレーパウダー・塩コショウをかけマリネしておく。
 鍋にマリネした鶏肉を入れ表面を焼き、ニンニクとタマネギも入れ軽く炒める。
 豆乳1リットルと水400cc、こぶみかんの葉2~3枚を入れ煮込む。
 ナンプラーで味を調整。
 一度火を止めて、カレールーを入れ完全に溶かす。
 辛いのがお好きな方はカイエンヌペッパーで調整してください。
  


カレールーの量は通常のカレーを作る時の半分位で。
今回使用したのは、こちら。
 80627_s.jpg新宿中村屋のカリーフレーク
フレーク状なので溶けやすく、しかも量の調整がしやすい。
もちろん美味しい。ので重宝してます。


そしてお楽しみの・・
DSC_5097.jpg カレーチーズ雑炊

沢山スープが残っているので、別鍋にスープを取り、
ご飯投入。
そしてピザ用チーズをかけ蓋をして待つ。

トロトロに溶けたチーズのカレーご飯。
とまらない。


この鍋、一度作ると、残ったスープで色々楽しめる。
もちろん後日。

よくわからないだろが・・
DSC_5110.jpg レンコン団子入りカレースープ

だったり、


カツオダシとしょう油を追加して和風カレースープにし、
DSC_5135.jpg カレー納豆うどん

だったり。



そろそろちょっとさすがに飽きた・・(笑

量を沢山作りすぎました。
豆乳と水の量、半分でよかったわ。

そうそう。
豆乳が投入()されているスープなので足がはやい。
なるべく早く冷蔵庫に入れ保存。
もしくは冷凍保存をおすすめします。



| 料理 | 13:36 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

晋作と芯


トイレットペーパーを使い切り、芯をホルダーから外す。
棚の中から新しいトイレットペーパーを取り出し、
ホルダーにセットする。

その一連の作業をしてトイレから出ると、
必ず扉の前で待ち構えている黒もじゃと茶もじゃ。

トイレットペーパーの芯が大好き。
黒と茶の芯争奪戦の火蓋が切って落とされる。

黒さんチームの晋作がゲット。
茶に渡すまいと、歯を食いしばる。の図↓


DSC_5080.jpg

DSC_5081.jpg

DSC_5083.jpg

DSC_5084.jpg

DSC_5085.jpg


延々。5分以上、歯を食いしばったママの黒さんチームでした。
たかが芯。


| 晋作&彦次郎 | 13:48 | comments:11 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

彦次郎とカエル

DSC_5069-1のコピー

DSC_5070-1.jpg

DSC_5073-1.jpg

DSC_5076-1.jpg

DSC_5075-1のコピー

DSC_5077-1.jpg


*良い飼い主さんは真似しないでください。動物虐待で通報されます。

| 晋作&彦次郎 | 13:15 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アップルシナモンチーズブレッド


ご無沙汰してます。
ホームベーカリーです。

かときっち。にここのとこ忘れられてました。
パンが作りたいから私を思い出したんじゃないようです。
冷蔵庫にりんごが残ってたので、私を思い出したようです。
悲しいかぎりです。

 と。ボヤキが聞こえてきそうだわ。
 ホームベーカリー、ごめん。


PA060564.jpg ひょっこりひょうたん島か。

「アップルシナモンチーズブレッド」

 〔材料 1斤分〕
  強力粉  250g
  塩  4g
  砂糖  20g
  レーズンバター  30g
  ドライイースト  3g
  卵1個と牛乳/ヨーグルト(半々)を合わせて  170ml

  フィリング
   リンゴ  1個
   粉末黒糖  60g
   水  50ml
   赤ワイン  50ml
   シナモンパウダー  適宜
  カマンベールチーズ  25g


 〔作り方〕
  1.リンゴは皮を剥いて薄いイチョウ切りにし、
    フィリング用の黒糖、水、赤ワインととも鍋に入れ火にかけ、
    水気がなくなるまで煮詰め、仕上げにシナモンパウダーを振り、冷ましておく。
  2.フィリングとカマンベールチーズ以外をパンケースに入れ、
    食パンコースにセット。
  3.一次発酵が終了したら生地を取り出し、打ち粉をした台の上で、
    めん棒で20cm×30cm位に伸ばし、煮たリンゴと小角に切ったチーズを散らす。
    生地の縦1/3を中央に向けて折り、その上にもリンゴとチーズを散らす。
    同様に反対側も中央に向けて折り、リンゴとチーズを散らす。
    手前からくるくると巻いてまとめる。
  4.巻き終わりを下にして、羽根をはずしたパンケースに入れ、
    仕上げ発酵が始まる前までに戻し、焼き上げる。

PA060565.jpg

バターが切れていたので、レーズンバターで代用。
塩を少なめにしました。
粉は今回はこちら。

ふっくら焼きあがりました。

ホームベーカリーを最近使ってないあなた。
冷蔵庫にリンゴが残っていたら思い出してあげてください。
そして使ってあげてください。

次回は「チャパタ」を作ろう。
近々に・・・

| ホームベーカリー | 14:26 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SKYMARK4月号のレシピ

今年の4月から「SKYMARK AIRLINES」の機内誌で連載をさせていただいている
「今月の産直品 ウチレシピ」

やっと。やっと。の掲載です。
今後、ちびちびのろのろ順不同にてお届けいたします。


4月号のレシピは、

「豚肉とじゃがいもの重ね蒸し グラタン風」
DSC_0247-1.jpg

 〔材料4人分 (18cmの鍋使用)〕
  豚肉 バラスライス肉  100g
      ローススライス肉  100g
  じゃがいも  4個
  キャベツ  1枚
  ニンニク  1片
  ピザ用チーズ  100g
  白ワイン  100cc
  牛乳  50cc
  バター  5g
  ドライハーブ・パプリカ  各適宜
  塩・コショウ  各適宜  


 〔作り方〕
  1.じゃがいもは5mm幅位に薄くスライスし、
    水にさらした後、水気をきっておく。
  2.キャベツは新を切り取り、ザックリ4等分に。
    芯はそぎ切りに。
  3.ニンニクは芯を取り、薄くスライス。
  4.シチュー鍋等、厚底の鍋にキャベツを敷き並べる。(芯も一緒に)
  5.じゃがいも→チーズ→ロース肉→ニンニク、塩・コショウ→
    じゃがいも→チーズ→バラ肉→ニンニク、塩・コショウ→
    じゃがいも。の順番に敷き詰めながら重ねていく。
   DSC_0237-1.jpg
  6.上から牛乳を回しかけ、ちぎったバター、
    ドライハーブ(エルブドプロバンス等)、最後にもう一度チーズを乗せ、
    鍋肌から白ワインを回しかける。
  DSC_0240-2.jpg
  7.鍋の蓋をして中火にかけ、蒸気が出てきたら極弱火にし15分。
    火を止めて10分蒸らす。
  8・パプリカを振りかける。


じゃがいもと豚がそれぞれの滋味をうまく吸い、引き立てあうよう
ミルフィーユ風の重ね蒸しにしました。

一番下に敷いたキャベツは焦げ付き予防の敷布団。
後は材料を重ねていくだけ。
焦げないように弱火で調理してくださいね。

鍋のママ食卓に出してもよし。
食卓でケーキのように切り分けて、層になった切り口もお楽しみください。

この号は、北海道の産直レシピ。
ということで、機内誌レシピでは北海道産の豚肉「望来豚(もうらいとん)」
 (お問い合わせ先:(有)膳 Tel 0280-81-1184)
と、じゃがいも「インカのめざめ」を使用しました。

また、豚肉はロース肉とバラ肉を同量のレシピにしましたが、お好みで。

オーブン料理のような蒸し料理。

簡単なので是非お試しくださいませ~。DSC_0281-1.jpg

| SKYMARKレシピ | 15:24 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

花邑(はなむら)@用賀

ダイエット中だというのに、またガッツリ外メシ。

ダーリンのお誕生日の仕切りなおし。
ハモと松茸の素晴らしきコラボを食しに、
久々に、ご近所の和食の名店「花邑(はなむら)」へ足を運ぶ。


先付け
PA010558.jpg カキの揚げおろし


八寸
PA010564.jpg
 衣かつぎ
 イクラのしょうゆ漬け
 ひらめのエンガワの寿司
 春菊の白和え
 エビしんじょうアラレ揚げ
 みねおか豆腐
 子持ち鮎山椒煮



PA010565.jpg 土瓶蒸し
 松茸
 ハモ
 銀杏
 みつば


お造り
PA010568.jpg カンパチ・まぐろ・さば


しのぎ
PA010570.jpg 栗の飯蒸し
 栗
 銀杏
 穴子


揚げ物
PA010571.jpg 甘鯛・松茸・栗・銀杏


ここまでで、すでに腹、妊娠8ヶ月。
しかし、ここからが待ちに待った「ハモのすき焼き」。

おな~りぃ~。

PA010577.jpg
これで2人前。
ハモ・松茸・ささがきごぼう・タマネギ・九条ねぎ。

ささがきごぼうとタマネギと松茸を先にお出汁に入れて、
少々煮えたら、
ハモはしゃぶしゃぶしゃぶ。
九条ねぎもサッと火を通す程度。
野菜と一緒ハモを取り、
溶き卵にササッとつけていただきます。
山椒をサササッと振りかけると更によし。

PA010576.jpg
鍋でしゃぶしゃぶするシーン。
とり忘れた。
我忘れた。


ご飯
PA010579.jpg 卵とじご飯
ハモすきの残ったお出汁で、卵とじご飯を作ってくれます。

半分食べてギブ。
ギャル曽根にはなれなかった私。しくしく。


別腹水菓子
PA010580.jpg 無花果寒天寄せ
 巨峰
 洋ナシのシロップ煮


日本酒
PA010563.jpg
 「得月」 大吟醸@新潟
 「東北泉」 純米吟醸@山形


まさに食い倒れ。
ハモと国産松茸、1年分を2時間半で平らげた。
素晴らしいハーモニー。
唯一無二のコンビネーション。
おいちかった。
ごちそうさま。

しかし、腹は臨月となり、
帰宅後一応胃薬を飲み就寝。
翌日、ポテチ絶ち!で1,5キロ減少していた体重が、
また1キロ増。
そりゃ、しかたないねー。
懲りない私。

ここ「花邑」。
今の時期は、
おまかせのコースか、ハモしゃぶorハモすきのコース。
量はご覧の通り、かなり多いので、
全部食べきる自信のない方は、予約時に相談しましょ。
臨機応変に対応してくださいますよー。

PA010575.jpg 優しい親方

そして、
落語好きの方なら是非カウンターを予約!
忙しくない時ならば、親方が落語を披露してくれますよー。
PA010581.jpg

ダーリンは落語聞きながら、
別の世界へトリップしてましたけどzzzzzz

次回の「花邑」訪問は、フグちりだーな。
それまでにまたダイエット(笑

| 外食 | 14:42 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

特別な日の普通のご飯と特別な別腹


オーストリア料理を堪能した翌日。
ダーリンのお誕生日。
おめでとさん。

前日ガッツリいっちゃったもんね。
と、言い訳しつつ・・
お誕生日の夕餉は特別な料理はなしこ。

いただきものの「とうもろこし(ゴールドラッシュ)」で、
DSC_5030.jpg とうもろこしご飯

ゴールドラッシュ。
初めていただきましたが、甘っ!
とうもろこし好きの知人がお取り寄せしただけある!

ご飯は普通の水加減で昆布と塩、
とうもろこしを入れて炊くだけ。



そして、いただきものの「子持ち鮎」で、
DSC_5032.jpg 鮎の山椒煮

友人の隣人のおじさんが釣ってきたもの。
「マスかっ!」という程のデカさ。
特にお腹がパンパン。イー子がつまってましたわ。

鮎は一度白焼きしてから、
昆布を敷いた鍋に入れ、
水、しょう油、酒、みりんを別鍋で沸かし、鮎の上にそっと注ぎ、
山椒の実を入れ、紙ぶたをして、弱火で4~50分煮る。
そのまま煮汁の中で冷ます。


じっくり煮るので、大き目の鮎でも骨まで食べられますよ。


で、
そろそろ食べきらないとヤバそうな、青パパイヤで、
DSC_5036.jpg タイ風きんぴら風

生で食べるとそろそろダメかも・・
な青パパイヤ。

青パパイヤ・しし唐・パクチーの茎をごま油で炒め、
ナンプラーとしょう油、砂糖少々で味付け。
黒ゴマをふって、パクチーを添える。



それと、椎茸の卵とじ。
水菜とブロッコリーと舞茸のサラダ。

いただきものと、野菜室整理目的でのお誕生日の食卓。
DSC_5033.jpg

誕生日色なし。


いーえ。いーえ。
メインはここから!
別腹へ突入。

DSC_5045.jpg DSC_5049.jpg DSC_5051.jpg

「SEX AND THE CITY 」で一躍有名になった、
「パイヤール」のケーキたちーー。
特別な日じゃないと買えませんわ。
清水の舞台からダイブさせていただきました。
ダーリンのた・め・に(ぶーーーーーっ

| 料理 | 17:00 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月