シュフズテーブル ~主婦の食卓~

家庭料理研究家の日常食卓メモランダム。 そして愛犬『晋作』と『彦次郎』のこと。

2008年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年03月

≫ EDIT

ズッパ・ディ・ペッシェ

スーパーの魚売り場。
必ずチェックするお買い得品コーナー。
タイミングがよかったのか、イーお魚さん達が並んでた。

「めばる」、「黒ムツ」、「かわはぎ」。200円~400円。
いやっほぉ~い*^^*

全部一緒に煮込みましょ。

で、「ズッパ・ディ・ペッシェ」
ようは「魚介類の煮込み」from イタリー。

DSC_2422.jpg
(鍋のまわりがきたないのは見なかったことにしてください)


 魚はお好みのモノを(めばる、かさご、かわはぎ、きす、ムツ等)。
 イカ、タコ、ムール貝、ホタテ、エビ。(全部揃わなくてもOK!)
 ニンニク、玉ねぎ、赤唐辛子。
 ホールトマト、オリーブオイル、水、白ワイン。
 塩コショウ。
 を、ご用意ください。

 オリーブオイルを熱し、みじん切りにした玉ねぎ・ニンニク・赤唐辛子を炒める。
 香りが出てきたら、イカ・タコを加える。
 全体に火がとおったら、ホールトマト、白ワイン、水を加え煮込む。
 沸騰したら弱火で20分。
 お好みの魚を加える。
 魚に火がとおったらムール貝、ホタテ、エビを加える。
 貝・エビは火を通しすぎると硬くなるのでご注意を。
 最後に塩コショウで味をととのえる。


レシピにすると面倒くさそーですが、
簡単に言えば、魚介類をトマト缶で煮る。です。
魚介類は有るものだけでイーんです。
全部揃えなくてもイーんです。
ただ、種類が多い方がスープにコクが出ます。

 DSC_2420.jpg にんにくをこすりつけ、オリーブオイルで焼いたパン。
 この上にズッパを盛り付ける。


沢山できあがったので2日に分けていただきました。 
DSC_2423.jpg 1日目は「春キャベツのパスタ」と。

DSC_2433.jpg 2日目は「ブロッコリーとアサリのパスタ」と。


お買い得品でイタリアーーン♪



DSC_2439.jpg 晋:「ずっと待ってるんですけど・・僕のは?」


 
スポンサーサイト

| 料理 | 13:03 | comments:13 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

晋作はさまる

appiちゃんちの小梅ちゃんが「はさまる」姿をかわえーなぁ~とウラヤマシク思っていた。

そんな私の気持ちを察してか、ある日、晋作がついにやってくれた。

DSC_2449.jpg

って。
「はさまる」じゃなく「はさまれた」だよね、これ。
能動態じゃなく受動態。

晋作のお気に入りの寝場所、ロッキングチェア。
そこに掛けてあるムートンが晋作の上に落っこちただけ。
重そうなんですけど・・

しかし、サービス精神旺盛な晋作はこのままステイ。
さすが我が息子。よーできとる。

DSC_2454.jpg
DSC_2456.jpg DSC_2462.jpg 晋:「眠いだけですけど…」

さいでっか~。

DSC_2470.jpg

「はさまれた」ママ、また夢の世界へとお戻りになられました。


今度は能動的にやってくださいね、晋作ぼん。
晋作の真の「はさまる」姿が見たいのよん。
かーさんの夢かなえてちょーだいませ。

DSC_2472.jpg
晋:「随分ちっぽけな夢ですね・・」


| 晋作Journal Ex. | 13:40 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アクアパッツァ

「こんにちは。
DSC_2393.jpg ホウボウです」

魚の正面顔。カワイーよねぇ。

といいつつ、この子を「アクアパッツァ」でいただいちゃいます。

「アクアパッツァ」とは、魚介類(白身魚と貝類)をトマトやオリーブなどとともに水で煮込んだイタリア料理。
リストランテとかでオーダーすると、「え”っ!」ってな値段。

でもね、材料さえ揃えば家庭で簡単に作れるあるよー。


 魚(めばる、かさご、ほうぼう、おこぜなど)  1尾
 あさり  15個位
 オリーブ  10個位
 アンチョビフィレ  1枚
 ケイパー  大さじ1
 ドライトマト  20個位
 パセリみじん切り  大さじ1
 水  適宜
 白ワイン  1カップ
 オリーブオイル  適宜
 塩、コショウ  適宜


 フライパンにオリーブオイルを熱し、魚の両面をコンガリと焼く。
 ある程度火が通ったら、あさり・オリーブ・ドライトマトを入れる。
 白ワインと水を注ぎ入れる。量は魚の半分が浸かる程度。
 フライパンの水が沸いてきたら、ケイパーとアンチョビを入れる。
 アンチョビはフライパンの中でつぶす。
 オリーブオイルを少しまわしかけ、煮込む。

 強火で煮込みながら、丹念に煮汁をすくって魚にかける。
 熱い煮汁をかけることで魚にしっかり火を入れる。

 あさりが開いたら出来上がりのサイン。
 塩コショウで味を整え、
 仕上げにオリーブオイルをたっぷりとまわしかける。
 パセリのみじん切りをふりかけて。



ホントは水だけで煮ていくんだけど、
私は白ワインを水よりも多めに入れます。
その方がコクが出るみたいなんで・・・(お好みでどーぞ
DSC_2412.jpg はい。完成。
DSC_2408.jpg  DSC_2415.jpg

「海ぶどうのリゾット」、「温野菜サラダ」と。

色々な魚介の滋味がなんともうれしい一品です。
是非ご家庭でリストランテの味をご賞味くださいませー。

ちとせさん大活躍です、ルクルーゼのフライパン。ありがと。


ちなみに、
ドライトマトも家庭で簡単に作れます。

≫ Read More

| 料理 | 13:22 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

牛スジカレー週間

圧力鍋の出番です。

ちょっと和風な牛スジカレーを作りましょう。

 牛スジ600グラムはまず、
 かぶる位の水にねぎとセロリの葉、ショウガを入れ加圧15分。
 牛スジだけ取り出す。

 圧力鍋にサラダ油を熱し、にんにく・玉ねぎのみじん切りを炒め、
 カレー粉を加えてさらに炒める。(あればガラムマサラ・ターメリック等も)
 下茹でした牛スジ、トマト缶・水・ローリエを入れ加圧15分。

 圧力が下がったらふたを開け、火を止めた状態でカレールーを加え再度煮る。
 別鍋で炒めておいた千切りのゴボウとニンジンを加え、
 しょう油を隠し味で入れ、さっと火を通す。
 
 
 DSC_2295.jpg 命名:きんぴら牛スジカレー
圧力鍋だと牛スジはあっという間にトロトロ。
やっぱりステキな私の片腕ですわ。

2人家族なのに、鍋一杯の牛スジカレー。
当然のごとく牛スジカレーウィーーークに。
DSC_2305.jpg カフェ飯風
DSC_2325.jpg 五島うどんをかた焼きにして・・


週の半分はカレー。
でも全然あきなーーーーーい。
って、完全な手抜きウイーーークよね。


あ。その分、デザート作ってました。
DSC_2248.jpg DSC_2095.jpg
 
「チョコとナッツのマフィン」と「リンゴのケーキ」

デザート作りが苦手な私。
今年はちょっとガンバッテみよっかと。
オールマイティーなステキ主婦(Kenneth,K様命名)目指します!!

| 圧力鍋 | 12:04 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

成長中

もうかれこれ1年近くになるだろうか?
大事に育てて手入れして、おかげさまで着々成長中。

       DSC_2373.jpg 黒い笹ダンゴ


くくく。
お久しぶり~、ちょんまげ晋作です。


 DSC_2371.jpg 晋:「ちょんまげはサムライの命」


伸びるもんですなぁー。
ここまできたら、どこまで伸びるか挑戦しよう。

そのうち「貞子遊び」でもやるかねぇ。

ちなみに現在は「葉加瀬太郎遊び」ができます。
DSC_2358.jpg

DSC_2362.jpg 晋:「早く結んでください。サムライはちょんまげが命なのっ!」


笑えるから、もちっとそのままでいてちょーだいな。



DSC_2364.jpg 「ーー#」

| 晋作Journal Ex. | 12:49 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

チョコレート工房

バレンタインデー。
結婚20年の夫婦にとってはもう取り立てて特別な日でもなんでもないんだけど。

バレンタインの前日、我が家がチョコレート工房に。
お世話になった方々へお届けする為にね。

「トリュフチョコ」30個。
「チョコレートブラウニー」8個、作りましたのよ。
P2140614.jpg トリュフチョコ

今更だけど・・・
このトリュフチョコ。超簡単です。

 板チョコ  200グラム
 生クリーム  100cc
 粉糖・ココア  適宜


 板チョコは麺棒などで叩き、細かく砕いておく。
 耐熱容器に生クリームを入れ、電子レンジで1分半。
 生クリームが熱いうちに砕いた板チョコを入れ、完全に溶かす。
 粗熱が取れたら一度冷蔵庫へ。
 成形しやすい硬さになったら、スプーン2本を使って丸く成形し、
 バット等に並べ、冷蔵庫で完全に冷やす。
 茶漉しに粉糖を入れてチョコレートの上にかける。
 同様にココアも。

とっても簡単だけど、味は折り紙付き。

来年のバレンタインの為にメモっておいてねぇ(笑
 


P2140623.jpg ブラウニー
P2140618.jpg カップケーキはプレゼントにイーよね。


プレゼント用にボックスに詰めてラッピングして。
これも楽しい作業のひとつ。
しかしバタバタしていて全く写真撮ってません。
画像に残せたのは残り物のダーリン用
今更期待もしてないらしいので、これで十分でしょ。

あ。ヤバかったか?
リベンジピエール、忘れてた。
もうちょっと奮発しとくべきだった?
時スデにオソシ・・・

| 料理 | 14:20 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ピエール君のパレンタイン

土曜日。
お気に入りのピエール君ち「ピエールガニェールアトウキョウ」にてバースデーランチ。

運が良いことに、2月7日から14日まではデザートがバレンタインスペシャルメニューに。
あーー、楽しみ。
今回はどんな驚きを与えてくれるのかしら。

シャンパンで乾杯して、至福のランチが始まる。
P2090616.jpg パンもバレンタインバージョン


前菜の最後、フォアグラを一口。

このあたりから冷や汗が出始める。

む。む。む。

ダーリンに「顔が白い」と。

なんで、なんで、こんな日にーーー。


一生の不覚。鬼の霍乱。
風邪による急激な体調の悪化。

この後の料理、ほぼまるで手をつけられず。

バースデープレートまでサーブしてもらったのにもかかわらず。
P2090627.jpg くぅー。悪夢。

楽しみにしていたバレンタインスペシャルデザート。
P2090628.jpg P2090631.jpg
全てスルー。(画像もウマく撮れてません^^;)

なんてこったい。凹みまくり。

メインの魚・・・金目鯛。肉・・・牛ほほ肉。
はい。はい。食べられませんでした。
それどころじゃございませんでした。
ごめんなさい。画像もありません。
ぶっ倒れる寸前でした。

いつも大喰らいの私が、まったく手をつけられない。
スタッフの方々にもご心配を頂きました。
ソムリエさんには「私の選んだワインのせいでは?」と。
ソムリエさんも凹ませてしまいました。ごめんなさい。
違います。全ては私の体調管理の甘さです。

くっそー。
リベンジするぞー。まっててねー、ピエール。

あ。その前に、ダーリンごめんねー。
私が食べられない分、ほぼ2人分を胃の中に収めさせられ、
私が飲めない分、ボトルの2/3は飲まされてベロベロ。

帰りは2人揃ってグダグダでした(笑

ちなみにこの3連休、寝連休。
お熱で胃痛。
うどんしか食べてません。

あー。あ。
皆様も体調管理にはお気をつけくださいませ。

美味しい料理を美味しくいただける幸せ。
あらためて実感した数日でした。


そうそう。ピエールガニェールのうれしいサービス。
ここの「サロン会員」に登録しておけば、
誕生日月の来店者へシャンパンが無料でサーブされるのよー。
P2090615.jpg 登録は無料なり!お得。HPより登録できます。

| 外食 | 15:48 | comments:13 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Do it myself

2月7日は何の日?
「北方領土の日」。(←ご興味のある方はクリックしてください^^)

あ。いや。いや。

あたくしの○5回目のお誕生日ぃ~♪
いくつになってもうれしい日ですぞー。

いそいそと朝からバースデーディナーの仕込み。
そーです。自分のことは自分でする。
Do it myself!

カキをオリーブオイルで漬けて~ DSC_2329.jpg

ラムをいよかんの皮で包んで~  DSC_2326.jpg

帆立をミキサーにかけて、そして蒸す。(レシピはここ)

自分の為の仕込み。
それもまた楽しい時間でございましたわ。

午後。
ラテンダンスで汗を流し、サウナ入って更に汗を流す。
少しでも体重減らしておかなきゃ。と無駄な努力。気休め。

ジムから帰って即スパークリングワインをポーーーッン!
「私先に飲んでるから」
朝から宣言してたから心置きなく一人飲み開始。

途中、晋作の散歩。酔っ払い散歩(笑


21時過ぎ、やっと晩餐が始まる。
DSC_2335.jpg 「カキのサラダ ハーブソース」
   レモン汁・マスタード・オリーブオイル・
   ケッパー・パセリ・カイエンヌペパー。
   このマリネ液で長めにカキを漬ける。
   フレンチドレッシングで和えたサラダに
   カキを盛り付ける。
 
 「ホタテのフラン ペルシエソース」

 「ラムチョップ いよかんソース」
   骨付きラムを、塩コショウ・ニンニク・
   オリーブオイル・ローズマリー・
   いよかんの皮でマリネ。
   冷蔵庫で半日以上漬けておく。
   190度のオーブンで20分、
   160度に下げて15分。
   いよかんの絞り汁とリンゴジャム、
   ラムを漬けておいたオリーブオイルを
   一緒に火にかけてソースを作る。
   塩コショウで味を整える。
   
 「アンチョビのパスタ」
 スパークリングワインは、
   クレマンド・ブルゴーニュ 
          ドラン・ド・ノワール

自分の好きなモノばっかりだから満足。
ジムで減らした体重よりもはるかに多い重量が腹に収まる。

まー。いいじゃないか。誕生日。
無礼講やぁ~。(一年中言ってる気がするが・・


おたのしみのデザートはダーリン担当。
DSC_2350.jpg DSC_2354.jpg

「PGカフェ」のグラスデザート3種。
「キャトーズ・ジュイエTokyo」のエクレア2種。(ラズベリーのエクレアは撮影前に食べちゃいました。毎度ごめん。)

「PGカフェは」大好きなレストラン、ピエールガニェールアトウキョウ経営のカフェ。
流石に見た目にもおいしい。
「キャトーズ・ジュイエ」のエクレアはお初。
おーーー。これもエクレアかぁー。な高級なお味でした。

毎日誕生日でもイーなぁ。
毎日歳を取る。というのはキビシーが。
ま、この歳になると恐いものはナイ(笑

| 料理 | 13:24 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

奈良でのお楽しみ♪

奈良・京都一人旅の続編。

仏像を思う存分堪能した後向かった先は・・・


注意:卒倒する可能性がございますので予め心の準備をしてからここクリック!


ここもクリック!


いやーーん。ここもクリック!


卒倒した?
ダメ押しのトリプル攻撃。

奈良行くなら会いに行くでしょー。立ち寄るでしょー。
4匹のベイビーちゃんが誕生したばかりのairiさん家
P2030590.jpg P2020548.jpgパパMOCOちゃん&ママLOCOちゃん

パピパピにまみれて来ました。
体も心もトロントロンに溶けました、パーフェクトに。
LOCOちゃん、知らないおばちゃんがベイビーズをワシワシしても怒らないの。
MOCOちゃん、ベイビーズに奇声上げてる危ないおばちゃんにもキス攻撃してくれたの。
イー子達なのー。

お世話になりました。airiさん。
何から何まで。
私はただひたすらずーーーっとパピパピと遊びホウケテおりました。
そして、飲んで飲んで食べて食べて飲んで飲んで食べて飲んで。
P2020565.jpg 
ほんっとにどれもこれも美味しかった。ウマウマでした。
しかもものすごーーく手際がよいairiさん。
流石、先生♪
翌朝はパンまで焼いてくれました。これがまたウミャーのゴマパン。
ごちそうさまでした。
何にもしなくてごめーーんね。
P2020556.jpg

またワシワシさせてくださいませ。

たちゅさん、バウムクーヘン全部食べちゃってごめんね。
おねえちゃん、具合良くなった?
airi家の皆様、ありがとうございました。

はぁーーーー。
奈良最高!!

P2030599.jpg P2030600.jpg お好み焼きもいただきました。
牛スジのお好み焼きとモダン焼き。ネギ塩焼きそば♪最高っす。

お土産はコテコテですが、やっぱり
DSC_2299.jpg 生八ッ橋
「黒ゴマ」と「黒糖」。


1泊2日とは思えない充実ブリ。
心の中に沢山お土産詰めて京都駅を出発。
雪国と化した東京へ。
晋作とダーリン、休日をありがと。

| おでかけ | 13:38 | comments:11 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

奈良・京都一人旅

ダーリンと私。唯一の共通の趣味が「見仏(けんぶつ)」。
仏像を鑑賞すること。

信仰心とは別もの。絵画を鑑賞するのと同じ。

その凛とした佇まい。
その前に立つと、
人々に拝まれ続け何百年もの時を得たからこそみなぎる力に圧倒される。

私は特に四天王ファン。
東西南北、四方の守護神。持国天・広目天・増長天・多聞天。
その中でも特にとくに多聞天(独り立ちの時には「毘沙門天」と呼ばれる)がマイヒーロー。


あ。前置き長すぎ・・

週末、奈良・京都へ行って来ました。
今回は一人旅。

P2020542.jpg鹿のウィンク♪
P2020545.jpg P2020530.jpg P2020529.jpg
お辞儀をして「鹿せんべい」をねだる鹿達。
『鹿男あをによし』じゃないけど、
マジ言葉しゃべりそーに見える。
オシリがかわいー♪

小学校の修学旅行以来、何故か行く機会を逸していた東大寺
南大門をくぐり、大仏殿へ。
P2020531.jpg P2020535.jpg P2020536.jpg

そして、私が最も楽しみにしていた「戒壇院」へ。
国宝の四天王像が私を待つ。
危うくカッコイーと叫びそうになる。

ここの四天王像。天平仏の傑作。
流石でございました。
今まで私が鑑賞した四天王の中でも1.2を争う、素晴らしい仏。
どれくらいの時間、眺めていたのだろうか、私。
DSC_2291.jpg広目天・多聞天

仏像は撮影禁止。
絵葉書を沢山購入いたしました。↑はその一部。

東大寺で見ることができる仏像は全て鑑賞。
それぞれの建物へ入る度、拝観料が必要なのよねー。
これがバカにできない。
歴史を後世へ遺していくにはお金掛かるからショウガナイ。
とわかっちゃいるが、やっぱりちょっと高いなー。

P2020540.jpg P2020547.jpg 二月堂。そして興福寺でも見仏堪能。
P2030603.jpg P2030604.jpg 時間の関係で京都は「東寺」のみ。
普段は見られない『五重塔』の内部。特別拝観中でした。幸せ。

急ぎ足の奈良・京都見仏の旅。
でも大好きな四天王はゆっくりと自分のペースで鑑賞できました。
見仏は一人に限る。
ネクラでしょ~か?(笑

そ。し。て。
実はもっと楽しみなことがこれから待っているのよね~。

それはね。

つづく・・




     旅の楽しみのおまけ

      P2020527.jpg 深川飯がウマイ東京弁当(品川駅にて購入)
      P2030613.jpg 「下鴨茶寮」の弁当(京都伊勢丹にて購入)
      やっぱり弁当は幕の内!

| おでかけ | 14:57 | comments:13 | trackbacks(-) | TOP↑

2008年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年03月