FC2ブログ

シュフズテーブル ~主婦の食卓~

家庭料理研究家の日常食卓メモランダム。 そして愛犬『晋作』と『彦次郎』のこと。

2006年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年09月

≫ EDIT

一挙公開じゃ。

料理のブログなのよ。これ。元々は。

うそっっっっ?そうだったのっっ。って感じよね。
随分ご無沙汰しましたが、料理をさぼっていた訳ではごじゃいませんの。

たまっちまいましたので、一気に行くわよ~。


ある日は、
P8220488.jpg 「豚のショウガ焼き」のひとりご飯
普通の料理が食べたくなってね。
豚が梅山豚ってとこは普通じゃないけどさ。(自慢げ。。)
豚はショウガ醤油に漬け込まないで、最後にサッと回しかける方が私は好きさ。


またある日、
P8260489.jpg 「伊勢うどん」の夕げ

ぶっかけUDONのお供は、「豚バラの蒸し煮」と「稚鮎の南蛮漬け」
P8260490.jpg


 「豚バラの蒸し煮」は、香味野菜とルイボルティーで蒸し上げました。
 角煮よりも脂が抜けてさっぱりいただけます。


またまたのある日、
P8270491.jpg「ドライカレー」の夕べ

「ドライカレー」は、カレー粉とホールトマト缶で汁気がなくなるまで煮込むのよ。
食感に変化を持たせる為、粗みじんにしたレンコンも入れました。レンコンさいくぉ~。
お供は、「湯葉豆腐アボガドピューレかけ」と「シーザースサラダ」


そんでもって、またある日、
P8290492.jpg「マグロづくし」の夕げ

親方から超高級生本まぐろの血合いと脂身を頂戴いたしましたの。
ま、ね。ここの部位は店では出せないからねぇ~。賄い行きのとこ。
とはいえ、生ですよ、ナマ。

P8290493.jpg「血合い」は、ショウガ・にんにく・ネギのしょう油ダレに漬け込んで、
片栗粉をまぶして揚げる。
全く生臭くなくて、こりゃイケタね。
P8290494.jpg

「脂身」のとこは、一度焼いて脂を落として、南蛮ダレに漬け込む。
見た目鴨?


そしてもう一品のまぐろ料理は、
脂身のとこについてた赤身をすいて、アボガドとまぜまぜ。
ワサビしょう油をかけてね。
ご飯は酢めし(黒ゴマ&ショウガ甘酢漬け入)にして、これを乗っけていただきました。とさ。

と、「レンコンのサラダ」


ざ、ざぁ~~~っと、大ざっぱなレシピとともにお届けしました。
アバウトな性格ゆえ、レシピもアバウトでしゅんましぇん。(毎度のこったが・・)
ツッコンで知りたい方はご一報下さい。
もう少しだけ詳しいアバウトレシピをお教えします。

そうそう。
残った「まぐろの血合い」で、もう一品。
晋作の為に、
P8310501.jpg 「血合いジャーキー」
レンジで5分、チン!
ラップかけずに水分飛ばしてね。
漂う香りだけで寄って来た晋作であった。
スポンサーサイト



| 料理 | 12:51 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

2006年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年09月