シュフズテーブル ~主婦の食卓~

家庭料理研究家の日常食卓メモランダム。 そして愛犬『晋作』と『彦次郎』のこと。

2006年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年05月

≫ EDIT

再会! ~晋作Journal Ex. 第2段!

晋作の事。まだちゃんと紹介してませんでした、そういえば。

2005年7月18日、千葉県の成田で生まれました。
ママはAコッカーのバフ、パパはトイプーのブルー。
ママのネネちゃんは初めてのお産で6頭の子供を産みました。
クリーム2頭。黒4頭、その1頭が晋作。

6頭みんな引き取られた。ということまでは聞いていたけど、その先の消息は不明。
ネットを通して、何とか兄弟を見つけられたら。
そんな思いも込め『コッカプー』のブログを色々と巡っていたところ、
みいしゃさんの「とら吉 日和」【うちのわんこッカプー】で同じ誕生日の女の子を発見!!
みいしゃさんを介して確認したところ、晋作の妹であることが確実に。(DNA鑑定まではしてましぇんけど。。^^)
すごいなぁ~。インターネットってやっぱりすごいなぁ~。
めちゃめちゃ舞い上がりました。

そして、ついに昨日晋作は妹のMILKちゃんと再会できました!!

MILKちゃんのママはまゆみさん。何と我が家とは車で20分弱位の距離だったんです。
MILKちゃんには先住犬のPIGMON君というお兄ちゃんがいますが、
PIGMON君もコッカプー。すっごく仲良し。
☆パパ抱っこのMILKちゃんとPIGMON君P4290219.jpg


晋作とMILKちゃんの再会の瞬間。
そりゃね、人間が期待する様な劇的なモノなんてなんもありゃしません。
でもね、何となくですが、他のワンコと接するときとは違う反応だった気が。
PIGMON君はMILKちゃんの事をとても大切に守るボディガードの様な存在らしく、
普通ワンコがMILKちゃんに近づくと怒ったりするそうなんです。
晋作がMILKちゃんに大接近しても、ちょっかい出してもPIGMON君、静かに見守ってくれてたんですよぉ~。

MILKちゃんはクリーム。晋作は黒。PIGMON君も黒。
晋作とPIGMON君が兄弟みたい。
体型もMILKちゃんはスラッと足が長くて胴が短いのに比べ、
晋作は超が付く胴長。しかもO脚。
見た目は全然違うんだけど、同じ仕草が度々見られた。
あ~、めちゃめちゃかわえ~えよぉ~、お前達。

ま、親の心子知らずで、それ程歓びを表現してくれなかったワンコ達の横で、
まゆみさんご夫婦とかときっち。夫婦は大興奮!大感激!
わたしゃ、MILKちゃんとPIGMON君の可愛さに完璧にヤラレちゃってMIL&PIGの写真だけ撮ってた。
そして、晋作とMILKちゃんの2ショット写真を取り忘れた(T T)
今度ね。また今度絶対会おうね。その時は2ショット・3ショット写真一杯撮るからね。

まゆみさんご夫婦はライフスタイルをしっかりもっていらっしゃる、
ハートウォーミングな素敵なお二人でした。
まゆみさん、また集いましょうね。今度は走らせましょうね。

そして、この再会を実現させてくれた みいしゃさん。ホントに感謝してます。
P4290224.jpg
パパのお膝でネムネムのPIGMON君
P4290226.jpg
まつげ長すぎませ~ん?MILKちゃん
P4300223.jpg
MILKちゃんと同じポーズで撮ってみた晋作。でも似てない。。
スポンサーサイト

| 晋作Journal Ex. | 11:59 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

成分解析

今日はお料理はちょっとお休み。
というのも、
appiさんのブログ「かめと小梅」、しゃちさんのブログ「老犬と子犬」で『成分解析』なるものの存在を知ってしまったからぁ~。
なんじゃそりゃ~?????
と思いながらも面白そうだから、早速ネット検索。
流行ってるらしく、すぐにはっけぇ~ん。

名前を入力するだけで、すぐに判定結果が。

私・・・
  56%は魔法でできています。
  26%は保存料でできています。
  7%は濃硫酸でできています。
  6%は成功の鍵でできています。
  5%はお菓子でできています。

わたしゃ、「ハリーポッター」かいな。
誰の魔法で出来上がったんだろうか?何かとっても怪しい人らしい。

で、ダーリン・・・
  97%はやましさでできています。
  3%は心の壁でできています。

分かり易い!絶対私に隠し事があるに違いなぁ~い。

そして、晋作・・・
  71%はやらしさでできています。
  12%は濃硫酸でできています。
  9%は理論でできています。
  8%はマイナスイオンでできています。

さすがっ、思春期ボーイ。ブルドッグの牡丹に恋わずらい中だもんなぁ~。
それにしても、やらしさが成分トップだとは。。とほほのほ。

この成分分析。
色んなカテゴリーがありまして、「恋愛分析」っていうのも発見。
私の分析結果は、
  64%はハムスターでできています。
  17%は先生でできています。
  9%はカレー味でできています。
  9%はレモン味でできています。
  1%は熱愛でできています。 

なんなのこれっーー#
恋愛分析で何で「ハムスター」?ハムスターでできてるってどういうこと?
カレー味はね、確かにここのとこカレーが続いてるからなぁ~。
って、そういうことでもないでしょう。
誰か、良きアドバイスを!
DVC00021.jpg

| マイセルフ | 11:50 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

残り物でCOOKIN'^^

今週もどうやら週末まで「ひとりごはん」が続くらしい。
冷蔵庫の中、減らないじゃんー"ー
そして、しこたま作ったカレーもまだまだあるある。

手抜きしながら、かつ無駄にしない料理を致しましょ。

■火曜日のひとりごはん
P4250204.jpgカレーに大好物のレンコンを足しました。レンコンの食感が好きなので、大きめの乱切りにして、サッと茹でてオリーブオイルで炒めてからカレーの中へ。
今日は「カレーライス」じゃなく「カレーひやむぎ」。麺大好きぃ~。

その他に、レタスのスープ。レンコンを炒めた後のフライパンを洗わず、レタスと長ねぎを炒める。そこへナンプラー・水・砂糖少々を加え、最後に塩加減を調整し、ブラックペッパーを振っただけ。

もう一品は、大根葉とちりめんじゃこ。刻んだ大根葉をゴマ油で炒め、ショウガ・ちりめんじゃこを加える。酒・みりん・醤油・砂糖少々・かつおだし粉末を加え、汁気が無くなるまで炒める。最後に白ゴマをジャラリンコ。

このメニューだと、サラダがなくても、お野菜は結構摂れてるハズ。
冷蔵庫の中で期限切れ間近のお野菜くんも救済できましたv^^v。

■水曜日のひとりごはん
P4260203.jpg昨日の残りの「ひやむぎ」と「大根葉とちりめんじゃこ」を再利用。
ボールに「ひやむぎ」「大根葉とちりめんじゃこ」、ねぎみじん切り・納豆(女性ホルモン減少中、おじさんに近づきつつある私には大豆は必須!)・玉子を入れて、グルグル混ぜる。熱したフライパンで両面をパリッと焼く。
ひやむぎのお好み焼き風パリっと焼きの出来上がり~。
マヨネーズ(コレステロールを下げるというモノを使用)で食す。

もう一品は、冷蔵庫の中で幅をきかせていた「白菜」と「レタス」で、
白菜&レタスと豚肉の重ね蒸し。
鍋にガーリックオイルを温めて、白菜・豚肉・白菜・豚肉・・・・・・豚肉・レタスと重ね、ナンプラーを振りかけ蓋を閉めて蒸し焼きに。野菜がしんなりして、最初の半分くらいの量になったら出来上がり。ブラックペッパーを振って。(ケチャップでも美味しいよん)

一気に白菜を使うんだったら重ね蒸しに限る。
白菜甘いし、肉汁がまた白菜を美味しくしてくれるし。
沢山食べられるしね。

そうそう。我が家は豚肉をお取り寄せしてます。「梅山豚」(めいしゃんとん)という珍しい品種の豚です。日本に100頭しかいないとか。。脂身が最高に美味しい!脂身のIT革命やぁ~。
「トゥーランドット」の脇屋シェフや、「リストランテHiro」の山田宏巳シェフ(あ、これちょっとマイナスイメージだったかしら。。昨日の今日じゃ。。)も美味しさに惚れ込んでお店で使用中。
気になる方はチェキして下さい。ホントに味が全然違います。


本日のおまけ

そろそろトリミングに行かなきゃだわ。
相当、変な事になってきている。
一応、これ、尻尾です。DVC00019.jpg

DVC00020.jpg

| 料理 | 12:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『本日のおまけ』特集~晋作Journal Ex!第一段

『料理のブログと晋作のブログ。2種類のブログを立ち上げよう!』
とりあえず、料理のブログねぇ~。
なんてお気楽にとらえていた。
甘い!大甘!ヴェリ~スイ~ト(←意味違うぜ)
いざ始めてみると、そりゃ無謀な決意だったことに気が付いた。very quickly!
1つだけで一杯いっぱいです~。
ってことで即座に決意変更。
料理中心、ときどき晋作というブログに致します^^;

ときどき晋作の第一段。

ころんちゃんのママ、あろんさんのブログ『コッカプー♪ころん♪』http://inublo.jp/cockapoo-coron
で晋作所有のおもちゃの兄弟おもちゃを発見!
ころんちゃんの「しましマン」は新着おもちゃでピカピカの新品。
それにひきかえ、晋作の「おじちゃん」は手荒い愛情で悲惨な状態。

1.手で抱えるP4240192.jpg


2.どこに噛みつこうか検討するP4240193.jpg


3.噛みつくP4240191.jpg


4.引っ張るP4240189.jpg


5.引っ張るP4240188.jpg


6.引っ張るP4240194.jpg


日々この愛情表現が繰り返され、現在の「おじちゃん」はこんな感じ。
P4240190.jpg
よれよれぇ~。若干泣きが入ってる物憂げなお顔。
当初、帽子から髪の毛が出ていた、眉毛もあった、鼻の下には立派なお髭も存在した(今じゃ長~い鼻水状態)。
ころんちゃんとこの新品「しましマン」と比較してみてねぇ~。
060424689845.jpg
あろんさん、「しましマン」拝借しちゃいました。

| 晋作Journal Ex. | 11:15 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

食べたくなるなる『我が家のカレー』

気が付けば、この週で唯一の「ふたりごはん」の日曜日。
ダーリン、最近忙しすぎませんことぉーー#

ま。それはさておき、
月に一度は食べたくなるなる『カレーライス』。
夕方の散歩中に、どこかの家庭からそこはかとなく漂うカレーの香り。
そうすると、たまりましぇん。脳味噌がカレーのとりこ。
「ひとりごはん」の時に、カレーは無理。沢山作った方が美味しいしね。
で、この日曜日を「カレーの日」と致しました。

やっぱり翌日カレーの方が美味しいから、前日から仕込み。
まず、肉(今回は牛すねと肩バラを使用)を野菜のクズと残ったビールにつけ込む。
廃物利用で美味しくしましょ。P4220171.jpg

そして、タマネギとニンニクをフードプロセッサーでみじん切り。
「ギー」(インドの椰子油)で1時間ほど焦がさないように炒める。(この作業が一番面倒だわっ)
よく炒まったら、「ガラムマサラ」「コリアンダーシード」「クミン」「カイエンヌペッパー」を振り入れ、更に炒める。
香りが立ってきたら、予めフードプロセッサーでジュース状にしたホールトマト・水を加えて煮込む。
フライパンで予めソテーしておいた肉(漬け込んだ野菜も一緒に炒めると尚おいし)をお鍋に投入。にんじんとじゃがいもも追って加えて煮込む。
じゃがいもは「シンシア」という種類のモノを煮込み料理の時には使ってます。煮くずれしない!すぐれた品種。

1時間程煮込んだら火を止めて、後は翌日へ。。。
翌日1時間程煮込み、カレールー(今回は新宿中村屋の「カリーフレーク」を使用)を入れて、更に煮込んでできあがりぃ~。
『我が家のカレー』は、インド本格的カレーもどきジャパニーズカレーです。(なんのこっちゃ。)

今回沢山作りすぎ(たぶん肉の量が多すぎ。800グラムも使用したからねぇ)たので、
急遽、お鍋を2つに。
P4230170.jpg
小さいブルーのお鍋の方には、「こぶしみかんの葉」「レモングラス」「フェンネル」をお茶パックに入れて煮込みました。
で、タイ風インドカレーもどきジャパニーズカレーへと変身。これなかなかイケルお味。

つけ合わせで、
●キノコソテーサラダ 
 パルミジャーノチーズかけP4230166.jpg

●島らっきょう(沖縄のらっきょう)とキュウリの即席ピクルス
 両方とも塩もみして、らっきょう酢に漬けただけ。P4230165.jpg


P4230167.jpg
体重1キロ増^^;の食卓はこんな感じ。もちろん、お味は「まいうぅ~」


本日のおまけ
P4220172.jpg
ご飯ばっかり作ってないで、早く遊んでよぉ~・・・の晋作&ボロんちょクロちゃん

| 料理 | 16:23 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

部屋に漂うパンの香りぃ~

手作りパンに憧れて、以前はコネコネ~発酵待ち~ガス抜き~ベンチタイム~(以下省略)
なんていうややっこしく、力のいる、時間も掛かる作業をしたこともありました。
でも結局買ったパンの方が美味しいという結論に達し、挫折。っていうか、面倒くさくなって、辞めちゃってました(根性無し。。)。

しかぁ~しぃ~、
依然として手作りパンへの憧れは心のどこかに巣くっておりまして、
『ホームベーカリー』なるものの存在を知った途端、欲しい欲しぃ~い病発症。
で、即買い*^^*
1年程前に購入後、使い続けております。
だって、簡単なんですものぉ~。焼きたては美味しいしぃ~。
これが、我が家の『ホームベーカリー』さん。P4220143.jpg

とにかく必要材料全部をザッとベーカリーに放り込みスイッチ押すだけ!しゅうりょぉ~。
簡単、かんたん、超イージー。
やや混ぜる音が大きいという問題はあります(夜仕込み朝出来上がりにセットすると、混ぜ混ぜ音で目が覚めることもある。って家が狭いからですが。。)が、出来上がり間際になると漂ってくる何とも言えぬ良い香り。
加える材料によって、バリエーションは無限大(それは言い過ぎっっっっ)。
●ハーブパンP4070148.jpg
  エルブドプロバンス(ドライハーブミックス)を加えました。
●アールグレイパンP4040147.jpg
  アールグレイのリーフをそのまま加えました。
画像だと違いが全くわかりましぇんですねぇ~。トホホ・・・
その他、バナナを加えたり、甘納豆を加えたり、カレー粉を加えたり、クルミ、チョコチップ、ドライマンゴー、にんじん等々。色んなモノを加えて楽しんでます。

出来立てはホントに美味しい!外パリッの中柔らかぁ~。
『ホームベーカリー』を購入思案中の方。
是非思い切ってご決断下さい。後悔しないハズ。たぶん。かも。
ただ、ご購入の際『ホームベーカリー』の設置場所は検討しておきましょう。
意外とデカッ!(ー"ー)です。


本日のおまけ
P4220144.jpg
近所のドッグカフェへ家族でお出掛けランチ♪。色んなワンコに会いました。トイプー、ダックス、ビションフリーゼ、アフガン。みんなに「お利口さんだねぇ~」って言われ「へっ!?僕ってそうなのっ?」と不思議顔の晋作くん。
at「用賀倶楽部」http://www.ei-publishing.co.jp/yoga-club/index.htm
この界隈のドッグカフェでは一番の広さじゃないかな~。テラスの先は都会では珍しく小さな森。
オムライスがお薦めです。写真撮ろうと思ってたのに、腹減りかときっち。は食べることに全神経が集中してしまい、取り忘れましたm(_ _)m

| ホームベーカリー | 20:07 | comments:14 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

なめらか『ぎせい豆腐もどき』

昨日のアイディア・・・
残った『タマネギ&チンゲン菜のピューレ(4/19参照)』に豆腐を混ぜて固めたらどうなの?

本日の朝食の一品になりました。
なかなか見栄えも良く、結構うまい。
野菜と豆腐だからヘルシーでもあるかな?

ピューレ250グラム位に豆腐1/3丁程を加えて裏ごしする。
大さじ2杯の水に5グラムの粉ゼラチンを振り入れ軽く混ぜ、電子レンジで30秒程チン!しふやかしておく。
ピューレに混ぜ、流し器に入れて冷やすだけぇ^^V
P4200133.jpg

ロースハム・チキンレバーパテ(どちらももちろん既製品)&豆腐もどき、レーズン&くるみパンをワンプレートにした本日のブレックファースト。
デコポンを残ったワインとオレンジジュースでサッと煮て冷やしておいたデザート付きよん。
P4210132.jpg
このピューレ豆腐、色々バリエーションできそう!野菜を変えれば何でもあり?野菜嫌いのお子様にも受け入れられそかな。

本日のおまけ
題して、『晋作の開き』DVC00014.jpg

| 料理 | 16:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ガッツリ~そとめし~

昨日のディナー&本日のランチはお友達と「そとめし」。
珍しく外食が続いちゃいました。

昨日のディナーはカジュアルフレンチ。in神楽坂
『Maison de la Bourgogne(メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュ)』http://www.wine-bourgogne.com/
ガッツリ系のフレンチで、でもでも、おっされぇ~なお店でしたよ。
お店のスタッフは一人を除いて全員がおフランス人!
初めて訪れた店だったので、ドアを開けた瞬間、ちょいと面食らっちまいました。
フランス語なまりの日本語を上手に操るスキンヘッド系フランス人(?)
愛想はあんまり良くないけど(嫌な感じではない範囲)、フランスのこぢんまりしたカフェで食事してるかの様な雰囲気は味わえました。(ってフランス行ったことないけど・・・)
食事は美味しくて、しかも結構お安い。しかぁ~もぉ~、それぞれのお皿がチビチビっとした量でなく、ド~ンと気前の良いボリューム。
ワインもおいひ。(食事に比べるとワインはやや高めの設定でしたが。。)
ま、そんなお店だから満席でした。要予約。

で、本日のランチは、
たまプラーザ東急SCにて。
ホントは行きたい「八百屋さんが経営する野菜料理」のお店があったんだけど、お外は春の嵐超吹き荒れる。
ベビーカーのお友達がご一緒だったこともあり、
集合場所の東急SC内でチョイスすることにしました。
すでに脳に「野菜料理」という刷り込みがあったこともあり、野菜料理を謳ったお店を選択。
『Chef'sV』http://www.tokyu-dept.co.jp/tama-plaza/restaurant/index.html
私は「穴子天丼のセットメニュー」をチョイス。野菜たっぷりでご飯も雑穀米。
天丼だけど、ヘルシー(??????)なイメージをアピールしてるのかなぁ~?
量はここもガッツリ系。めいっぱいの腹一杯。
天ぷら自体はもうちょいカラッと!をきぼぉ~ん。
P4200125.jpg


昼食べ過ぎたーー; ランチ後、ケーキも食べちゃった。
で、今宵は腹減らず。
とりあえず、昨日の残りの『タマネギ&チンゲン菜のピューレ』の使い道を考える。
そのピューレに豆腐を混ぜて裏ごしし、「ぎせい豆腐」風なモノが出来るかも・・
作ってみよっ! またご報告しま~す^^(成功したらねん)。

本日のおまけ
晋作『待て』中
P3230123.jpg
P3230124.jpg
けなげ。。でしょ。

| 外食 | 22:32 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ワンプレートひとりご飯

今週はずっとひとりご飯になりそうな気配。
一人で残り物をせっせとかたずけねば。

タマネギを買いすぎた。まだ残ってるのにかってしもたー”ー
これは認知症の始まりかぁ~・・(我が母は認知症なんざます。遺伝ってする?コワッ)
これは、おいといて。。。

タマネギ丸ごと一個を使うためには・・
そーだ、炒めてピューレにしちゃえ。とりあえず。
という発想から始まった本日のメニュー。

●ハンバーグのタマネギ&チンゲン菜ピューレかけ
●さくら鱒(骨身のあら)バルサミコソース焼き
●ピースご飯(いただき物)
●キュウリの梅サッと漬け

以上をワンプレートに。(文字を大きくする程の料理じゃなかったかしら^^;)
あ~んど、
「男前豆腐」(姉からもらった)にXOジャンをトッピング。をサイドディッシュに。
P4180006.jpg
ハンバーグのタネに「ベジタブルミックスジュース」を入れました。パン粉を多めにしたのでベタツキは無し。反対にふっくら出来上がりましたよ。
タマネギ&チンゲン菜のピューレはオリーブオイルで野菜を炒めて、柔らかくなったら火から下ろし、冷めるのを待ってからミキサーでピューレ状にする。塩コショウで味を決めて下さい。
魚は塩とタイムで予めマリネ。オリーブオイルでガーリックを炒めた後魚を入れ、両面をこんがり焼いて、最後にバルサミコかけて、更に焼く。
キュウリの漬け物は、食べやすい大きさに切ったキュウリと種を取った梅干しをビニール袋に入れて、キュッキュキュッキュ揉む。塩少々と酢少々を入れて、また揉む。で完成。
簡単、かんたぁ~ん。

出来るだけ洗い物も少なくしたいもん、ひとりの時は。
ワンプレートにしちゃうと楽チン。
でも腹満足。
ワインも結構飲んじゃいました。でへへぇ~



今日のおまけ

なわなわちゃんで遊びに夢中な晋作
DVC00013.jpg
どうなってるかわかります?

| 料理 | 16:16 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

どっさり『ふきのとう』~北海道で大収穫!!~

「北海道食い倒れツアー」での副産物。
雪に埋もれた田んぼのあぜ道で『ふきのとう狩り』決行!
ネイルアートを施した爪の間に真っ黒い土が蓄積されていくのもナンノソノ。
取りました。スーパーのビニール袋1枚分。大収穫!!
しかも極上品。(親方のお墨付き★)

帰宅後直ちに料理にとりかかる。
とりあえずは、天ぷらで。
そして。。。
●沢山あるときはこれに限る!『ふき味噌』
         P4040112.jpg
ゴマ油を熱し、味噌を入れ(私は米味噌を使用。でも何でもよし)サッと炒めたところに、酒・みりんも投入。甘さは砂糖で調整。そして弱火でネル。
最後に予めサッと塩ゆで後水切りをし、みじん切りしておいた「ふきのとう」を投入。味噌とからめる。
*ふきのとうを入れた後は、あまり火を入れすぎない方が香りがよいですよ。
*密封瓶に入れておけば冷蔵庫で1ヶ月位は保存可能v^^v

『ふき味噌』活用方
■パスタ
ガーリックオイルでパスタを炒め、最後に「ふき味噌」で和えるだけ!
(今回はウドの皮も入れてみました)P4050113.jpg

■ピザトースト・・・食パンに「ふき味噌」ぬって、ピザ用チーズをのせ焼くだけ~。
■その他、新じゃがの「ふき味噌」煮(4/17参照)、蒸かした新じゃがにつけてそのまま食べるのも、またウマ。炊き立てご飯のお供に、おむすびの具に。色々楽しめますよぉ。

●大発見の美味しさ『ふきのとうジェラート』
P4050115.jpg
デザートでふきのとうを使うとしたら?・・フッと浮かんだアイディアがこれ!
生クリーム200cc・砂糖50g・卵黄2個分・ふきのとう4個分(塩ゆで後みじん切り)をガッと混ぜて、アイスクリーマーに。以上!
何と、私がお手伝い中の料理屋さんにこのアイディアが採用!され、正規のメニューとして堂々のデビューを果たしました^^/
お客様の反応も上々!やった!
「ふきのとう」の味がフワッと口の中に広がり、大人の味。とにかく美味し~いんです。

考えることって楽し~い。それが美味しければ、もっともっと楽しい。
だから創作活動やめられず。

今日のおまけ
ちびちび晋作(生後2ヶ月半頃です^^)
P9240116.jpg

P9100114.jpg
大きさ:スリッパ参照

| 料理 | 13:03 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ほっこり『新じゃが』

旬のモノを食す。
成分うんぬんという難しいことはさておき、
だって、だって、ただ単純に旬のモノは美味しい!
で、とりあえず、今日は新じゃが料理。

●新じゃがと厚揚げのふき味噌煮
P0007.jpg
新じゃがは皮付きのママ素揚げに。竹串がスッと通ればOK。
厚揚げは熱湯をかけ油ぬきして食べやすい大きさに切る。鍋に酒・みりんを煮立て、そこにふき味噌と少量の醤油と砂糖を。その後、新じゃがと厚揚げ投入。からませる。
ふき味噌(北海道食い倒れツアー中に収穫したふきのとうで作り置き^^)は後日レシピアップしますね。

●白菜とパンチェッタのミルク煮
P4160088.jpg
ニンニク・赤唐辛子をオリーブオイルで炒め、そこへパンチェッタ(ベーコンでも可)を入れ更に炒める。
白菜、まいたけも入れ炒める。水を半カップ程注ぎ、ガラスープ(顆粒)を振り入れる(パンチェッタの塩気があるので少な目に)。最後に牛乳を1カップ半程注ぎ入れ、煮込む。S&Pで味の調整を。
スープとしてもいただけるので、塩分は少な目の方がいいですよ。

その他に、「キュウリとトマト~シソの実ドレッシング」と「梅干し・ちりめん山椒」
が本日のメニューでした。
P4160085.jpg


ご飯がすすむお献立。食べ過ぎ注意報発令。
新じゃがは皮付きで食べられるからやっぱり素揚げレシピが最適と今日も自画自賛。

本日のおまけ・・・・『初登場』
P0188.jpg
我が家の息子「晋作」(コッカプーまもなく9ヶ月)でっしゅ。

| 料理 | 10:56 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やっぱり『たけのこ』!

久々に夫と一緒にごはん。
「そとめし」続きの夫。そんな時は和食でしょ、やっぱ。
カロリー過多&野菜不足が気になりますものぉ(-"-)
という立て前の背後に・・・・下ごしらえ済み(*4/13参照)・出番待ち「たけのこ」&親方から頂戴した「さくらマス」を早く料理しちゃいたぁ~い^0^・・・という本音が。
で、
●焼き筍 つけ合わせ:焼きエリンギ、人参&青豆のさっと煮
P4150071.jpg
包丁目を入れて、酒醤油をハケでぬり、オーブンで15分程焼く。
●さくらマスの頭(桜鱒・・ヤマメの成長魚。お味は鮭を想像して下さい。今脂ノリノリ。)
P4150069.jpg
酒塩に浸けて焼くだけ。
●レタス肉味噌和え&トマトハーブドレッシング和え
P4150070.jpg
レタスを手でちぎり、肉味噌(*4/13参照)を混ぜ込む。トマトはさいの目にしてオリーブオイル・ビネガー・S&P・エルブドプロバンス(ドライミックスハーブ)で和える。
その他、↑の上にある小鉢に、酒醤油に浸けた「さくらマスのたまご」(要はスジコ。初めて食べたよぉ^^/)
P4150067.jpg

少ないかなぁ~?、あと1品作ろうかなぁ~?と思ったけど、思った以上に腹130%!


| 料理 | 11:35 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

北海道食い倒れツアー ディナー&翌日らんらんランチ

北海道でのディナーは「味道広路(あじどころ)」の親方ご夫婦とご一緒に。
江別市のイタリアン「トラットリア マリナーラ」へ。
民家の一軒家を買い取り、
オーナー兼シェフ兼ホールをたった一人で切り盛りする「マリさん」。
ディナーだけじゃなくランチもオープンし、
しかも多いときは20人のお客様をこなすという。
いや、まじ、尊敬しました。
まさにスーパーレディでございます。
P4020039.jpg
グリーンアスパラとアボガドをイースト菌でフリットに。生ハムとのサラダ仕立て。アボガドがフリットだなんて。美味しすぎ。
P4020038.jpg
デザートもてんこ盛り。
10皿位のお料理をいただきました。すごいねぇ。一人で作るんですよぉ。パンまで自家製。ってこれがまた、あなた、外パリパリで中シットリですんばらしい。
ワインのラインナップもなかなかでした。白ワインは北海道産のモノで、私にはちょっと甘かったかなぁ~。

そして、翌日のランチは。。
やっぱり北海道来たらお寿司でしょ!
ってことで、「あじどころ」の親方にご推薦いただいたお寿司やさんへ。
札幌から車で20分位の場所。「鮨一(かず)」さん。
北海道らしいネタばかりお願いして、大満足。
特に、巨大つぶ貝のにぎりにうなった。大好物のアワビより旨いかも。
何カン食べたか指折り数えたら、25カンもお腹の中に収まっていたようです。
もっと食べられたなぁ~。
P4030037.jpg
しらうお。
P4030035.jpg
これも美味しかった~。鯛の白子のぐんかん。

とにかく、食べまくりました(アンド飲みまくり)。滞在30時間の間に。
本当は夜食にジンギスカンかラーメンも食べようとしていたけど、
そりゃやっぱちょっと無理でした。。。
素敵なシェフの皆様、とっても刺激になりました。
また主婦道に精進していこうと、気持ちを新たにした北海道食い倒れの旅でした。

おまけ
P4040036.jpg
北海道限定のお菓子が今回のおみや。

| 外食 | 16:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

北海道食い倒れツアー 初日ランチ編

4月の頭、北海道へ1泊2日の旅へお出掛け。
バイト先の親方とお弟子さんの、ある意味修行の旅に、
パートの私は特別に同行させてもらっちゃいました。(ちゃっかり^^)
もちろん、旅は『食べて喰って食べまくる』の食い倒れ旅。

夕張の和食屋さん「味道広路(あじどころ)」。
ご主人は若くして上野 招福桜(しょうふくろう)を任されていた達人。
うちの親方とは友人。
いやぁ~、流石流石の美しさ、美味しさ。うなった。
夕張じゃなきゃ、月1で訪れたい!!!

八寸のお造りに付いていた「山わさび」。珍しい!
P4020044.jpg

百合根とふきのとうのかきあげ。百合根のホクホク感。たまらん。
P4020045.jpg

とりわけ感動した青豆のおぞうすい。緑がきれい。
P4020041.jpg

さくら鱒の桜蒸し。さくらの香りが春を感じさせてくれます。
外は4月なのに摂氏2度。。
P4020046.jpg

冬場は雪でお店の3分の2程がうまってしまうんですって!!
その為のムロ(っていうのかしら。。)
お店の入り口までそのトンネルをくぐって行きます。↓
P4020040.jpg


とにかくとにかく、レベルの高い懐石料理でした。
そして趣味がよい。盛りつけも器もインテリアも。親方もおかみさんも。
夕張へ行く機会があったら是非に是非にお出掛けしてみて下さい。

次の食い倒れ店へつづく。。。

| 外食 | 11:40 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

たけのこ。 ひとりご飯

最近夫は超多忙。出張続きで「ひとりご飯」の日数が増えるばかりなり。
とはいえ、食いしん坊の創作意欲は衰えず。
今日は旬の筍をやっつける。
米ぬかと唐辛子で1時間程煮て、そのまま湯止め。
充分冷めたら調理開始。
P4140057.jpg

本日は、姫皮の部分を梅たたきと和えて即席の筍梅ご飯に。ごまをふって。
P4140056.jpg
桜色が春っぽく仕上がりました。

そして定番の若竹煮。
P4140055.jpg


もう一品は大好きなれんこん料理。出汁で煮て、最後にさっとチンゲンサイを投入。
その上に、
ニンニク・ねぎのみじん切り・テンメンジャン・コチュジャン&挽肉で作った肉味噌トッピング。
うまうまよん。ひとりで、今日も腹一杯。V^^V
P4140054.jpg
(ミスにより先にアップした画像を消してしまったので、
肉味噌の残骸のみ載せてみました^^;)

*****************
お~まいごっど!
折角画像を取り込んだのに、ケアレスミスにて最初の画像消滅してしまいました。
これだから初心者は。。(T T)
応急処置で別アングルの画像を載せました。納得できないけど。。。
今後は気を付けま~す。

| 料理 | 22:01 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ついに!

とってもとっても腰が重く、スタートできなかったブログ。
そんな私を後押ししてくれた皆様、どもどもありがとうございます。
とりあえず、料理のブログを手始めにやってみよっかなぁ~と。

ただ単に料理が好きなだけ。
なんだけど、たまに「私って天才!」って自画自賛する程の美味しいメニューができちゃったりするから、料理って楽しい。
京料理屋さんでバイトし始めてから、より料理がおもしろくなった。
親方のワザ、盗み放題。
下ごしらえから盛りつけまで。
趣味と実益を兼ねてる。ってこれのことだぁ~!
しかも、食材なんかをいただけたりする。
うふふ。最高でしょ?

とにかく、
どうぞ時々はお越し下さいませ。
我が家のシュフズテーブルへ。

ここが我が家のシュフズテーブル(ちょっとカッコつけすぎた^^;)
     ↓
我が家のシェフズテーブル


そしてここで創作料理を作ってまぁ~す。
ここで創作料理ができあがりぃ~。

| マイセルフ | 16:01 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

2006年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年05月