シュフズテーブル ~主婦の食卓~

家庭料理研究家の日常食卓メモランダム。 そして愛犬『晋作』と『彦次郎』のこと。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

クックパッドでレシピ公開ちびちびと。

クックパッドでもレシピぼちぼちアップしてますの。
ご覧いただければ幸いです。

Shufs Tableのキッチン クックパッド
スポンサーサイト

| 料理 | 19:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コストコの金目鯛で基本の煮つけ


コストコ食材の金目鯛。
前回のブログでご紹介した中華蒸し。
20170911_184415.jpg
イチオシだけど、
やっぱり日本人なら忘れちゃならぬ、煮つけも捨てがたし。

       20170911_213214.jpg
今夜のお供はKIRIN秋味。
広告代理店時代の若いころ(バブル期)、キリンビールの担当アシスタント営業でね。
秋味の新商品開発から携わってました。
思い入れの強いビールです。

そして、金目鯛の煮つけ。

20170911_213223.jpg
調味料は、しょう油、酒、砂糖。
水は一切使いません。
そして、牛蒡と蓮根(蓮根はイレギュラー)、生姜。
落し蓋をして、煮汁をかけながら。じっくりと。
最後に生姜汁をかけて出来上がり。
今回は青柚子を添えました。

       20170911_213307.jpg
お供はブロッコリーと天草若芽のスッパ和え物。

コストコ金目鯛堪能させていただきました。うまし。
またまたコストコにハマる予感

2017.9.12
日暮れが素晴らしかったので貼っておきますぅ。
anigif_201709121925344c0.gif

| 料理 | 19:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コストコの金目鯛で中華蒸し

コストコ買い出し。


メインは、炒めものに使うオリジナルブランド、スペイン製のオリーブオイル。
       healthcare_00015800.jpg
6㍑で4千円弱。

そして、晋作彦次郎ジャーキー用のササミ。
  sakuradorisasami01.jpg
2.4kgで2千円弱。
OKストアよりも安いの。

メインの買い出し終了。

今回の目玉を捜し歩いて出会ったのは鮮魚売り場。

       20170911_184251.jpg
金目鯛、そこそこデッカイの2尾でこのお値段。
その画像撮り忘れたことは痛恨のミス
東京都金目鯛というあやふやな表記もどうなんかなぁとも思うが(笑

そんなこんな思いつつも、金目さんの目力の強さに魅かれお買い上げ。

ウロコ取って、内臓抜いて。
一番好きな魚料理に

  20170911_184415.jpg
白身魚の中華蒸し。

紹興酒と蒸魚用醤油がキモ。

    20170911_185100.jpg
香港買い出しのこの醤油。いい刺激。
これなくとも醤油に魚醤入れるとイイと思います。
ネギとショウガと一緒に蒸すこと10分で完成。

白髪ねぎと千切りショウガを乗せて、
熱々に熱したごま油をジュッとかけて、
たっぷりのパクチーとともに。

  20170910_200706.jpg

どうぞ召し上げれ~。
この量だけど、二人で完食。贅沢。

  20170911_184444.jpg
副菜は、
ココナッツオイル仕立てのニンジンシリシリ、
ブロッコリーのカジキシリシリ、
長茄子とオクラのすりエゴマあえあえ。

コストコの魚。おすすめ。

もう一尾は、基本の煮つけにするわよ

| 料理 | 20:01 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017たまがわ花火大会の日の我が家

2017年8月19日。
たまがわ花火大会開催の日。

恒例、我が家で森田家と鑑賞会。

     20170821_094925.jpg
花火の絵を掛けてお出迎え。

     20170819_145137.jpg
15時過ぎ。
この時間はまだ晴れ間もあったのよね。

とりあえず、乾杯しよ。
     20170819_153156.jpg
本日の泡はアルノー・ド・シューラン

20170819_153329.jpg
まゆみちゃんのおみや。
夏野の箸置き。良くできてるよね~。

     20170819_155614.jpg
前菜は「夏野菜とベーコンのテリーヌ トマトソース」
センシェフ直伝のレシピ。
トマトソース、トマトの赤色がしっかり鮮やかに仕上がりました。
オリーブオイルを入れてからの処理がキモ。
使ったトマトは、トマト農家のときよさんちから取り寄せたプチトマト。
皮が薄くて甘くて美味しいの。今年は2度お取り寄せ~。

     20170819_162310.jpg
スープは「冷製 ビーツのスープ ヨーグルトとすだち添え」
姉、恵子ちゃんが育てて送ってくれたビーツ。
玉ねぎ、ジャガイモとブイヨンで煮込んで、冷蔵庫でしっかり冷やして。
器に注いで、ヨーグルトをちょいちょいちょいと乗せて。
薄く輪切りにしたすだちを添えました。
すだちは半分くらい飲んだ後に、搾って。
味の変化がイイ!と好評。
ビーツとすだち、合います。

20170819_170549.jpg
メインの付け合せは「じゃがいものピューレ」
じゃがいもはきたあかりを使用。
コリアンダー、クミン、エスプレット唐辛子でアクセントを付けました。

     20170819_170657.jpg
メインは「鹿肉のカツレツ ミラノ風」
下田の猟師さんから譲っていただいている鹿肉。
卵液にたっぷりのパルミジャーノチーズを入れて、
パン粉は細かく粉砕してミラノ風のカツにしました。
バジルソースを用意したけど、レモンでシンプルに食べる方がウマい。
まゆみちゃん、鹿食べられるかなぁ?
って言ってたのに、「全くクセがないし、美味しい!」ってパクパク。
ここの鹿肉は、ホントうまいのよね。やわらかいしね。

     20170819_170900.jpg
ご飯は「ピュアホワイトのサフランライス」
白い粒のとうもろこしピュアホワイトを入れたサフランライス。
とにかくジュースたっぷりでまるでフルーツのような甘いとうもろこし。

この3点はセルフで食べられるだけ自分で盛って食べてね~形式。
みんな50代半ばから後半。ムリして食べんでええよ。
とセルフにしたのに、気が付けば、700g強あった鹿のカツレツ、完売御礼

     20170820_181303.jpg
ご飯が終わるころ、雲行きが怪しくなり…

20914319_1502486336477778_6102824130235018076_n.jpg
未だかつてないほどのゲリラ雷雨となりました。
どっかんどっかん雷落ちる。
こんなに無数の稲妻を見たのは初めてかもしれぬ。

当然のごとく花火大会は中止。
カミナリ鑑賞会へ変更となった我が家でした。
ざんね~ん。

  _DSC1388_201708231538541a6.jpg
これは昨年の鑑賞会の画像。

花火は残念だったけど、森田家と過ごす時間は楽し~い
いっつも食べ過ぎ。

デザートも作ってたんだけど、みんなギブ。
半分お持ち帰りいただきました。
     20170819_202049.jpg
甘夏ピールと3種ブドウのラム酒漬け入りのチーズケーキ。
岡山産のピオーネ、マスカット、オーロラブラックの干しブドウ3種入り~。贅沢
甘夏のピールがすごく良いアクセントのチーズケーキよぉ~。



       1149013_557782820948139_592127919_n.jpg
今年の夏は、不完全燃焼だわ。
夏らしいことって何かしたっけなぁ?
かき氷も食べてない

| 料理 | 17:00 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スイートチリソースのレシピ(再)

以前にもご紹介した「スイートチリソース」のレシピ。
ご好評をいただいたので、再度掲載いたします。


【材料】     DSC_0982_20130329154814.jpg

 赤唐辛子  5~7本
 ニンニク  2片(大き目のモノ)
 水  1/2カップ
 砂糖  50g
 ハチミツ  50g
 酢  2/3カップ
 ナンプラー  1/4カップ
 ケチャップ  大1
 レモン汁  大1/2
 水溶き片栗粉(片栗粉:小1、水:大1)
 *トロミ強めがお好みの場合は、倍量ご用意ください。



【作り方】
  1.赤唐辛子は種を取り、みじん切り。
    ニンニクもみじん切りにする。
  2.1.と水・砂糖・ハチミツ・酢を鍋に入れ、一度沸騰させ、
    弱火にし、ナンプラー・ケチャップ・レモン汁を加え10分煮る。
 DSC_0986_20130329154815.jpg

  3.水溶き片栗粉を2.に加え、弱中火でかきまぜならが1分加熱し、火を止める。
  4.保存瓶に入れ、粗熱が取れたら冷蔵庫で保存する。
  


    DSC_0993_20130329160609.jpg
冷蔵庫で2~3か月は保存可能です。




      _DSC2669.jpg
生春巻きには必でしょ~。



      _DSC2680.jpg
海南チキンライスにもつきもの。


赤唐辛子やニンニクの量、酢の量、砂糖の量。
量だけじゃなく、無農薬とか、無精製とか、質にもこだわる。
自分好みに、また安心安全に仕上げられるのが自家製の良いところ。


アジアンな料理がお好きなら、是非お試しください。

| 料理 | 16:15 | comments:14 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT